APPENDIX TO ARTICLES I. AND II: Taxes upon the Capital Value of Lands, Houses, and Stock.
第一条および第二条の付録:土地、家屋、および株の資本価値に対する税金。

 While property remains in the possession of the same person, whatever permanent taxes may have been imposed upon it, they have never been intended to diminish or take away any part of its capital value, but only some part of the revenue arising from it.
財産が同じ人の所有である限り、どんな永続的な税金が課せられようとも、その資本価値の一部を減らしたり奪ったりすることを意図したものではなく、そこから生じる収入の一部だけを奪うことを意図したものである。
But when property changes hands, when it is transmitted either from the dead to the living, or from the living to the living, such taxes have frequently been imposed upon it as necessarily take away some part of its capital value.
しかし、財産が手を変えるとき、つまり死者から生者へ、あるいは生者から生者へと移転するときには、その資本価値の一部を必然的に奪うような税金がしばしば課せられてきた。

 The transference of all sorts of property from the dead to the living, and that of immoveable property of land and houses from the living to the living, are transactions which are in their nature either public and notorious, or such as cannot be long concealed.
あらゆる種類の財産の死者から生者への移転、および土地や家屋の不動産の生者から生者への移転は、その性質上、公然と行われるか、あるいは長く隠し通すことのできない取引である。
Such transactions, therefore, may be taxed directly.
したがって、そのような取引には直接課税することができる。
The transference of stock or moveable property, from the living to the living, by the lending of money, is frequently a secret transaction, and may always be made so.
金銭の貸し付けによる、生者から生者への株式や動産の移転は、しばしば秘密の取引であり、常にそうすることができる。
It cannot easily, therefore, be taxed directly.
したがって、直接課税することは容易ではない。
It has been taxed indirectly in two different ways;
二つの異なる方法で間接的に課税されてきた。
first, by requiring that the deed, containing the obligation to repay, should be written upon paper or parchment which had paid a certain stamp duty, otherwise not to be valid;
第一に、返済義務を記載した証書は、一定の印紙税を支払った紙または羊皮紙に書かなければ有効でないとすることにより、
secondly, by requiring, under the like penalty of invalidity, that it should be recorded either in a public or secret register, and by imposing certain duties upon such registration.
第二に、同様に無効の罰則のもとで、公的または秘密の登記簿に記録することを義務付け、そのような登記に一定の義務を課すことにより、
Stamp duties, and duties of registration, have frequently been imposed likewise upon the deeds transferring property of all kinds from the dead to the living, and upon those transferring immoveable property from the living to the living;
印紙税や登録税は、あらゆる種類の財産を死者から生者に移転する証書や、不動産を生者から生者に移転する証書にも同様に課せられてきた。
transactions which might easily have been taxed directly.
これらの取引は、直接課税することも容易にできたはずである。

 The vicesima hereditatum, or the twentieth penny of inheritances, imposed by Augustus upon the ancient Romans, was a tax upon the transference of property from the dead to the living.
アウグストゥスが古代ローマ人に課したヴィケシマ・ヘレディタトゥム、つまり相続税の二十分の一は、死者から生者への財産の移転に対する税金だった。
Dion Cassius, { Lib. 55. See also Burman. de Vectigalibus Pop. Rom. cap. xi. and Bouchaud de l’impot du vingtieme sur les successions.} the author who writes concerning it the least indistinctly, says, that it was imposed upon all successions, legacies and donations, in case of death, except upon those to the nearest relations, and to the poor.
ディオン・カッシウスは、この税について最も明確に記述している著者だが、この税は、近親者や貧しい人々への相続を除いて、死亡に際してのすべての相続、遺産、寄付に課せられていたと述べている。

 Of the same kind is the Dutch tax upon successions. {See Memoires concernant les Droits, etc.
オランダの相続税も同じ種類のものだ。
tom i, p. 225.}
第一巻二二五頁を参照。
Collateral successions are taxed according to the degree of relation, from five to thirty per cent.
傍系相続は、関係の程度に応じて五パーセントから三十パーセントまで課税される。
upon the whole value of the succession.
相続財産の全額に対して課税される。
Testamentary donations, or legacies to collaterals, are subject to the like duties.
遺言による寄付や傍系への遺産も同様の課税対象となる。
Those from husband to wife, or from wife to husband, to the fiftieth penny.
夫から妻へ、または妻から夫への遺産は五十ペニーまで課税される。
The luctuosa hereditas, the mournful succession of ascendants to descendants, to the twentieth penny only.
luctuosa hereditas、つまり直系尊属から直系卑属への悲しみの相続は、二十ペニーのみ課税される。
Direct successions, or those of descendants to ascendants, pay no tax.
直系相続、つまり直系卑属から直系尊属への相続は課税されない。
The death of a father, to such of his children as live in the same house with him, is seldom attended with any increase, and frequently with a considerable diminution of revenue;
父親の死は、同じ家に住んでいる子供たちにとって、収入が増えることはめったになく、むしろかなりの収入減を伴うことが多い。
by the loss of his industry, of his office, or of some life-rent estate, of which he may have been in possession.
父親の勤勉さや、職業、あるいは所有していたかもしれない終身年金の喪失によってである。
That tax would be cruel and oppressive, which aggravated their loss, by taking from them any part of his succession.
相続の一部を奪うことで、彼らの損失を悪化させるような税は、残酷で抑圧的なものであろう。
It may, however, sometimes be otherwise with those children, who, in the language of the Roman law, are said to be emancipated;
しかし、ローマ法の用語で解放されたと言われる子供たちにとっては、そうではないこともある。
in that of the Scotch law, to be foris-familiated; that is, who have received their portion, have got families of their own, and are supported by funds separate and independent of those of their father.
スコットランド法では、家族から離れた者、つまり、自分の分け前を受け取り、自分の家族を持ち、父親とは別に独立した資金で生活している子供たちにとっては、そうではないこともある。
Whatever part of his succession might come to such children, would be a real addition to their fortune, and might, therefore, perhaps, without more inconveniency than what attends all duties of this kind, be liable to some tax.
相続のどの部分がそのような子供たちに渡ったとしても、それは彼らの財産に実際に加算されるものであり、したがって、おそらく、この種のすべての義務に伴う不便さよりも大きな不便を伴うことなく、何らかの税金を課せられるかもしれない。
The casualties of the feudal law were taxes upon the transference of land, both from the dead to the living, and from the living to the living.
封建法の犠牲者は、死者から生者へ、生者から生者への土地の移転に対する税金だった。
In ancient times, they constituted, in every part of Europe, one of the principal branches of the revenue of the crown.
古代には、ヨーロッパのあらゆる地域で、王室収入の主要な部門の1つを構成していた。

 The heir of every immediate vassal of the crown paid a certain duty, generally a year’s rent, upon receiving the investiture of the estate.
王室の直臣の相続人は、領地の授与を受ける際に、一定の義務、通常は1年分の地代を支払った。
If the heir was a minor, the whole rents of the estate, during the continuance of the minority, devolved to the superior, without any other charge besides the maintenance of the minor, and the payment of the widow’s dower, when there happened to be a dowager upon the land.
相続人が未成年の場合、未成年の間、その領地の全地代は、未成年の扶養と、その土地に未亡人がいる場合には未亡人の持参金の支払い以外に何の負担もなく、上司に委譲された。
When the minor came to be of age, another tax, called relief, was still due to the superior, which generally amounted likewise to a year’s rent.
未成年者が成人になると、救済と呼ばれる別の税金が依然として上司に支払われる必要があり、これも通常は1年分の家賃に相当した。
A long minority, which, in the present times, so frequently disburdens a great estate of all its incumbrances, and restores the family to their ancient splendour, could in those times have no such effect.
現代では、長い未成年期が、大所帯のあらゆる負担を軽減し、家族を昔の栄光を取り戻すことがよくあるが、当時はそのような効果はなかった。
The waste, and not the disincumbrance of the estate, was the common effect of a long minority.
長い未成年期の一般的な影響は、財産の無駄遣いであり、負担の軽減ではなかった。

 By a feudal law, the vassal could not alienate without the consent of his superior, who generally extorted a fine or composition on granting it.
封建法では、家臣は上司の同意なしに疎外することはできず、上司は通常、同意を与える際に罰金や和解金を強要した。
This fine, which was at first arbitrary, came, in many countries, to be regulated at a certain portion of the price of the land.
この罰金は、当初は任意だったが、多くの国で土地の価格の一定部分に規制されるようになった。
In some countries, where the greater part of the other feudal customs have gone into disuse, this tax upon the alienation of land still continues to make a very considerable branch of the revenue of the sovereign.
他の封建的慣習の大部分が廃止された国々では、土地の疎外に対するこの税は、依然として主権者の収入の非常に重要な部分を占めている。
In the canton of Berne it is so high as a sixth part of the price of all noble fiefs, and a tenth part of that of all ignoble ones. {Memoires concernant les Droits, etc, tom.i p.154}
ベルン州では、すべての貴族領の価格の6分の1、すべての卑劣な領地の価格の10分の1にも及ぶ。{Memoires concernant les Droits, etc, tom.i p.154}
In the canton of Lucern, the tax upon the sale of land is not universal, and takes place only in certain districts.
ルツェルン州では、土地の売却に対する税は普遍的ではなく、特定の地区でのみ行われる。
But if any person sells his land in order to remove out of the territory, he pays ten per cent.
しかし、もし誰かがその領土から移転するために土地を売却するならば、彼は10パーセントを支払う。
upon the whole price of the sale. {id. p.157.}
売却価格全体に対して。{id. p.157.}
Taxes of the same kind, upon the sale either of all lands, or of lands held by certain tenures, take place in many other countries, and make a more or less considerable branch of the revenue of the sovereign.
すべての土地、または特定の保有権によって保有されている土地の売却に対して、同じ種類の税金が他の多くの国々で行われており、主権者の収入の多かれ少なかれ重要な部分を占めている。

 Such transactions may be taxed indirectly, by means either of stamp duties, or of duties upon registration;
そのような取引は、印紙税または登録税によって間接的に課税される。
and those duties either may, or may not, be proportioned to the value of the subject which is transferred.
そして、これらの税は、移転される対象の価値に比例するかもしれないし、しないかもしれない。

 In Great Britain, the stamp duties are higher or lower, not so much according to the value of the property transferred (an eighteen-penny or half-crown stamp being sufficient upon a bond for the largest sum of money), as according to the nature of the deed.
英国では、印紙税は、移転される財産の価値に応じて高くなったり低くなったりするのではなく(18ペニーまたは半クラウンの印紙で、最大の金額の債券に十分である)、証書の性質に応じて高くなったり低くなったりする。
The highest do not exceed six pounds upon every sheet of paper, or skin of parchment;
最高額は、紙一枚または羊皮紙一枚につき6ポンドを上回らない。
and these high duties fall chiefly upon grants from the crown, and upon certain law proceedings, without any regard to the value of the subject.
そして、これらの高い税は、主に対象の価値に関係なく、王冠からの補助金と特定の法律手続きに課せられる。
There are, in Great Britain, no duties on the registration of deeds or writings, except the fees of the officers who keep the register;
英国では、登記簿を保管する役人の手数料を除いて、証書や文書の登記に税金はかからない。
and these are seldom more than a reasonable recompence for their labour.
そして、これらは彼らの労働に対する合理的な報酬を超えることはめったにない。
The crown derives no revenue from them.
王冠は彼らから収入を得ていない。

 In Holland {Memoires concernant les Droits, etc.
オランダでは、{Memoires concernant les Droits, etc.
tom. i. p 223, 224, 225.} there are both stamp duties and duties upon registration;
トム。i.p 223、224、225.}印紙税と登録税の両方がある。
which in some cases are, and in some are not, proportioned to the value of the property transferred.
ある場合には移転された財産の価値に比例し、ある場合には比例しない。
All testaments must be written upon stamped paper, of which the price is proportioned to the property disposed of;
すべての遺言は、処分された財産に比例した価格の印紙に書かなければならない。
so that there are stamps which cost from three pence or three stivers a-sheet, to three hundred florins, equal to about twenty-seven pounds ten shillings of our money.
そのため、一枚三ペンスまたは三スティーバーから三百フローリン、つまり約二十七ポンド十シリングに相当する印紙がある。
If the stamp is of an inferior price to what the testator ought to have made use of, his succession is confiscated.
印紙が遺言者が使用すべきものより安い価格のものであれば、彼の相続は没収される。
This is over and above all their other taxes on succession.
これは、相続に対する他のすべての税金に追加される。
Except bills of exchange, and some other mercantile bills, all other deeds, bonds, and contracts, are subject to a stamp duty.
為替手形やその他の商業手形を除いて、他のすべての証書、債券、契約は印紙税の対象となる。
This duty, however, does not rise in proportion to the value of the subject.
しかし、この税は対象の価値に比例して上昇するわけではない。
All sales of land and of houses, and all mortgages upon either, must be registered, and, upon registration, pay a duty to the state of two and a-half per cent.
土地や住宅のすべての売却、およびそのいずれかのすべての抵当権は登録されなければならず、登録時に2.5パーセントの税金を国に支払わなければならない。
upon the amount of the price or of the mortgage.
価格または抵当権の額に応じて。
This duty is extended to the sale of all ships and vessels of more than two tons burden, whether decked or undecked.
この税は、甲板の有無にかかわらず、2トン以上の積載量を持つすべての船舶の売却にも拡大されている。
These, it seems, are considered as a sort of houses upon the water.
これらは、水上の一種の家と考えられているようだ。
The sale of moveables, when it is ordered by a court of justice, is subject to the like duty of two and a-half per cent.
動産の売却は、裁判所の命令による場合には、同様に2.5パーセントの税金が課せられる。

 In France, there are both stamp duties and duties upon registration.
フランスでは、印紙税と登録税の両方がある。
The former are considered as a branch of the aids of excise, and, in the provinces where those duties take place, are levied by the excise officers.
前者は消費税の一種と考えられており、これらの税金が課せられる地方では、消費税官吏によって徴収される。
The latter are considered as a branch of the domain of the crown and are levied by a different set of officers.
後者は王領の一種と考えられており、別の役人によって徴収される。

 Those modes of taxation by stamp duties and by duties upon registration, are of very modern invention.
印紙税や登録税による課税方法は、非常に近代的な発明である。
In the course of little more than a century, however, stamp duties have, in Europe, become almost universal, and duties upon registration extremely common.
しかし、1世紀余りの間に、ヨーロッパでは印紙税がほぼ普遍的になり、登録税も非常に一般的になった。
There is no art which one government sooner learns of another, than that of draining money from the pockets of the people.
政府が他の政府から学ぶ技術の中で、国民のポケットから金を吸い上げる技術ほど早いものはない。

 Taxes upon the transference of property from the dead to the living, fall finally, as well as immediately, upon the persons to whom the property is transferred.
死者から生者への財産の移転に対する税は、最終的には、また即座に、財産が移転される人にかかる。
Taxes upon the sale of land fall altogether upon the seller.
土地の売却に対する税は、すべて売り手にかかる。
The seller is almost always under the necessity of selling, and must, therefore, take such a price as he can get.
売り手はほとんど常に売却の必要に迫られているので、手に入る価格で売らざるを得ない。
The buyer is scarce ever under the necessity of buying, and will, therefore, only give such a price as he likes.
買い手はほとんど買う必要に迫られることがないので、自分の好きな価格しか提示しない。
He considers what the land will cost him, in tax and price together.
彼は、税金と価格を合わせて、土地にいくらかかるかを考える。
The more he is obliged to pay in the way of tax, the less he will be disposed to give in the way of price.
税金として支払う義務があるほど、価格として支払う気はなくなる。
Such taxes, therefore, fall almost always upon a necessitous person, and must, therefore, be frequently very cruel and oppressive.
したがって、そのような税金はほとんど常に困窮した人に課せられ、それゆえ、しばしば非常に残酷で抑圧的なものとなる。
Taxes upon the sale of new-built houses, where the building is sold without the ground, fall generally upon the buyer, because the builder must generally have his profit;
建物が土地なしで売られる新築住宅の売却税は、一般的に買い手にかかる。なぜなら、建設業者は一般的に利益を得なければならないからである。
otherwise he must give up the trade.
さもなければ、彼はその商売を諦めなければならない。
If he advances the tax, therefore, the buyer must generally repay it to him.
したがって、彼が税金を前払いした場合、買い手は一般的にそれを彼に返済しなければならない。
Taxes upon the sale of old houses, for the same reason as those upon the sale of land, fall generally upon the seller;
古い家の売却税は、土地の売却税と同じ理由で、一般的に売り手にかかる。
whom, in most cases, either conveniency or necessity obliges to sell.
ほとんどの場合、都合や必要性から売却を余儀なくされる。
The number of new-built houses that are annually brought to market, is more or less regulated by the demand.
毎年市場に出される新築住宅の数は、多かれ少なかれ需要によって調整される。
Unless the demand is such as to afford the builder his profit, after paying all expenses, he will build no more houses.
需要が、すべての経費を支払った後で建設業者に利益をもたらすようなものでなければ、彼は家を建てることはないだろう。
The number of old houses which happen at any time to come to market, is regulated by accidents, of which the greater part have no relation to the demand.
いつでも市場に出回る古い住宅の数は、偶然によって決まるが、その大部分は需要とは関係がない。
Two or three great bankruptcies in a mercantile town, will bring many houses to sale, which must be sold for what can be got for them.
商業都市で二、三件の大きな破産が起これば、多くの家が売りに出され、それらは手に入る金額で売られることになる。
Taxes upon the sale of ground-rents fall altogether upon the seller, for the same reason as those upon the sale of lands.
地代売却税は、土地売却税と同じ理由で、すべて売り手にかかる。
Stamp duties, and duties upon the registration of bonds and contracts for borrowed money, fall altogether upon the borrower, and, in fact, are always paid by him.
印紙税や借入金の債券や契約書の登録税は、すべて借り手にかかり、実際には常に借り手が支払う。
Duties of the same kind upon law proceedings fall upon the suitors.
訴訟に関する同種の税は、訴訟当事者にかかる。
They reduce to both the capital value of the subject in dispute.
どちらも争点の資本価値を減らす。
The more it costs to acquire any property, the less must be the neat value of it when acquired.
財産を取得するのにかかる費用が大きいほど、取得した時の純価値は小さくなる。

 All taxes upon the transference of property of every kind, so far as they diminish the capital value of that property, tend to diminish the funds destined for the maintenance of productive labour.
あらゆる種類の財産の移転に対するすべての税は、その財産の資本価値を減少させる限り、生産的労働の維持に充てられる資金を減少させる傾向がある。
They are all more or less unthrifty taxes that increase the revenue of the sovereign, which seldom maintains any but unproductive labourers, at the expense of the capital of the people, which maintains none but productive.
これらはすべて、多かれ少なかれ浪費的な税であり、生産的労働者以外を維持することはめったにない君主の収入を、生産的労働者以外を維持しない国民の資本を犠牲にして増やすものである。

 Such taxes, even when they are proportioned to the value of the property transferred, are still unequal;
そのような税は、移転される財産の価値に比例していても、依然として不平等である。
the frequency of transference not being always equal in property of equal value.
移転の頻度は、同等の価値の財産では常に同等ではない。
When they are not proportioned to this value, which is the case with the greater part of the stamp duties and duties of registration, they are still more so.
印紙税や登録税の大部分がそうであるように、この価値に比例していない場合は、さらに不平等である。
They are in no respect arbitrary, but are, or may be, in all cases, perfectly clear and certain.
これらは決して恣意的なものではなく、すべての場合に完全に明確で確実なものである。
Though they sometimes fall upon the person who is not very able to pay, the time of payment is, in most cases, sufficiently convenient for him.
支払いにあまり余裕のない人に課せられることもあるが、支払い時期はほとんどの場合、その人にとって十分に都合の良いものである。
When the payment becomes due, he must, in most cases, have the more to pay.
支払期日が来ると、ほとんどの場合、支払うべき金額が増えている。
They are levied at very little expense, and in general subject the contributors to no other inconveniency, besides always the unavoidable one of paying the tax.
これらは非常にわずかな費用で徴収され、一般に、納税者に税金を支払うという避けられない不便以外には、他の不便を課すことはない。
In France, the stamp duties are not much complained of.
フランスでは、印紙税についてあまり不満はない。
Those of registration, which they call the Controle, are.
彼らがコントロルと呼ぶ登録税はそうである。
They give occasion, it is pretended, to much extortion in the officers of the farmers-general who collect the tax, which is in a great measure arbitrary and uncertain.
これらは、税金を徴収する徴税請負人の役人による多くの強要の機会を与えているとされているが、これはかなり恣意的で不確実である。
In the greater part of the libels which have been written against the present system of finances in France, the abuses of the controle make a principal article.
フランスの現在の財政制度に反対して書かれた誹謗中傷の大部分では、コントロールの乱用が主要な記事となっている。
Uncertainty, however, does not seem to be necessarily inherent in the nature of such taxes.
しかし、不確実性は、必ずしもそのような税の性質に内在するものではないようである。
If the popular complaints are well founded, the abuse must arise, not so much from the nature of the tax as from the want of precision and distinctness in the words of the edicts or laws which impose it.
民衆の不満が正当なものであるならば、その乱用は、税の性質からというよりは、それを課す法令や法律の文言の正確性と明確さの欠如から生じているに違いない。

 The registration of mortgages, and in general of all rights upon immoveable property, as it gives great security both to creditors and purchasers, is extremely advantageous to the public.
抵当権の登録は、債権者と購入者の両方に大きな安心感を与えるので、不動産に対するすべての権利の登録は、一般に公衆にとって非常に有利である。
That of the greater part of deeds of other kinds, is frequently inconvenient and even dangerous to individuals, without any advantage to the public.
他の種類の証書の大部分の登録は、公衆に何の利益もなく、しばしば個人にとって不便であり、危険でさえある。
All registers which, it is acknowledged, ought to be kept secret, ought certainly never to exist.
秘密にすべきだと認められているすべての登記簿は、絶対に存在すべきではない。
The credit of individuals ought certainly never to depend upon so very slender a security, as the probity and religion of the inferior officers of revenue.
個人の信用は、下級収税官の誠実さや宗教心といった、非常に頼りない担保に依存すべきではない。
But where the fees of registration have been made a source of revenue to the sovereign, register-offices have commonly been multiplied without end, both for the deeds which ought to be registered, and for those which ought not.
しかし、登録料が国王の収入源となっているところでは、登録すべき証書と登録すべきでない証書の両方について、登記所が際限なく増加している。
In France there are several different sorts of secret registers.
フランスには、いくつかの異なる種類の秘密登記簿がある。
This abuse, though not perhaps a necessary, it must be acknowledged, is a very natural effect of such taxes.
この悪用は、おそらく必然ではないが、そのような税の非常に自然な結果であることは認めざるを得ない。

 Such stamp duties as those in England upon cards and dice, upon newspapers and periodical pamphlets, etc.
イギリスのカードやサイコロ、新聞や定期刊行物などの印紙税は、
are properly taxes upon consumption;
消費税である。
the final payment falls upon the persons who use or consume such commodities.
最終的な支払いは、そのような商品を使用または消費する人々にかかる。
Such stamp duties as those upon licences to retail ale, wine, and spiritous liquors, though intended, perhaps, to fall upon the profits of the retailers, are likewise finally paid by the consumers of those liquors.
ビール、ワイン、蒸留酒の小売免許にかかる印紙税は、おそらく小売業者の利益にかかることを意図しているが、同様に最終的にはこれらの酒類の消費者が支払う。
Such taxes, though called by the same name, and levied by the same officers, and in the same manner with the stamp duties above mentioned upon the transference of property, are, however, of a quite different nature, and fall upon quite different funds.
このような税は、同じ名称で呼ばれ、同じ役人によって徴収され、上記の財産移転にかかる印紙税と同じ方法で徴収されるが、しかし、全く異なる性質のものであり、全く異なる資金にかかる。

 ARTICLE III.—Taxes upon the Wages of Labour.
第三章労働賃金に対する税

 The wages of the inferior classes of work men, I have endeavoured to show in the first book are everywhere necessarily regulated by two different circumstances;
下層労働者の賃金は、第一巻で示したように、どこでも必然的に二つの異なる状況によって調整される。
the demand for labour, and the ordinary or average price of provisions.
労働需要と食料の通常価格または平均価格である。
The demand for labour, according as it happens to be either increasing stationary or declining;
労働需要は、増加、停滞、減少のいずれかによって、
or to require an increasing, stationary, or declining population, regulates the subsistence of the labourer, and determines in what degree it shall be either liberal, moderate, or scanty.
あるいは人口の増加、停滞、減少のいずれかを必要とすることで、労働者の生計を調整し、それがどの程度豊か、中庸、あるいは乏しいかを決定する。
The ordinary average price of provisions determines the quantity of money which must be paid to the workman, in order to enable him, one year with another, to purchase this liberal, moderate, or scanty subsistence.
食料の通常の平均価格は、労働者がこの豊かで、中庸で、あるいは乏しい生計を維持するために、毎年支払わなければならない金額を決定する。
While the demand for the labour and the price of provisions, therefore, remain the same, a direct tax upon the wages of labour can have no other effect, than to raise them somewhat higher than the tax.
したがって、労働需要と食料価格が同じままである限り、労働賃金に対する直接税は、税額よりも多少高く引き上げること以外に効果はない。
Let us suppose, for example, that, in a particular place, the demand for labour and the price of provisions were such as to render ten shillings a-week the ordinary wages of labour;
例えば、ある特定の場所では、労働需要と食料価格が週10シリングを通常の労働賃金にするようなものだったとしよう。
and that a tax of one-fifth, or four shillings in the pound, was imposed upon wages.
そして、賃金に5分の1、つまり1ポンドにつき4シリングの税金が課せられたとしよう。
If the demand for labour and the price of provisions remained the same, it would still be necessary that the labourer should, in that place, earn such a subsistence as could be bought only for ten shillings a-week; so that, after paying the tax, he should have ten shillings a-week free wages.
労働需要と食料価格が同じままであれば、その場所で労働者は週10シリングでしか買えないような生計を立てることが必要であり、税金を支払った後、週10シリングを自由に使える賃金として受け取ることになる。
But, in order to leave him such free wages, after paying such a tax, the price of labour must, in that place, soon rise, not to twelve shillings a week only, but to twelve and sixpence;
しかし、そのような税金を支払った後で、彼にそのような自由な賃金を残すためには、その場所での労働価格はすぐに週12シリングだけでなく、12シリング6ペンスに上昇しなければならない。
that is, in order to enable him to pay a tax of one-fifth, his wages must necessarily soon rise, not one-fifth part only, but one-fourth.
つまり、彼が5分の1の税金を支払えるようにするためには、彼の賃金はすぐに5分の1だけでなく4分の1に上昇しなければならない。
Whatever was the proportion of the tax, the wages of labour must, in all cases rise, not only in that proportion, but in a higher proportion.
税率がどうであれ、労働賃金はすべての場合において、その税率だけでなく、それよりも高い割合で上昇しなければならない。
If the tax for example, was one-tenth, the wages of labour must necessarily soon rise, not one-tenth part only, but one-eighth.
例えば、税率が10分の1であれば、労働賃金はすぐに10分の1だけでなく、8分の1に上昇しなければならない。

 A direct tax upon the wages of labour, therefore, though the labourer might, perhaps, pay it out of his hand, could not properly be said to be even advanced by him;
したがって、労働賃金に対する直接税は、労働者がおそらく自分の手で支払うかもしれないが、彼が前払いしているとさえ適切に言うことはできない。
at least if the demand for labour and the average price of provisions remained the same after the tax as before it.
少なくとも、労働需要と食料の平均価格が課税後も課税前と同じであれば。
In all such cases, not only the tax, but something more than the tax, would in reality be advanced by the person who immediately employed him.
そのようなすべての場合において、税金だけでなく、税金以上のものが、実際には彼を直接雇用した人によって前払いされるだろう。
The final payment would, in different cases, fall upon different persons.
最終的な支払いは、場合によって異なる人にかかるだろう。
The rise which such a tax might occasion in the wages of manufacturing labour would be advanced by the master manufacturer, who would both be entitled and obliged to charge it, with a profit, upon the price of his goods.
そのような税金が製造労働の賃金に生じさせるかもしれない上昇は、製造業者の親方によって前払いされるだろうが、彼はそれを自分の商品の価格に利益を乗せて請求する権利と義務を負うだろう。
The final payment of this rise of wages, therefore, together with the additional profit of the master manufacturer would fall upon the consumer.
したがって、この賃金上昇の最終的な支払いは、製造業者の親方の追加利益とともに、消費者にかかるだろう。
The rise which such a tax might occasion in the wages of country labour would be advanced by the farmer, who, in order to maintain the same number of labourers as before, would be obliged to employ a greater capital.
そのような税金が農村労働の賃金に生じさせるかもしれない上昇は、農民によって前払いされるだろうが、彼は以前と同じ数の労働者を維持するために、より多くの資本を雇用する義務を負うだろう。
In order to get back this greater capital, together with the ordinary profits of stock, it would be necessary that he should retain a larger portion, or, what comes to the same thing, the price of a larger portion, of the produce of the land, and, consequently, that he should pay less rent to the landlord.
このより大きな資本を、株の通常の利益とともに取り戻すためには、彼がより大きな部分、あるいは同じことである土地の生産物のより大きな部分の価格を保持し、その結果、地主に支払う賃料を減らす必要があるだろう。
The final payment of this rise of wages, therefore, would, in this case, fall upon the landlord, together with the additional profit of the farmer who had advanced it.
したがって、この賃金上昇の最終的な支払いは、この場合、それを前払いした農民の追加利益とともに、地主にかかるだろう。
In all cases, a direct tax upon the wages of labour must, in the long-run, occasion both a greater reduction in the rent of land, and a greater rise in the price of manufactured goods than would have followed from the proper assessment of a sum equal to the produce of the tax, partly upon the rent of land, and partly upon consumable commodities.
いずれにせよ、労働賃金に対する直接税は、長期的には、土地の賃料の大幅な引き下げと、製造品の価格の大幅な上昇の両方を引き起こすに違いないが、これは、税の産出額に等しい金額を、一部は土地の賃料に、一部は消費財に適切に課税した場合に生じるであろうものよりも大きい。

 If direct taxes upon the wages of labour have not always occasioned a proportionable rise in those wages, it is because they have generally occasioned a considerable fall in the demand of labour.
労働賃金に対する直接税が、常にその賃金の比例的な上昇をもたらさなかったとすれば、それは、一般的に労働需要の大幅な低下をもたらしたからである。
The declension of industry, the decrease of employment for the poor, the diminution of the annual produce of the land and labour of the country, have generally been the effects of such taxes.
産業の衰退、貧困層の雇用の減少、国の土地と労働の年間生産量の減少は、一般的にそのような税の効果であった。
In consequence of them, however, the price of labour must always be higher than it otherwise would have been in the actual state of the demand;
しかし、その結果として、労働の価格は、実際の需要の状態ではそうでない場合よりも常に高くなければならない。
and this enhancement of price, together with the profit of those who advance it, must always be finally paid by the landlords and consumers.
そして、この価格の上昇は、それを前払いする者の利益とともに、最終的には常に地主と消費者が支払わなければならない。

 A tax upon the wages of country labour does not raise the price of the rude produce of land in proportion to the tax;
農村労働者の賃金に対する税は、土地の粗生産物の価格を税に比例して上昇させるわけではない。
for the same reason that a tax upon the farmer’s profit does not raise that price in that proportion.
農民の利益に対する税がその価格をその割合で上昇させないのと同じ理由である。

 Absurd and destructive as such taxes are, however, they take place in many countries.
そのような税は馬鹿げていて破壊的だが、しかし、多くの国で存在している。
In France, that part of the taille which is charged upon the industry of workmen and day-labourers in country villages, is properly a tax of this kind.
フランスでは、農村の労働者と日雇い労働者の労働に課せられるタイヤの部分は、まさにこの種の税である。
Their wages are computed according to the common rate of the district in which they reside;
彼らの賃金は、彼らが住んでいる地区の一般的な率に従って計算される。
and, that they may be as little liable as possible to any overcharge, their yearly gains are estimated at no more than two hundred working days in the year. {Memoires concernant les Droits, etc.
そして、彼らが過大請求に対してできるだけ責任を負わないように、彼らの年間収入は年間200労働日以下と見積もられている。
tom. ii. p. 108.}
ii. p. 108.}
The tax of each individual is varied from year to year, according to different circumstances, of which the collector or the commissary, whom intendant appoints to assist him, are the judges.
各個人の税金は、さまざまな状況に応じて年ごとに異なり、その状況については、徴税吏や、徴税吏を補佐するために任命された代官が裁判官となる。
In Bohemia, in consequence of the alteration in the system of finances which was begun in 1748, a very heavy tax is imposed upon the industry of artificers.
ボヘミアでは、1748年に始まった財政制度の変更の結果、職人の産業に非常に重い税金が課せられた。
They are divided into four classes.
彼らは4つの階級に分けられる。
The highest class pay a hundred florins a year, which, at two-and-twenty pence half penny a-florin, amounts to £9:7:6.
最上位の階級は年間100フローリンを支払うが、これは1フローリンが22ペンス半ペニーなので、9ポンド7シリング6ペンスに相当する。
The second class are taxed at seventy;
第二階級は70フローリンを課税される。
the third at fifty;
第三階級は50フローリンを課税される。
and the fourth, comprehending artificers in villages, and the lowest class of those in towns, at twenty-five florins. {Memoires concernant les Droits, etc.
そして第四階級は、村の職人や町の職人の最下層階級を含み、25フローリンを課税される。
tom. iii. p. 87.}
第三巻87頁}

 The recompence of ingenious artists, and of men of liberal professions, I have endeavoured to show in the first book, necessarily keeps a certain proportion to the emoluments of inferior trades.
第一巻で示したように、独創的な芸術家や自由業に従事する人の報酬は、必然的に下位の職業の報酬と一定の比率を保っている。
A tax upon this recompence, therefore, could have no other effect than to raise it somewhat higher than in proportion to the tax.
したがって、この報酬に対する税は、税に比例するよりもやや高く引き上げる以外に効果はない。
If it did not rise in this manner, the ingenious arts and the liberal professions, being no longer upon a level with other trades, would be so much deserted, that they would soon return to that level.
もしこの方法で上昇しなければ、独創的な芸術や自由業は、もはや他の職業と同等のレベルではなくなり、見捨てられるので、すぐにそのレベルに戻ってしまうだろう。

 The emoluments of offices are not, like those of trades and professions, regulated by the free competition of the market, and do not, therefore, always bear a just proportion to what the nature of the employment requires.
役職の報酬は、商売や職業のように市場の自由競争によって規制されているわけではないので、その職務の性質上必要とされるものと常に正しい比率になっているわけではない。
They are, perhaps, in most countries, higher than it requires;
おそらく、ほとんどの国では、必要以上に高い。
the persons who have the administration of government being generally disposed to regard both themselves and their immediate dependents, rather more than enough.
政府の運営に携わる人々は、一般的に自分自身とその直属の部下を十分すぎるほどに重視する傾向がある。
The emoluments of offices, therefore, can, in most cases, very well bear to be taxed.
したがって、役職の報酬は、ほとんどの場合、課税に耐えることができる。
The persons, besides, who enjoy public offices, especially the more lucrative, are, in all countries, the objects of general envy;
その上、公職に就いている人々は、特に収入の多い人々は、どの国でも一般に羨望の的である。
and a tax upon their emoluments, even though it should be somewhat higher than upon any other sort of revenue, is always a very popular tax.
そして、彼らの報酬に対する税金は、他の収入に対する税金よりも多少高くても、常に非常に人気のある税金である。
In England, for example, when, by the land-tax, every other sort of revenue was supposed to be assessed at four shillings in the pound, it was very popular to lay a real tax of five shillings and sixpence in the pound upon the salaries of offices which exceeded a hundred pounds a-year; the pensions of the younger branches of the royal family, the pay of the officers of the army and navy, and a few others less obnoxious to envy, excepted.
たとえば、イギリスでは、地租によって、他のあらゆる収入が1ポンドにつき4シリングと評価されていたとき、年額100ポンドを超える役職の給与に1ポンドにつき5シリング6ペンスの実質税を課すことは非常に人気があった。王室の若い分家の年金、陸海軍の将校の給与、その他嫉妬の対象となりにくいものを除いてである。
There are in England no other direct taxes upon the wages of labour.
イギリスには労働賃金に対する直接税は他にない。

 ARTICLE IV.—Taxes which it is intended should fall indifferently upon every different Species of Revenue.
第四条あらゆる種類の収入に無差別に課税されるべき税金

 The taxes which it is intended should fall indifferently upon every different species of revenue, are capitation taxes, and taxes upon consumable commodities.
あらゆる種類の収入に無差別に課税されるべき税金は、人頭税と消費財に対する税金である。
Those must be paid indifferently, from whatever revenue the contributors may possess;
これらは、納税者がどんな収入を得ていようとも、無差別に支払わなければならない。
from the rent of their land, from the profits of their stock, or from the wages of their labour.
土地の地代からであれ、資本の利潤からであれ、労働の賃金からであれ。

 Capitation Taxes.
人頭税

 Capitation taxes, if it is attempted to proportion them to the fortune or revenue of each contributor, become altogether arbitrary.
人頭税は、各納税者の資産や収入に応じて課税しようとすると、まったく恣意的なものになってしまう。
The state of a man’s fortune varies from day to day;
人の資産の状態は日々変化する。
and, without an inquisition, more intolerable than any tax, and renewed at least once every year, can only be guessed at.
そして、どんな税よりも耐え難く、少なくとも年に一度は更新される調査なしには、推測することしかできない。
His assessment, therefore, must, in most cases, depend upon the good or bad humour of his assessors, and must, therefore, be altogether arbitrary and uncertain.
したがって、彼の評価は、ほとんどの場合、評価者の機嫌の良し悪しに依存し、したがって、まったく恣意的で不確実なものにならざるを得ない。

 Capitation taxes, if they are proportioned, not to the supposed fortune, but to the rank of each contributor, become altogether unequal;
人頭税は、想定される資産ではなく、各納税者の階級に応じて課税されると、まったく不平等になる。
the degrees of fortune being frequently unequal in the same degree of rank.
同じ階級でも資産の程度が不平等であることがよくある。

 Such taxes, therefore, if it is attempted to render them equal, become altogether arbitrary and uncertain;
したがって、そのような税は、平等にしようとすると、まったく恣意的で不確実なものになる。
and if it is attempted to render them certain and not arbitrary, become altogether unequal.
そして、それを恣意的ではなく確実なものにしようとすると、まったく不平等になる。
Let the tax be light or heavy, uncertainty is always a great grievance.
税が軽くても重くても、不確実性は常に大きな不満である。
In a light tax, a considerable degree of inequality may be supported;
軽い税では、かなりの程度の不平等が支持されるかもしれない。
in a heavy one, it is altogether intolerable.
重い税では、それはまったく耐えられない。

 In the different poll-taxes which took place in England during the reign of William III. the contributors were, the greater part of them, assessed according to the degree of their rank;
ウィリアム三世の治世中にイングランドで行われた様々な人頭税では、納税者は、その大部分が、その身分の程度に応じて課税された。
as dukes, marquises, earls, viscounts, barons, esquires, gentlemen, the eldest and youngest sons of peers, etc.
公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵、従士、紳士、貴族の長男と末っ子などである。
All shop-keepers and tradesmen worth more than three hundred pounds, that is, the better sort of them, were subject to the same assessment, how great soever might be the difference in their fortunes.
三百ポンド以上の価値のあるすべての店主や商人、つまり、彼らのより良い部類は、その財産の差がどれほど大きくても、同じ課税対象となった。
Their rank was more considered than their fortune.
彼らの身分は、その財産よりも重視された。
Several of those who, in the first poll-tax, were rated according to their supposed fortune were afterwards rated according to their rank.
最初の人頭税では、推定される財産に応じて課税された人々の多くは、その後、身分に応じて課税された。
Serjeants, attorneys, and proctors at law, who, in the first poll-tax, were assessed at three shillings in the pound of their supposed income, were afterwards assessed as gentlemen.
最初の人頭税では、推定所得の1ポンドにつき3シリングと評価された法廷弁護士、法務官、法廷代理人は、その後、紳士として評価された。
In the assessment of a tax which was not very heavy, a considerable degree of inequality had been found less insupportable than any degree of uncertainty.
あまり重くない税の評価では、かなりの程度の不平等は、どんな程度の不確実性よりも耐え難いものではないとわかった。

 In the capitation which has been levied in France, without-any interruption, since the beginning of the present century, the highest orders of people are rated according to their rank, by an invariable tariff;
フランスで徴収されている人頭税では、今世紀の初めから中断されることなく、上流階級の人々は、不変の関税によって、その身分に応じて課税されている。
the lower orders of people, according to what is supposed to be their fortune, by an assessment which varies from year to year.
下層階級の人々は、その財産と推定されるものに応じて、年ごとに異なる評価によって課税されている。
The officers of the king’s court, the judges, and other officers in the superior courts of justice, the officers of the troops, etc are assessed in the first manner.
国王の宮廷の役人、裁判官、高等裁判所の他の役人、軍隊の役人などは、最初の方法で評価される。
The inferior ranks of people in the provinces are assessed in the second.
地方の下層階級の人々は、二番目の方法で評価される。
In France, the great easily submit to a considerable degree of inequality in a tax which, so far as it affects them, is not a very heavy one;
フランスでは、大物は、彼らに影響する限り、それほど重くない税金において、かなりの程度の不平等に容易に従う。
but could not brook the arbitrary assessment of an intendant.
しかし、代官の独断的な評価には耐えられなかった。

 The inferior ranks of people must, in that country, suffer patiently the usage which their superiors think proper to give them.
その国では、下層階級の人々は、上司が適切と考える扱いに辛抱強く耐えなければならない。

 In England, the different poll-taxes never produced the sum which had been expected from them, or which it was supposed they might have produced, had they been exactly levied.
イギリスでは、さまざまな人頭税は、それらから期待されていた額、あるいは正確に徴収されていたら生み出していたかもしれない額を生み出すことはなかった。
In France, the capitation always produces the sum expected from it.
フランスでは、人頭税は常に期待される額を生み出している。
The mild government of England, when it assessed the different ranks of people to the poll-tax, contented itself with what that assessment happened to produce, and required no compensation for the loss which the state might sustain, either by those who could not pay, or by those who would not pay (for there were many such), and who, by the indulgent execution of the law, were not forced to pay.
イギリスの穏健な政府は、人頭税を徴収する際に、さまざまな階級の人々を評価したとき、その評価によって生み出されたものに満足し、支払えない人や支払わない人(そのような人はたくさんいた)によって国家が被る損失に対して、補償を要求しなかったし、法律の寛大な執行によって、支払いを強制されることもなかった。
The more severe government of France assesses upon each generality a certain sum, which the intendant must find as he can.
フランスのより厳しい政府は、各総督府に一定の金額を課税し、総督はそれをできる限り見つけ出さなければならない。
If any province complains of being assessed too high, it may, in the assessment of next year, obtain an abatement proportioned to the overcharge of the year before;
いずれかの州が課税額が高すぎると不満を言う場合、翌年の課税では、前年の過大請求に比例した減額を受けることができる。
but it must pay in the mean time.
しかし、その間は支払わなければならない。
The intendant, in order to be sure of finding the sum assessed upon his generality, was empowered to assess it in a larger sum, that the failure or inability of some of the contributors might be compensated by the overcharge of the rest;
総督は、自分の総督府に課せられた金額を確実に見つけるために、より大きな金額で課税する権限を与えられ、一部の納税者の失敗や無能力は、残りの納税者の過大請求によって補償されるかもしれない。
and till 1765, the fixation of this surplus assessment was left altogether to his discretion.
そして1765年まで、この余剰課税の固定は完全に彼の裁量に任されていた。
In that year, indeed, the council assumed this power to itself.
その年、実際、評議会はこの権限を自ら引き受けた。
In the capitation of the provinces, it is observed by the perfectly well informed author of the Memoirs upon the Impositions in France, the proportion which falls upon the nobility, and upon those whose privileges exempt them from the taille, is the least considerable.
地方の人口税では、フランスの課税に関する回想録の非常によく知られた著者によって、貴族や特権によってテイルを免除されている人々にかかる割合が最も小さいことが観察されている。
The largest falls upon those subject to the taille, who are assessed to the capitation at so much a-pound of what they pay to that other tax.
最も大きいのは、テイルの対象となる人々で、彼らは他の税金に支払う額の1ポンドあたりの額で人頭税を課せられる。
Capitation taxes, so far as they are levied upon the lower ranks of people, are direct taxes upon the wages of labour, and are attended with all the inconveniencies of such taxes.
人頭税は、下層階級の人々に課せられる限り、労働賃金に対する直接税であり、そうした税金のあらゆる不都合を伴う。

 Capitation taxes are levied at little expense;
人頭税はほとんど費用をかけずに徴収される。
and, where they are rigorously exacted, afford a very sure revenue to the state.
そして、厳密に徴収される場合には、国家に非常に確実な収入をもたらす。
It is upon this account that, in countries where the case, comfort, and security of the inferior ranks of people are little attended to, capitation taxes are very common.
このような理由から、下層階級の人々の安楽や安全がほとんど顧みられない国では、人頭税が非常に一般的である。
It is in general, however, but a small part of the public revenue, which, in a great empire, has ever been drawn from such taxes;
しかし、大帝国では、そうした税金から得られる収入は、一般的に公的収入のごく一部にすぎない。
and the greatest sum which they have ever afforded, might always have been found in some other way much more convenient to the people.
そして、そうした税金から得られる最大の収入は、常に、国民にとってもっと便利な他の方法で得ることができたはずである。

 Taxes upon Consumable Commodities.
消費財に対する税金

 The impossibility of taxing the people, in proportion to their revenue, by any capitation, seems to have given occasion to the invention of taxes upon consumable commodities.
人頭税によって、人々の収入に比例した課税をすることが不可能であることが、消費財に対する課税の発明の機会を与えたように思われる。
The state not knowing how to tax, directly and proportionably, the revenue of its subjects, endeavours to tax it indirectly by taxing their expense, which, it is supposed, will, in most cases, be nearly in proportion to their revenue.
国家は、国民の収入に直接的かつ比例的に課税する方法を知らず、国民の支出に課税することで間接的に課税しようとするが、これはほとんどの場合、国民の収入にほぼ比例すると考えられている。
Their expense is taxed, by taxing the consumable commodities upon which it is laid out.
国民の支出は、支出される消費財に課税することで課税される。

 Consumable commodities are either necessaries or luxuries.
消費財は必需品か贅沢品である。

 By necessaries I understand, not only the commodities which are indispensibly necessary for the support of life, but whatever the custom of the country renders it indecent for creditable people, even of the lowest order, to be without.
必需品とは、生活を支えるために絶対に必要な商品だけでなく、その国の習慣によって、どんなに身分の低い人でも、信用できる人が持っていないとみっともないものと考えられるものをすべて指す。
A linen shirt, for example, is, strictly speaking, not a necessary of life.
例えば、麻のシャツは、厳密に言えば、生活必需品ではない。
The Greeks and Romans lived, I suppose, very comfortably, though they had no linen.
ギリシャ人やローマ人は、麻の衣類がなかったにもかかわらず、非常に快適に暮らしていたと思う。
But in the present times, through the greater part of Europe, a creditable day-labourer would be ashamed to appear in public without a linen shirt, the want of which would be supposed to denote that disgraceful degree of poverty, which, it is presumed, nobody can well fall into without extreme bad conduct.
しかし、現代では、ヨーロッパの大部分で、信用できる日雇い労働者は、麻のシャツを着ずに人前に出ることを恥ずかしく思うだろうし、麻のシャツを着ていないことは、恥ずべき貧困の程度を示すと考えられているだろうし、極端に悪い行いをしなければ、誰もそのような貧困に陥ることはないと推定される。
Custom, in the same manner, has rendered leather shoes a necessary of life in England.
同じように、習慣によって革靴はイギリスの生活必需品となった。
The poorest creditable person, of either sex, would be ashamed to appear in public without them.
どちらの性であれ、最も貧しい信用できる人は、革靴を履かずに人前に出ることを恥ずかしく思うだろう。
In Scotland, custom has rendered them a necessary of life to the lowest order of men;
スコットランドでは、習慣によって革靴は最下層の人々の生活必需品となっている。
but not to the same order of women, who may, without any discredit, walk about barefooted.
しかし、女性の同じ階級にはそうではなく、女性は、何の不名誉もなく、裸足で歩き回ることができる。
In France, they are necessaries neither to men nor to women;
フランスでは、革靴は男性にも女性にも必需品ではない。
the lowest rank of both sexes appearing there publicly, without any discredit, sometimes in wooden shoes, and sometimes barefooted.
両性の最下層階級は、何の不名誉もなく、時には木靴を履き、時には裸足で公然と現れる。
Under necessaries, therefore, I comprehend, not only those things which nature, but those things which the established rules of decency have rendered necessary to the lowest rank of people.
したがって、必需品とは、自然がそうしたものだけでなく、確立された礼儀作法が最下層の人々に必要とさせたものも含むと私は理解している。
All other things I call luxuries, without meaning, by this appellation, to throw the smallest degree of reproach upon the temperate use of them.
他のすべてのものを私は贅沢品と呼ぶが、この呼び名によって、それらの節度ある使用を少しでも非難するつもりはない。
Beer and ale, for example, in Great Britain, and wine, even in the wine countries, I call luxuries.
例えば、イギリスのビールやエール、そしてワイン生産国でさえもワインは贅沢品と呼ぶ。
A man of any rank may, without any reproach, abstain totally from tasting such liquors.
どんな身分の人間でも、そうした酒を飲まなくても、何の非難も受けないだろう。
Nature does not render them necessary for the support of life;
自然は、それらを生命維持に必要なものとはしていない。
and custom nowhere renders it indecent to live without them.
そして、習慣はどこでもそれらなしでは生きられないようにはしていない。

 As the wages of labour are everywhere regulated, partly by the demand for it, and partly by the average price of the necessary articles of subsistence;
労働の賃金は、どこでも、一部は労働需要によって、一部は生活必需品の平均価格によって調整されている。
whatever raises this average price must necessarily raise those wages;
この平均価格を上げるものは何であれ、必然的に賃金も上げなければならない。
so that the labourer may still be able to purchase that quantity of those necessary articles which the state of the demand for labour, whether increasing, stationary, or declining, requires that he should have. {See book i.chap. 8}
労働者は、労働需要の状態が増加、停滞、減少のいずれであれ、彼が持つべきである必要品を購入することができる。{第1巻第8章を参照}
A tax upon those articles necessarily raises their price somewhat higher than the amount of the tax, because the dealer, who advances the tax, must generally get it back, with a profit.
これらの品物に課税すると、必然的にその価格は税額よりも多少高くなる。なぜなら、税金を前払いする業者は、通常、利益をつけて税金を取り戻さなければならないからである。
Such a tax must, therefore, occasion a rise in the wages of labour, proportionable to this rise of price.
したがって、そのような税は、この価格の上昇に比例した労働賃金の上昇をもたらす。

 It is thus that a tax upon the necessaries of life operates exactly in the same manner as a direct tax upon the wages of labour.
このように、生活必需品に対する税は、労働賃金に対する直接税と全く同じように作用する。
The labourer, though he may pay it out of his hand, cannot, for any considerable time at least, be properly said even to advance it.
労働者は、自分の手で支払うかもしれないが、少なくともかなりの期間、それを前払いすることさえできない。
It must always, in the long-run, be advanced to him by his immediate employer, in the advanced state of wages.
長期的には、賃金の前払いによって、常に直接の雇用主から前払いされる。
His employer, if he is a manufacturer, will charge upon the price of his goods the rise of wages, together with a profit, so that the final payment of the tax, together with this overcharge, will fall upon the consumer.
彼の雇用主は、もし製造業者ならば、賃金の上昇分を利益と共に商品の価格に上乗せするので、税金の最終的な支払いはこの上乗せ分と共に消費者に転嫁される。
If his employer is a farmer, the final payment, together with a like overcharge, will fall upon the rent of the landlord.
もし彼の雇用主が農民ならば、最終的な支払いは、同様の過剰請求と共に、地主の地代に転嫁される。

 It is otherwise with taxes upon what I call luxuries, even upon those of the poor.
私が贅沢品と呼ぶものに対する税金は、貧しい人々に対するものでさえ、そうではない。
The rise in the price of the taxed commodities, will not necessarily occasion any rise in the wages of labour.
課税された商品の価格の上昇は、必ずしも労働賃金の上昇をもたらすわけではない。
A tax upon tobacco, for example, though a luxury of the poor, as well as of the rich, will not raise wages.
例えば、タバコに対する税金は、富裕層だけでなく貧困層の贅沢品でもあるが、賃金は上昇しない。
Though it is taxed in England at three times, and in France at fifteen times its original price, those high duties seem to have no effect upon the wages of labour.
イギリスでは3倍、フランスでは15倍の税金が課せられているが、これらの高額な関税は労働賃金に影響を与えていないようだ。
The same thing maybe said of the taxes upon tea and sugar, which, in England and Holland, have become luxuries of the lowest ranks of people;
イギリスやオランダでは、最下層の人々の贅沢品となっているお茶や砂糖に対する税金についても同じことが言える。
and of those upon chocolate, which, in Spain, is said to have become so.
スペインではチョコレートもそうであると言われている。

 The different taxes which, in Great Britain, have, in the course of the present century, been imposed upon spiritous liquors, are not supposed to have had any effect upon the wages of labour.
イギリスでは、今世紀中に酒類に課せられたさまざまな税金は、労働賃金に何の影響も及ぼさなかったと考えられている。
The rise in the price of porter, occasioned by an additional tax of three shillings upon the barrel of strong beer, has not raised the wages of common labour in London.
強いビールの樽に3シリングを課税したことによるポーター価格の上昇は、ロンドンの一般労働者の賃金を引き上げることはなかった。
These were about eighteen pence or twenty pence a-day before the tax, and they are not more now.
課税前は1日18ペンスか20ペンスだったが、今もそれ以上ではない。

 The high price of such commodities does not necessarily diminish the ability of the inferior ranks of people to bring up families.
そのような商品の価格が高くても、下層階級の人々が家族を養う能力が低下するわけではない。
Upon the sober and industrious poor, taxes upon such commodities act as sumptuary laws, and dispose them either to moderate, or to refrain altogether from the use of superfluities which they can no longer easily afford.
地味で勤勉な貧しい人々にとって、そのような商品に対する税金は奢侈禁止法として機能し、彼らがもはや簡単に買うことができなくなった贅沢品の使用を控えさせるか、あるいは完全に控えさせる。
Their ability to bring up families, in consequence of this forced frugality, instead of being diminished, is frequently, perhaps, increased by the tax.
このような強制的な節約の結果、家族を養う能力は低下するどころか、むしろ税金によって増加することが多い。
It is the sober and industrious poor who generally bring up the most numerous families, and who principally supply the demand for useful labour.
一般的に最も多くの家族を養い、有用な労働力の需要を主に供給しているのは、地味で勤勉な貧しい人々である。
All the poor, indeed, are not sober and industrious;
確かに、すべての貧しい人々が地味で勤勉なわけではない。
and the dissolute and disorderly might continue to indulge themselves in the use of such commodities, after this rise of price, in the same manner as before, without regarding the distress which this indulgence might bring upon their families.
そして、放蕩で無秩序な人々は、この価格上昇後も、以前と同じように、そのような商品の使用に耽り続け、この耽溺が家族にもたらす苦悩を顧みないかもしれない。
Such disorderly persons, however, seldom rear up numerous families, their children generally perishing from neglect, mismanagement, and the scantiness or unwholesomeness of their food.
しかし、そのような無秩序な人々は、めったに大家族を養うことはなく、彼らの子供たちは一般的に、怠慢、不手際、食料の不足や不健康さから死んでしまう。
If by the strength of their constitution, they survive the hardships to which the bad conduct of their parents exposes them, yet the example of that bad conduct commonly corrupts their morals;
彼らが体質の強さによって、親の悪行によってさらされた困難を乗り越えたとしても、その悪行の例は、一般的に彼らの道徳を堕落させる。
so that, instead of being useful to society by their industry, they become public nuisances by their vices and disorders.
そのため、彼らは勤勉によって社会に役立つどころか、悪徳や無秩序によって公害となってしまう。
Through the advanced price of the luxuries of the poor, therefore, might increase somewhat the distress of such disorderly families, and thereby diminish somewhat their ability to bring up children, it would not probably diminish much the useful population of the country.
したがって、貧困層の贅沢品の価格上昇によって、そのような無秩序な家庭の苦悩が多少増大し、それによって子供を育てる能力が多少低下するかもしれないが、国の有用な人口が大幅に減少することはないだろう。

 Any rise in the average price of necessaries, unless it be compensated by a proportionable rise in the wages of labour, must necessarily diminish, more or less, the ability of the poor to bring up numerous families, and, consequently, to supply the demand for useful labour;
必需品の平均価格の上昇は、労働賃金の比例的な上昇によって補償されない限り、必然的に、貧困層が大家族を養い、その結果、有用な労働の需要を満たす能力を多かれ少なかれ減少させる。
whatever may be the state of that demand, whether increasing, stationary, or declining;
その需要の状態がどのようなものであれ、増加、停滞、減少のいずれであれ、
or such as requires an increasing, stationary, or declining population.
あるいは、人口の増加、停滞、減少を必要とするものである。

 Taxes upon luxuries have no tendency to raise the price of any other commodities, except that of the commodities taxed.
贅沢品に対する税は、課税された商品の価格を除いて、他のどの商品の価格も上げる傾向はない。
Taxes upon necessaries, by raising the wages of labour, necessarily tend to raise the price of all manufactures, and consequently to diminish the extent of their sale and consumption.
必需品に対する税は、労働賃金を引き上げることで、必然的にすべての製造品の価格を引き上げ、その結果、販売と消費の規模を縮小させる傾向がある。
Taxes upon luxuries are finally paid by the consumers of the commodities taxed, without any retribution.
贅沢品に対する税は、最終的には課税された商品の消費者が支払うことになり、報復はない。
They fall indifferently upon every species of revenue, the wages of labour, the profits of stock, and the rent of land.
これらは、あらゆる種類の収入、労働賃金、株の利益、土地の賃料に無差別に課せられる。
Taxes upon necessaries, so far as they affect the labouring poor, are finally paid, partly by landlords, in the diminished rent of their lands, and partly by rich consumers, whether landlords or others, in the advanced price of manufactured goods;
必需品に対する税は、労働貧民に影響を与える限り、最終的には、一部は地主が土地の賃料の減少で、一部は地主であろうとなかろうと、富裕な消費者が工業製品の価格上昇で支払うことになる。
and always with a considerable overcharge.
そして、常にかなりの過大請求を伴う。
The advanced price of such manufactures as are real necessaries of life, and are destined for the consumption of the poor, of coarse woollens, for example, must be compensated to the poor by a farther advancement of their wages.
生活に本当に必要なものであり、貧しい人々の消費に充てられる粗毛織物などの工業製品の価格上昇は、賃金のさらなる上昇によって貧しい人々に補償されなければならない。
The middling and superior ranks of people, if they understood their own interest, ought always to oppose all taxes upon the necessaries of life, as well as all taxes upon the wages of labour.
中流階級と上流階級の人々は、もし自分の利益を理解しているなら、生活必需品に対するあらゆる税金や労働賃金に対するあらゆる税金に常に反対するべきである。
The final payment of both the one and the other falls altogether upon themselves, and always with a considerable overcharge.
どちらの税金も最終的には自分たちの負担となり、常にかなりの過大請求を伴う。
They fall heaviest upon the landlords, who always pay in a double capacity;
彼らは常に二重の資格で支払う地主に最も重くのしかかる。
in that of landlords, by the reduction, of their rent;
地主の場合には、地代の減少によってである。
and in that of rich consumers, by the increase of their expense.
富裕な消費者の場合には、支出の増加によってである。
The observation of Sir Matthew Decker, that certain taxes are, in the price of certain goods, sometimes repeated and accumulated four or five times, is perfectly just with regard to taxes upon the necessaries of life.
マシュー・デッカー卿の観察によると、ある種の税金は、ある種の商品の価格に四、五回も重ねて累積されることがあるというが、生活必需品に対する税金については、これはまったく正しい。
In the price of leather, for example, you must pay not only for the tax upon the leather of your own shoes, but for a part of that upon those of the shoemaker and the tanner.
たとえば、革の価格では、自分の靴の革にかかる税金だけでなく、靴屋や皮なめし業者の革にかかる税金の一部も支払わなければならない。
You must pay, too, for the tax upon the salt, upon the soap, and upon the candles which those workmen consume while employed in your service;
あなたはまた、これらの職人があなたのために働いている間に消費する塩、石鹸、ろうそくに対する税金も支払わなければならない。
and for the tax upon the leather, which the saltmaker, the soap-maker, and the candle-maker consume, while employed in their service.
そして、塩職人、石鹸職人、ろうそく職人が働いている間に消費する革に対する税金も支払わなければならない。

 In Great Britain, the principal taxes upon the necessaries of life, are those upon the four commodities just now mentioned, salt, leather, soap, and candles.
イギリスでは、生活必需品に対する主な税金は、今述べた四つの商品、塩、革、石鹸、ろうそくに対するものである。

 Salt is a very ancient and a very universal subject of taxation.
塩は非常に古く、非常に普遍的な課税対象である。
It was taxed among the Romans, and it is so at present in, I believe, every part of Europe.
塩はローマ人の間でも課税されていたし、現在でもヨーロッパのあらゆる地域で課税されていると思う。
The quantity annually consumed by any individual is so small, and may be purchased so gradually, that nobody, it seems to have been thought, could feel very sensibly even a pretty heavy tax upon it.
塩は、個人が年間に消費する量が非常に少なく、また、少しずつ購入することができるので、かなり重い税金をかけても、誰もあまり感じないだろうと考えられたようだ。
It is in England taxed at three shillings and fourpence a bushel;
イギリスでは、塩は1ブッシェルあたり3シリング4ペンスの税金がかけられている。
about three times the original price of the commodity.
これは、塩の元の価格の約3倍である。
In some other countries, the tax is still higher.
他の国では、税金はさらに高い。
Leather is a real necessary of life.
皮革は生活に本当に必要なものだ。
The use of linen renders soap such.
リネンの使用は石鹸をそのようなものにしている。
In countries where the winter nights are long, candles are a necessary instrument of trade.
冬の夜が長い国では、ろうそくは貿易に必要な道具である。
Leather and soap are in Great Britain taxed at three halfpence a-pound; candles at a penny; taxes which, upon the original price of leather, may amount to about eight or ten per cent.; upon that of soap, to about twenty or five-and-twenty per cent.; and upon that of candles to about fourteen or fifteen per cent.; taxes which, though lighter than that upon salt, are still very heavy.
皮革と石鹸はイギリスでは一ポンドにつき三ハーフペンスの税金がかけられ、ろうそくは一ペニーの税金がかけられている。皮革の元値に対する税金は約八から一〇パーセントにのぼり、石鹸の元値に対する税金は約二〇から二五パーセントにのぼり、ろうそくの元値に対する税金は約一四から一五パーセントにのぼる。塩に対する税金よりは軽いが、それでも非常に重い税金である。
As all those four commodities are real necessaries of life, such heavy taxes upon them must increase somewhat the expense of the sober and industrious poor, and must consequently raise more or less the wages of their labour.
これら四つの商品はすべて生活に本当に必要なものなので、それらにかかる重税は、地味で勤勉な貧しい人々の出費を多少増やし、その結果、彼らの労働賃金を多少なりとも上昇させなければならない。

 In a country where the winters are so cold as in Great Britain, fuel is, during that season, in the strictest sense of the word, a necessary of life, not only for the purpose of dressing victuals, but for the comfortable subsistence of many different sorts of workmen who work within doors;
イギリスのように冬が寒い国では、その季節には燃料は、言葉の最も厳密な意味で、食料を調理する目的だけでなく、屋内で働く多くの異なる種類の労働者の快適な生活のために、生活必需品である。
and coals are the cheapest of all fuel.
そして石炭はすべての燃料の中で最も安い。
The price of fuel has so important an influence upon that of labour, that all over Great Britain, manufactures have confined themselves principally to the coal counties;
燃料の価格は労働の価格に非常に重要な影響を及ぼすので、イギリス全土で製造業は主に石炭産出地に限定されている。
other parts of the country, on account of the high price of this necessary article, not being able to work so cheap.
国の他の地域では、この必需品の価格が高いため、それほど安く働くことができない。
In some manufactures, besides, coal is a necessary instrument of trade;
そのうえ、一部の製造業では石炭は貿易に必要な道具である。
as in those of glass, iron, and all other metals.
ガラス、鉄、その他すべての金属の製造業のように。
If a bounty could in any case be reasonable, it might perhaps be so upon the transportation of coals from those parts of the country in which they abound, to those in which they are wanted.
補助金がどんな場合でも合理的であるならば、石炭が豊富な国の地域から石炭が不足している地域への石炭の輸送に対しても、おそらくそうだろう。
But the legislature, instead of a bounty, has imposed a tax of three shillings and threepence a-ton upon coals carried coastways;
しかし、立法府は補助金の代わりに、沿岸で運搬される石炭に1トンあたり3シリング3ペンスの税金を課した。
which, upon most sorts of coal, is more than sixty per cent.
これは、ほとんどの種類の石炭に対して60パーセント以上である。
of the original price at the coal pit.
炭鉱での元値の。
Coals carried, either by land or by inland navigation, pay no duty.
陸路または内陸水路で運搬される石炭には、関税はかからない。
Where they are naturally cheap, they are consumed duty free;
石炭がもともと安い場所では、無税で消費される。
where they are naturally dear, they are loaded with a heavy duty.
石炭がもともと高価な場所では、重税が課せられる。

 Such taxes, though they raise the price of subsistence, and consequently the wages of labour, yet they afford a considerable revenue to government, which it might not be easy to find in any other way.
このような税は、生活必需品の価格を上げ、その結果労働賃金も上げるが、政府にかなりの収入をもたらし、他の方法では簡単には得られないかもしれない。
There may, therefore, be good reasons for continuing them.
したがって、それを続けるべき十分な理由があるかもしれない。
The bounty upon the exportation of corn, so far as it tends, in the actual state of tillage, to raise the price of that necessary article, produces all the like bad effects;
穀物の輸出に対する奨励金は、耕作の現状において、その必需品の価格を上げる傾向がある限り、同様の悪影響をすべて生み出す。
and instead of affording any revenue, frequently occasions a very great expense to government.
そして、収入を得る代わりに、しばしば政府に非常に大きな出費をもたらす。
The high duties upon the importation of foreign corn, which, in years of moderate plenty, amount to a prohibition;
外国産穀物の輸入に対する高関税は、適度に豊作の年には禁止に等しい。
and the absolute prohibition of the importation, either of live cattle, or of salt provisions, which takes place in the ordinary state of the law, and which, on account of the scarcity, is at present suspended for a limited time with regard to Ireland and the British plantations, have all had the bad effects of taxes upon the necessaries of life, and produce no revenue to government.
そして、生きた牛や塩漬け食料の輸入の絶対禁止は、通常の法律の状態で行われ、不足のために、現在、アイルランドとイギリスの農園に関して一定期間停止されているが、すべて生活必需品に対する税金の悪影響があり、政府に収入をもたらさない。
Nothing seems necessary for the repeal of such regulations, but to convince the public of the futility of that system in consequence of which they have been established.
このような規制を廃止するために必要なことは、その結果として確立された制度の無益さを国民に納得させること以外には何もないように思われる。

 Taxes upon the necessaries of life are much higher in many other countries than in Great Britain.
生活必需品に対する税金は、イギリスよりも他の多くの国でずっと高い。
Duties upon flour and meal when ground at the mill, and upon bread when baked at the oven, take place in many countries.
粉ひき小屋で挽いた小麦粉や食事、オーブンで焼いたパンに対する関税は、多くの国で課せられている。
In Holland the money-price of the bread consumed in towns is supposed to be doubled by means of such taxes.
オランダでは、町で消費されるパンの貨幣価格は、そのような税金によって倍になるとされている。
In lieu of a part of them, the people who live in the country, pay every year so much a-head, according to the sort of bread they are supposed to consume.
その一部の代わりに、その国に住む人々は、彼らが消費すると想定されるパンの種類に応じて、毎年一人当たりかなりの額を支払う。
Those who consume wheaten bread pay three guilders fifteen stivers;
小麦粉パンを消費する人は、三ギルダー十五スティーバーを支払う。
about six shillings and ninepence halfpenny.
約六シリング九ペンス半ペニーである。
Those, and some other taxes of the same kind, by raising the price of labour, are said to have ruined the greater part of the manufactures of Holland {Memoires concernant les Droits, etc.
これらや、同じ種類の他の税金は、労働価格を上げることで、オランダの製造業の大部分を破壊したと言われている。
p. 210, 211.}.
210、211頁}。
Similar taxes, though not quite so heavy, take place in the Milanese, in the states of Genoa, in the duchy of Modena, in the duchies of Parma, Placentia, and Guastalla, and the Ecclesiastical state.
同じような税金は、それほど重くはないが、ミラノ、ジェノヴァ、モデナ公国、パルマ、プラセンティア、グアスタラ公国、教皇領でも課せられている。
A French author {Le Reformateur} of some note, has proposed to reform the finances of his country, by substituting in the room of the greater part of other taxes, this most ruinous of all taxes.
ある著名なフランス人作家(ル・レフォルマトゥール)は、他の税金の大部分の代わりに、この最も破壊的な税金を課すことで、自国の財政を改革することを提案した。
There is nothing so absurd, says Cicero, which has not sometimes been asserted by some philosophers.
キケロは、これほど馬鹿げたことはなく、一部の哲学者によって主張されたことがないと述べている。

 Taxes upon butcher’s meat are still more common than those upon bread.
肉に対する税金は、パンに対する税金よりもさらに一般的である。
It may indeed be doubted, whether butcher’s meat is any where a necessary of life.
肉がどこであれ生活必需品であるかどうかは、確かに疑わしい。
Grain and other vegetables, with the help of milk, cheese, and butter, or oil, where butter is not to be had, it is known from experience, can, without any butcher’s meat, afford the most plentiful, the most wholesome, the most nourishing, and the most invigorating diet.
穀物やその他の野菜は、牛乳、チーズ、バター、またはバターが手に入らない場合は油の助けを借りて、肉がなくても、最も豊富で、最も健康的で、最も栄養価が高く、最も元気を与える食事を摂ることができることが経験からわかっている。
Decency nowhere requires that any man should eat butcher’s meat, as it in most places requires that he should wear a linen shirt or a pair of leather shoes.
ほとんどの場所では、麻のシャツや革靴を履く必要があるように、礼儀正しさはどこでも肉を食べることを要求していない。

 Consumable commodities, whether necessaries or luxuries, may be taxed in two different ways.
消費財は、必需品であれ贅沢品であれ、二つの異なる方法で課税される。
The consumer may either pay an annual sum on account of his using or consuming goods of a certain kind;
消費者は、ある種の商品を使用または消費したことに対して、年額を支払うことができる。
or the goods may be taxed while they remain in the hands of the dealer, and before they are delivered to the consumer.
あるいは、商品が販売者の手元にある間に、消費者に引き渡される前に課税される。
The consumable goods which last a considerable time before they are consumed altogether, are most properly taxed in the one way;
消費されるまでにかなりの時間を要する消費財は、一方の方法で課税されるのが最も適切である。
those of which the consumption is either immediate or more speedy, in the other.
消費が即時的またはより迅速なものは、他方の方法で課税される。
The coach-tax and plate tax are examples of the former method of imposing;
馬車税や食器税は、前者の課税方法の例である。
the greater part of the other duties of excise and customs, of the latter.
その他の物品税や関税の大部分は、後者の課税方法である。

 A coach may, with good management, last ten or twelve years.
馬車は、うまく管理すれば、10年から12年もつ。
It might be taxed, once for all, before it comes out of the hands of the coach-maker.
馬車は、馬車製造業者の手から出るまでの間に、一度だけ課税される。
But it is certainly more convenient for the buyer to pay four pounds a-year for the privilege of keeping a coach, than to pay all at once forty or forty-eight pounds additional price to the coach-maker; or a sum equivalent to what the tax is likely to cost him during the time he uses the same coach.
しかし、馬車を所有する特権のために、馬車製造業者に一度に40ポンドや48ポンドの追加料金を支払うよりも、年間4ポンドを支払う方が、買い手にとって確かに都合がよい。あるいは、同じ馬車を使用している間にかかる税金に相当する金額を支払うよりも、年間4ポンドを支払う方が都合がよい。
A service of plate in the same manner, may last more than a century.
同様に、銀食器は1世紀以上もつ。
It is certainly-easier for the consumer to pay five shillings a-year for every hundred ounces of plate, near one per cent.
消費者にとって、銀食器100オンスごとに年間5シリング、つまり1パーセント近くを支払う方が、確かに楽である。
of the value, than to redeem this long annuity at five-and-twenty or thirty years purchase, which would enhance the price at least five-and-twenty or thirty per cent.
価値の、この長期年金を25年または30年で買い取るよりも、少なくとも25パーセントまたは30パーセント価格が上昇する。
The different taxes which affect houses, are certainly more conveniently paid by moderate annual payments, than by a heavy tax of equal value upon the first building or sale of the house.
住宅にかかるさまざまな税金は、住宅の最初の建築や販売時に同額の重税を課すよりも、適度な年払いで支払う方が確かに都合がよい。

 It was the well-known proposal of Sir Matthew Decker, that all commodities, even those of which the consumption is either immediate or speedy, should be taxed in this manner;
マシュー・デッカー卿の有名な提案は、すべての商品、即時または迅速に消費されるものも含めて、この方法で課税されるべきだというものだ。
the dealer advancing nothing, but the consumer paying a certain annual sum for the licence to consume certain goods.
業者は何も前払いせず、消費者は特定の商品を消費する許可証に対して一定の年額を支払うというものである。
The object of his scheme was to promote all the different branches of foreign trade, particularly the carrying trade, by taking away all duties upon importation and exportation, and thereby enabling the merchant to employ his whole capital and credit in the purchase of goods and the freight of ships, no part of either being diverted towards the advancing of taxes,
彼の計画の目的は、輸出入関税をすべて撤廃し、それによって商人が全資本と信用を商品の購入と船の運賃に投入できるようにすることで、外国貿易のあらゆる部門、特に運送業を発展させることにあった。
The project, however, of taxing, in this manner, goods of immediate or speedy consumption, seems liable to the four following very important objections.
しかし、この方法で即時または迅速に消費される商品に課税するという計画は、以下の4つの非常に重要な異議申し立ての対象となるように思われる。
First, the tax would be more unequal, or not so well proportioned to the expense and consumption of the different contributors, as in the way in which it is commonly imposed.
第一に、税金は、通常課せられるやり方よりも不平等になるか、あるいは、異なる納税者の支出と消費にそれほど比例しなくなるだろう。
The taxes upon ale, wine, and spiritous liquors, which are advanced by the dealers, are finally paid by the different consumers, exactly in proportion to their respective consumption.
業者が前払いするビール、ワイン、蒸留酒に対する税金は、最終的にはそれぞれの消費量に正確に比例して、さまざまな消費者によって支払われる。
But if the tax were to be paid by purchasing a licence to drink those liquors, the sober would, in proportion to his consumption, be taxed much more heavily than the drunken consumer.
しかし、もしこれらの酒を飲むための許可証を購入することで税金を支払うことになったら、酒を飲まない人は、消費量に比例して、酒を飲む人よりもはるかに重い税金を課せられる。
A family which exercised great hospitality, would be taxed much more lightly than one who entertained fewer guests.
手厚いもてなしをする家庭は、客をあまり招かない家庭よりもはるかに軽い税金を課せられる。
Secondly, this mode of taxation, by paying for an annual, half-yearly, or quarterly licence to consume certain goods, would diminish very much one of the principal conveniences of taxes upon goods of speedy consumption;
第二に、この課税方法は、特定の商品を消費するための年額、半年額、または四半期額の許可証を支払うことで、迅速に消費される商品に対する税金の主な利便性の1つを大幅に減らすことになる。
the piece-meal payment.
分割払いである。
In the price of threepence halfpenny, which is at present paid for a pot of porter, the different taxes upon malt, hops, and beer, together with the extraordinary profit which the brewer charges for having advanced than, may perhaps amount to about three halfpence.
ポーター一杯に現在支払われている三ペンス半の価格には、麦芽、ホップ、ビールに対するさまざまな税金と、醸造業者が前払いしたことで請求する特別利益が、おそらく三ペンス半ほど含まれている。
If a workman can conveniently spare those three halfpence, he buys a pot of porter.
労働者がこの三ペンス半を都合よく捻出できるなら、彼はポーター一杯を買う。
If he cannot, he contents himself with a pint;
捻出できないなら、彼はパイントで我慢する。
and, as a penny saved is a penny got, he thus gains a farthing by his temperance.
そして、一ペニー節約すれば一ペニー手に入るので、彼はこうして節制によって一ファージングを得る。
He pays the tax piece-meal, as he can afford to pay it, and when he can afford to pay it, and every act of payment is perfectly voluntary, and what he can avoid if he chuses to do so.
彼は税金を支払う余裕があるときに、支払う余裕がある分だけ支払い、支払いの行為はすべて完全に自発的であり、そうしたいと思ったら避けることができる。
Thirdly, such taxes would operate less as sumptuary laws.
第三に、そのような税は奢侈禁止法としての効果が小さい。
When the licence was once purchased, whether the purchaser drunk much or drunk little, his tax would be the same.
一度許可証を購入すれば、購入者が飲酒量の多寡にかかわらず、税額は同じである。
Fourthly, if a workman were to pay all at once, by yearly, half-yearly, or quarterly payments, a tax equal to what he at present pays, with little or no inconveniency, upon all the different pots and pints of porter which he drinks in any such period of time, the sum might frequently distress him very much.
第四に、もし労働者が、現在支払っている税額に等しい税金を、年払い、半年払い、四半期払いで、一括して支払うとしたら、そのような期間に飲むポーター酒のすべてのポットやパイントに対して、ほとんど、あるいはまったく不便を感じずに支払うとしても、その合計額はしばしば彼を非常に苦しめることがある。
This mode of taxation, therefore, it seems evident, could never, without the most grievous oppression, produce a revenue nearly equal to what is derived from the present mode without any oppression.
したがって、この課税方法は、最も悲惨な抑圧なしには、現在の方法から得られる収入にほぼ等しい収入を、何の抑圧もなしに生み出すことはできないように思われる。
In several countries, however, commodities of an immediate or very speedy consumption are taxed in this manner.
しかし、いくつかの国では、即時または非常に迅速に消費される商品には、この方法で課税されている。
In Holland, people pay so much a-head for a licence to drink tea.
オランダでは、人々はお茶を飲む許可証に一人当たりかなりの金額を支払っている。
I have already mentioned a tax upon bread, which, so far as it is consumed in farm houses and country villages, is there levied in the same manner.
すでに述べたように、農家や田舎の村で消費されるパンには、同じように課税されている。

 The duties of excise are imposed chiefly upon goods of home produce, destined for home consumption.
物品税は、主に国内消費を目的とした国産品に課せられる。
They are imposed only upon a few sorts of goods of the most general use.
物品税は、最も一般的に使用される数種類の商品にのみ課せられる。
There can never be any doubt, either concerning the goods which are subject to those duties, or concerning the particular duty which each species of goods is subject to.
これらの関税の対象となる商品に関しても、各商品に課せられる特定の関税に関しても、疑問の余地はない。
They fall almost altogether upon what I call luxuries, excepting always the four duties above mentioned, upon salt, soap, leather, candles, and perhaps that upon green glass.
塩、石鹸、革、ろうそく、そしておそらく緑色のガラスに課せられる上記の四つの関税を除いて、それらはほとんどすべて私が贅沢品と呼ぶものに課せられる。

 The duties of customs are much more ancient than those of excise.
関税は物品税よりもはるかに古い。
They seem to have been called customs, as denoting customary payments, which had been in use for time immemorial.
関税は、太古の昔から使われていた慣習的な支払いを意味するcustomsと呼ばれていたようだ。
They appear to have been originally considered as taxes upon the profits of merchants.
関税はもともと商人の利益に対する税金と考えられていたとみられる。
During the barbarous times of feudal anarchy, merchants, like all the other inhabitants of burghs, were considered as little better than emancipated bondmen, whose persons were despised, and whose gains were envied.
封建無政府の野蛮な時代には、商人は、他のすべての都市住民と同様に、人格を軽蔑され、利益を妬まれた解放奴隷とほとんど変わらないと考えられていた。
The great nobility, who had consented that the king should tallage the profits of their own tenants, were not unwilling that he should tallage likewise those of an order of men whom it was much less their interest to protect.
王が自分たちの小作人の利益に課税することに同意していた大貴族は、王が自分たちの利益を守るよりもはるかに少ない人々の階級の利益に課税することにも不本意ではなかった。
In those ignorant times, it was not understood, that the profits of merchants are a subject not taxable directly;
このような無知な時代には、商人の利益は直接課税の対象ではないということは理解されていなかった。
or that the final payment of all such taxes must fall, with a considerable overcharge, upon the consumers.
あるいは、そうしたすべての税金の最終的な支払いは、かなりの過大請求とともに消費者に降りかかるに違いないということは理解されていなかった。

 The gains of alien merchants were looked upon more unfavourably than those of English merchants.
外国商人の利益は、イギリス商人の利益よりも不利に見られていた。
It was natural, therefore, that those of the former should be taxed more heavily than those of the latter.
したがって、前者の利益には後者の利益よりも重い税が課せられるのは当然のことだった。
This distinction between the duties upon aliens and those upon English merchants, which was begun from ignorance, has been continued front the spirit of monopoly, or in order to give our own merchants an advantage, both in the home and in the foreign market.
無知から始まったこの外国商人とイギリス商人に対する関税の区別は、独占の精神から、あるいは国内市場と海外市場の両方で自国の商人に有利にするために続けられた。

 With this distinction, the ancient duties of customs were imposed equally upon all sorts of goods, necessaries as well its luxuries, goods exported as well as goods imported.
この区別を除いて、古代の関税は、必需品も贅沢品も、輸出品も輸入品も、あらゆる種類の商品に平等に課せられていた。
Why should the dealers in one sort of goods, it seems to have been thought, be more favoured than those in another?
ある種の商品の取引業者が、他の取引業者よりも優遇されるべき理由はないと考えられたようだ。
or why should the merchant exporter be more favoured than the merchant importer?
あるいは、輸出商が輸入商よりも優遇されるべき理由はないと考えられたようだ。

 The ancient customs were divided into three branches.
古代の関税は三つの部門に分けられていた。
The first, and, perhaps, the most ancient of all those duties, was that upon wool and leather.
最初の、そしておそらく最も古い関税は、羊毛と皮革に対するものだった。
It seems to have been chiefly or altogether an exportation duty.
それは主に、あるいはもっぱら輸出税だったようだ。
When the woollen manufacture came to be established in England, lest the king should lose any part of his customs upon wool by the exportation of woollen cloths, a like duty was imposed upon them.
毛織物工業がイギリスに定着すると、毛織物の輸出によって国王が羊毛に対する関税の一部を失うことのないように、毛織物にも同様の関税が課せられた。
The other two branches were, first, a duty upon wine, which being imposed at so much a-ton, was called a tonnage;
他の二つの部門は、第一に、ワインに課せられる関税で、これはトン当たりに課せられるので、トン税と呼ばれていた。
and, secondly, a duty upon all other goods, which being imposed at so much a-pound of their supposed value, was called a poundage.
第二に、他のすべての品物に課せられる関税で、これは想定される価値の1ポンド当たりに課せられるので、ポンド税と呼ばれていた。
In the forty-seventh year of Edward III., a duty of sixpence in the pound was imposed upon all goods exported and imported, except wools, wool-felts, leather, and wines which were subject to particular duties.
エドワード三世の四十七年には、羊毛、羊毛フェルト、皮革、ワインなど特別な関税の対象となるものを除き、輸出入されるすべての品物に1ポンドあたり6ペンスの関税が課せられた。
In the fourteenth of Richard II., this duty was raised to one shilling in the pound;
リチャード二世の十四年には、この関税は1ポンドあたり1シリングに引き上げられた。
but, three years afterwards, it was again reduced to sixpence.
しかし、三年後には再び6ペンスに引き下げられた。
It was raised to eightpence in the second year of Henry IV.; and, in the fourth of the same prince, to one shilling.
ヘンリー四世の二年目には8ペンスに引き上げられ、同じ王の四年目には1シリングに引き上げられた。
From this time to the ninth year of William III., this duty continued at one shilling in the pound.
このときからウィリアム三世の九年目まで、この関税は1ポンドあたり1シリングのままだった。
The duties of tonnage and poundage were generally granted to the king by one and the same act of parliament, and were called the subsidy of tonnage and poundage.
トン税とポンド税は、通常、国王に議会の同一の法令によって認められ、トン税とポンド税の補助金と呼ばれた。
The subsidy of poundage having continued for so long a time at one shilling in the pound, or at five per cent., a subsidy came, in the language of the customs, to denote a general duty of this kind of five per cent.
ポンド税の補助金は、長い間1ポンドあたり1シリング、つまり5パーセントで続いたため、関税の用語では、補助金は5パーセントのこの種の一般関税を意味するようになった。
This subsidy, which is now called the old subsidy, still continues to be levied, according to the book of rates established by the twelfth of Charles II.
この補助金は、現在では旧補助金と呼ばれ、チャールズ二世の十二年目に制定された税率表に基づいて、現在も徴収され続けている。
The method of ascertaining, by a book of rates, the value of goods subject to this duty, is said to be older than the time of James I.
税率表によって、この関税の対象となる商品の価値を確定させる方法は、ジェームズ一世の時代よりも古いと言われている。
The new subsidy, imposed by the ninth and tenth of William III., was an additional five per cent.
ウィリアム三世の九年目と十年目に課せられた新しい補助金は、さらに5パーセントだった。
upon the greater part of goods.
商品の大部分に課せられた。
The one-third and the two-third subsidy made up between them another five per cent.
三分の一と三分の二の補助金は、その間にさらに5パーセントを占めた。
of which they were proportionable parts.
これらは、そのうちの比例した部分だった。
The subsidy of 1747 made a fourth five per cent.
1747年の補助金は、四つ目の5パーセントとなった。
upon the greater part of goods;
商品の大部分に課せられた。
and that of 1759, a fifth upon some particular sorts of goods.
そして1759年の補助金は、五つ目の5パーセントとなった。
Besides those five subsidies, a great variety of other duties have occasionally been imposed upon particular sorts of goods, in order sometimes to relieve the exigencies of the state, and sometimes to regulate the trade of the country, according to the principles of the mercantile system.
これらの五つの補助金のほかに、国家の緊急事態を救済するため、また、重商主義の原則に従って、国の貿易を規制するために、特定の種類の商品に、時折、他の多種多様な関税が課せられた。

 That system has come gradually more and more into fashion.
この制度は、しだいに流行するようになった。
The old subsidy was imposed indifferently upon exportation, as well as importation.
古い補助金は、輸入だけでなく輸出にも無差別に課せられた。
The four subsequent subsidies, as well as the other duties which have since been occasionally imposed upon particular sorts of goods, have, with a few exceptions, been laid altogether upon importation.
その後の四つの補助金は、それ以来、特定の種類の商品に時折課せられてきた他の関税と同様に、わずかな例外を除いて、すべて輸入に課せられてきた。
The greater part of the ancient duties which had been imposed upon the exportation of the goods of home produce and manufacture, have either been lightened or taken away altogether.
国産品や国産品の輸出に課せられていた古代の関税の大部分は、軽減されたか、あるいは完全に撤廃された。
In most cases, they have been taken away.
ほとんどの場合、それらは取り去られた。
Bounties have even been given upon the exportation of some of them.
それらの一部の輸出に対しては、補助金さえ与えられた。
Drawbacks, too, sometimes of the whole, and, in most cases, of a part of the duties which are paid upon the importation of foreign goods, have been granted upon their exportation.
外国製品の輸入に際して支払われる関税の一部、あるいはほとんどの場合、その全部について、輸出に際して払い戻しが認められている。
Only half the duties imposed by the old subsidy upon importation, are drawn back upon exportation;
古い補助金によって輸入に課せられた関税の半分だけが、輸出の際に払い戻される。
but the whole of those imposed by the latter subsidies and other imposts are, upon the greater parts of the goods, drawn back in the same manner.
しかし、後者の補助金やその他の課税によって課せられた関税の全額は、商品の大部分について、同様に払い戻される。
This growing favour of exportation, and discouragement of importation, have suffered only a few exceptions, which chiefly concern the materials of some manufactures.
輸出を優遇し、輸入を阻害するこの傾向は、主に一部の製造業の原材料に関するわずかな例外を除いて、拡大している。
These our merchants and manufacturers are willing should come as cheap as possible to themselves, and as dear as possible to their rivals and competitors in other countries.
これらの原材料は、我が国の商人や製造業者にとってできるだけ安く、他の国の競合他社にとってはできるだけ高く入手できることが望ましい。
Foreign materials are, upon this account, sometimes allowed to be imported duty-free; spanish wool, for example, flax, and raw linen yarn.
このため、外国の原材料は、スペイン産の羊毛、亜麻、生麻糸など、無税で輸入できることがある。
The exportation of the materials of home produce, and of those which are the particular produce of our colonies, has sometimes been prohibited, and sometimes subjected to higher duties.
国産の原材料や植民地の特定の産物の輸出は、禁止されたり、高関税が課せられたりすることがある。
The exportation of English wool has been prohibited.
英国産羊毛の輸出は禁止されている。
That of beaver skins, of beaver wool, and of gum-senega, has been subjected to higher duties;
ビーバーの皮、ビーバーの毛、セネガガムの輸出には高関税が課せられている。
Great Britain, by the conquests of Canada and Senegal, having got almost the monopoly of those commodities.
イギリスは、カナダとセネガルを征服したことで、これらの商品をほぼ独占している。

 That the mercantile system has not been very favourable to the revenue of the great body of the people, to the annual produce of the land and labour of the country, I have endeavoured to show in the fourth book of this Inquiry.
重商主義が、国民の大多数の収入や、国の土地と労働の年間生産物にあまり好ましくなかったことを、私はこの研究の第4巻で示そうと努力した。
It seems not to have been more favourable to the revenue of the sovereign;
重商主義は、君主の収入にもあまり好ましくなかったようである。
so far, at least, as that revenue depends upon the duties of customs.
少なくとも、その収入が関税に依存している限りは。

 In consequence of that system, the importation of several sorts of goods has been prohibited altogether.
この制度の結果、いくつかの種類の品物の輸入が全面的に禁止された。
This prohibition has, in some cases, entirely prevented, and in others has very much diminished, the importation of those commodities, by reducing the importers to the necessity of smuggling.
この禁止は、ある場合には、輸入業者を密輸の必要性に追い込むことで、それらの品物の輸入を完全に阻止し、またある場合には、非常に減少させた。
It has entirely prevented the importation of foreign wollens;
外国製の毛織物の輸入は完全に阻止された。
and it has very much diminished that of foreign silks and velvets,
外国製の絹やビロードの輸入は非常に減少した。
In both cases, it has entirely annihilated the revenue of customs which might have been levied upon such importation.
どちらの場合も、そうした輸入品に課せられたかもしれない関税収入を完全に消滅させた。

 The high duties which have been imposed upon the importation of many different sorts of foreign goods in order to discourage their consumption in Great Britain, have, in many cases, served only to encourage smuggling, and, in all cases, have reduced the revenues of the customs below what more moderate duties would have afforded.
イギリスでの消費を阻止するために、多くの異なる種類の外国製品の輸入に課せられた高関税は、多くの場合、密輸を助長するだけに終わり、いずれの場合も、関税収入をより穏当な関税がもたらすであろう額よりも低下させた。
The saying of Dr. Swift, that in the arithmetic of the customs, two and two, instead of making four, make sometimes only one, holds perfectly true with regard to such heavy duties, which never could have been imposed, had not the mercantile system taught us, in many cases, to employ taxation as an instrument, not of revenue, but of monopoly.
スウィフト博士の格言によれば、関税の算術では、二足す二は四になるのではなく、時には一になるだけだが、重税についてはこの格言は完全に真実であり、重商主義が多くの場合に課税を収入ではなく独占の道具として用いることを教えなかったら、重税は決して課せられなかったであろう。

 The bounties which are sometimes given upon the exportation of home produce and manufactures, and the drawbacks which are paid upon the re-exportation of the greater part of foreign goods, have given occasion to many frauds, and to a species of smuggling, more destructive of the public revenue than any other.
国産品や国産製品の輸出に与えられることがある奨励金や、外国製品の大部分の再輸出に支払われる払い戻し金は、多くの詐欺や、他の何よりも公的収入を破壊する密輸の一種を招いてきた。
In order to obtain the bounty or drawback, the goods, it is well known, are sometimes shipped, and sent to sea, but soon afterwards clandestinely re-landed in some other part of the country.
奨励金や払い戻し金を得るために、商品が船積みされて海に送られることがあるが、その後すぐに密かに国内の他の場所に再上陸させられることはよく知られている。
The defalcation of the revenue of customs occasioned by bounties and drawbacks, of which a great part are obtained fraudulently, is very great.
奨励金や払い戻し金によって生じる関税収入の横領は、その大部分が不正に取得されているが、非常に大きい。
The gross produce of the customs, in the year which ended on the 5th of January 1755, amounted to £5,068,000.
1755年1月5日に終わった年の税関の総生産額は506万8000ポンドに達した。
The bounties which were paid out of this revenue, though in that year there was no bounty upon corn, amounted to £167,806.
この収入から支払われた奨励金は、その年には穀物に対する奨励金がなかったにもかかわらず、16万7806ポンドに達した。
The drawbacks which were paid upon debentures and certificates, to £2,156,800.
債券や証明書に対して支払われた払い戻し金は215万6800ポンドに達した。
Bounties and drawbacks together amounted to £2,324,600.
奨励金と払い戻し金は合わせて232万4600ポンドに達した。
In consequence of these deductions, the revenue of the customs amounted only to £2,743,400;
これらの控除の結果、税関の収入はわずか274万3400ポンドに達した。
from which deducting £287,900 for the expense of management, in salaries and other incidents, the neat revenue of the customs for that year comes out to be £2,455,500.
そこから給与やその他の事案の管理費として28万7900ポンドを差し引くと、その年の税関の純収入は245万5500ポンドとなる。
The expense of management, amounts, in this manner, to between five and six per cent.
このように、管理費は5~6%にのぼる。
upon the gross revenue of the customs;
税関の総収入に対してである。
and to something more than ten per cent.
そして10%以上になる。
upon what remains of that revenue, after deducting what is paid away in bounties and drawbacks.
奨励金や払い戻しで支払われたものを差し引いた後の収入の残りに対してである。

 Heavy duties being imposed upon almost all goods imported, our merchant importers smuggle as much, and make entry of as little as they can.
輸入されるほとんどすべての品物に重税が課せられているので、我が国の輸入商人はできるだけ密輸し、できるだけ輸入を少なくする。
Our merchant exporters, on the contrary, make entry of more than they export;
反対に、我が国の輸出商人は輸出するよりも多く輸出申告する。
sometimes out of vanity, and to pass for great dealers in goods which pay no duty gain a bounty back.
時には虚栄心から、また無税で奨励金がもらえる品物の大商人と思われるために。
Our exports, in consequence of these different frauds, appear upon the custom-house books greatly to overbalance our imports, to the unspeakable comfort of those politicians, who measure the national prosperity by what they call the balance of trade.
これらのさまざまな不正行為の結果、我が国の輸出は税関の帳簿上、輸入を大幅に上回っているように見え、貿易収支と呼ばれるもので国の繁栄を測る政治家たちを言葉にできないほど安心させている。

 All goods imported, unless particularly exempted, and such exemptions are not very numerous, are liable to some duties of customs.
輸入されるすべての品物は、特に免除されない限り、またそのような免除は非常に多くはないが、関税の対象となる。
If any goods are imported, not mentioned in the book of rates, they are taxed at 4s:93⁄4d. for every twenty shillings value, according to the oath of the importer, that is, nearly at five subsidies, or five poundage duties.
関税率表に記載されていない品物が輸入された場合、輸入者の宣誓に基づき、20シリングごとに4シリング93⁄4ペンスの税金が課せられる。これはほぼ5つの補助金、または5つのポンド税に相当する。
The book of rates is extremely comprehensive, and enumerates a great variety of articles, many of them little used, and, therefore, not well known.
関税率表は非常に包括的で、多種多様な品目を列挙しているが、その多くはほとんど使われておらず、そのためあまり知られていない。
It is, upon this account, frequently uncertain under what article a particular sort of goods ought to be classed, and, consequently what duty they ought to pay.
このため、特定の種類の品物をどの品目に分類すべきか、またその結果、どのような関税を支払うべきかが不明確になることがよくある。
Mistakes with regard to this sometimes ruin the custom-house officer, and frequently occasion much trouble, expense, and vexation to the importer.
これに関する間違いは、税関職員を破滅させることがあり、輸入者に多くのトラブル、出費、悩みをもたらすことが多い。
In point of perspicuity, precision, and distinctness, therefore, the duties of customs are much inferior to those of excise.
したがって、明瞭性、正確性、明確性の点で、関税は消費税よりもはるかに劣っている。

 In order that the greater part of the members of any society should contribute to the public revenue, in proportion to their respective expense, it does not seem necessary that every single article of that expense should be taxed.
社会の構成員の大部分が、それぞれの支出に応じて公的収入に貢献するためには、その支出のすべての品目に課税する必要はないと思われる。
The revenue which is levied by the duties of excise is supposed to fall as equally upon the contributors as that which is levied by the duties of customs;
消費税によって徴収される収入は、関税によって徴収される収入と同様に、納税者に平等に課せられると考えられている。
and the duties of excise are imposed upon a few articles only of the most general used and consumption.
そして、消費税は、最も一般的に使用され消費される少数の品目にのみ課せられる。
It has been the opinion of many people, that, by proper management, the duties of customs might likewise, without any loss to the public revenue, and with great advantage to foreign trade, be confined to a few articles only.
多くの人々の意見では、適切な管理によって、関税も同様に、公的収入を損なうことなく、また、外国貿易に大きな利益をもたらすように、少数の品目に限定することができるとされている。

 The foreign articles, of the most general use and consumption in Great Britain, seem at present to consist chiefly in foreign wines and brandies;
イギリスで最も一般的に使用され消費されている外国製品は、現在のところ主に外国産のワインとブランデーであると思われる。
in some of the productions of America and the West Indies, sugar, rum, tobacco, cocoa-nuts, etc.
アメリカや西インド諸島の産物である砂糖、ラム酒、タバコ、ココナッツなどである。
and in some of those of the East Indies, tea, coffee, china-ware, spiceries of all kinds, several sorts of piece-goods, etc.
東インド諸島の産物である茶、コーヒー、陶磁器、あらゆる種類の香辛料、数種類の布製品などである。
These different articles afford, the greater part of the perhaps, at present, revenue which is drawn from the duties of customs.
これらの品目は、おそらく現在、関税から得られる収入の大部分を占めている。
The taxes which at present subsist upon foreign manufactures, if you except those upon the few contained in the foregoing enumeration, have, the greater part of them, been imposed for the purpose, not of revenue, but of monopoly, or to give our own merchants an advantage in the home market.
前述の列挙に含まれる少数のものを除いて、現在外国製品に課せられている税金は、その大部分が収入を得るためではなく、独占のため、あるいは自国の商人に国内市場で有利に働くように課せられている。
By removing all prohibitions, and by subjecting all foreign manufactures to such moderate taxes, as it was found from experience, afforded upon each article the greatest revenue to the public, our own workmen might still have a considerable advantage in the home market;
すべての禁止を撤廃し、すべての外国製品に、経験から判明したように、各品目について国民に最大の収入をもたらす程度の適度な税金を課すことで、自国の労働者は依然として国内市場でかなりの優位性を保つことができるだろう。
and many articles, some of which at present afford no revenue to government, and others a very inconsiderable one, might afford a very great one.
そして、現在政府に収入をもたらさない品目や、ごくわずかな収入しかもたらさない品目も、非常に大きな収入をもたらすようになるかもしれない。

 High taxes, sometimes by diminishing the consumption of the taxed commodities, and sometimes by encouraging smuggling frequently afford a smaller revenue to government than what might be drawn from more moderate taxes.
高い税金は、課税対象商品の消費を減らしたり、密輸を助長したりすることで、より適度な税金から得られる収入よりも政府の収入が減ることが多い。

 When the diminution of revenue is the effect of the diminution of consumption, there can be but one remedy, and that is the lowering of the tax.
収入の減少が消費の減少によるものである場合、唯一の救済策は税率の引き下げである。
When the diminution of revenue is the effect of the encouragement given to smuggling, it may, perhaps, be remedied in two ways;
収入の減少が密輸の助長によるものである場合、おそらく二つの方法で是正することができる。
either by diminishing the temptation to smuggle, or by increasing the difficulty of smuggling.
密輸の誘惑を減らすか、密輸の困難さを増やすかである。
The temptation to smuggle can be diminished only by the lowering of the tax;
密輸の誘惑は、税率の引き下げによってのみ減らすことができる。
and the difficulty of smuggling can be increased only by establishing that system of administration which is most proper for preventing it.
そして密輸の困難さは、それを防ぐのに最も適した行政システムを確立することによってのみ増やすことができる。

 The excise laws, it appears, I believe, from experience, obstruct and embarrass the operations of the smuggler much more effectually than those of the customs.
経験から考えると、消費税法は関税法よりも密輸業者の活動をはるかに効果的に妨害し、困難にしているように思われる。
By introducing into the customs a system of administration as similar to that of the excise as the nature of the different duties will admit, the difficulty of smuggling might be very much increased.
関税に、異なる関税の性質が許す限り消費税のそれに似た管理システムを導入することによって、密輸の困難さは非常に増大するかもしれない。
This alteration, it has been supposed by many people, might very easily be brought about.
この変更は、多くの人が想定しているように、非常に簡単に実現できるかもしれない。

 The importer of commodities liable to any duties of customs, it has been said, might, at his option, be allowed either to carry them to his own private warehouse;
関税の対象となる商品の輸入者は、自分の選択で、それらを自分の私設倉庫に運ぶか、
or to lodge them in a warehouse, provided either at his own expense or at that of the public, but under the key of the custom-house officer, and never to be opened but in his presence.
あるいは、自費または公費で用意された倉庫に預け、税関職員の鍵の下で保管し、その職員の面前でしか開封できないようにすればよいとされている。
If the merchant carried them to his own private warehouse, the duties to be immediately paid, and never afterwards to be drawn back;
商人が自分の私設倉庫に運んだ場合、関税は即時に支払われ、その後は決して返金されない。
and that warehouse to be at all times subject to the visit and examination of the custom-house officer, in order to ascertain how far the quantity contained in it corresponded with that for which the duty had been paid.
そして、その倉庫は、税関職員の訪問と検査をいつでも受けられるようにし、その中に含まれている量が、関税が支払われた量とどの程度一致しているかを確認できるようにする。
If he carried them to the public warehouse, no duty to be paid till they were taken out for home consumption.
商人が公の倉庫に運んだ場合、国内消費のために取り出されるまで関税は支払われない。
If taken out for exportation, to be duty-free; proper security being always given that they should be so exported.
輸出のために取り出された場合は、関税が免除される。適切な保証は、常にそれらが輸出されるように与えられる。
The dealers in those particular commodities, either by wholesale or retail, to be at all times subject to the visit and examination of the custom-house officer;
これらの特定の商品の卸売業者または小売業者は、いつでも税関職員の訪問と検査を受けなければならない。
and to be obliged to justify, by proper certificates, the payment of the duty upon the whole quantity contained in their shops or warehouses.
そして、適切な証明書によって、彼らの店や倉庫に含まれている全量に対する関税の支払いを正当化することを義務付けられる。
What are called the excise duties upon rum imported, are at present levied in this manner;
輸入ラム酒に対する物品税と呼ばれるものは、現在この方法で徴収されている。
and the same system of administration might, perhaps, be extended to all duties upon goods imported;
そして、同じ管理システムが、おそらく、輸入品に対するすべての関税に拡大されるかもしれない。
provided always that those duties were, like the duties of excise, confined to a few sorts of goods of the most general use and consumption.
ただし、これらの関税は、物品税のように、最も一般的に使用され消費される数種類の商品に限定される。
If they were extended to almost all sorts of goods, as at present, public warehouses of sufficient extent could not easily be provided;
もし、現在のようにほとんどすべての種類の商品に拡大されたら、十分な規模の公共倉庫を簡単に用意することはできないだろう。
and goods of a very delicate nature, or of which the preservation required much care and attention, could not safely be trusted by the merchant in any warehouse but his own.
そして、非常にデリケートな性質の商品や、保存に多くの注意と注意を要する商品は、商人自身の倉庫以外では安全に信頼することはできない。

 If, by such a system of administration, smuggling to any considerable extent could be prevented, even under pretty high duties;
もし、このような管理システムによって、かなり高い関税の下でさえ、かなりの程度の密輸を防ぐことができるならば、
and if every duty was occasionally either heightened or lowered according as it was most likely, either the one way or the other, to afford the greatest revenue to the state;
そして、すべての関税が、国家に最大の収入をもたらす可能性が最も高い方法に応じて、時折引き上げられたり引き下げられたりするならば、
taxation being always employed as an instrument of revenue, and never of monopoly;
課税は常に収入の道具として使われ、独占の道具として使われることはなく、
it seems not improbable that a revenue, at least equal to the present neat revenue of the customs, might be drawn from duties upon the importation of only a few sorts of goods of the most general use and consumption;
少なくとも現在の関税の純収入に等しい収入が、最も一般的に使用され消費される数種類の商品の輸入に対する関税から得られる可能性は低くないと思われる。
and that the duties of customs might thus be brought to the same degree of simplicity, certainty, and precision, as those of excise.
そして、関税は、消費税と同じ程度の単純さ、確実性、正確さをもたらすことができるかもしれない。
What the revenue at present loses by drawbacks upon the re-exportation of foreign goods, which are afterwards re-landed and consumed at home, would, under this system, be saved altogether.
外国製品の再輸出に際して、その後再上陸して国内で消費されるものについては、現在のところ収入が減額によって失われているが、この制度の下では、それらはすべて節約されるだろう。
If to this saving, which would alone be very considerable, were added the abolition of all bounties upon the exportation of home produce;
この節約だけでもかなりのものだが、これに国産品の輸出に対するあらゆる奨励金の廃止が加われば、
in all cases in which those bounties were not in reality drawbacks of some duties of excise which had before been advanced;
これらの奨励金が実際には以前に前払いされた消費税の一部を減額したものではない場合には、
it cannot well be doubted, but that the neat revenue of customs might, after an alteration of this kind, be fully equal to what it had ever been before.
関税の純収入は、この種の変更の後、これまでに得られた収入と完全に同等になるだろうことは疑いようがない。

 If, by such a change of system, the public revenue suffered no loss, the trade and manufactures of the country would certainly gain a very considerable advantage.
このような制度の変更によって、公的収入が損失を被らなければ、その国の貿易と製造業は確かに非常に大きな利益を得るだろう。
The trade in the commodities not taxed, by far the greatest number would be perfectly free, and might be carried on to and from all parts of the world with every possible advantage.
課税されない商品の貿易は、圧倒的に多くが完全に自由であり、あらゆる可能な利点をもって世界のあらゆる地域との間で行われるだろう。
Among those commodities would be comprehended all the necessaries of life, and all the materials of manufacture.
これらの商品には、生活必需品や製造材料のすべてが含まれる。
So far as the free importation of the necessaries of life reduced their average money price in the home market, it would reduce the money price of labour, but without reducing in any respect its real recompence.
生活必需品の自由輸入が国内市場での平均貨幣価格を下げる限り、労働の貨幣価格は下がるが、その実質報酬はいかなる点でも下がらない。
The value of money is in proportion to the quantity of the necessaries of life which it will purchase.
貨幣の価値は、それが購入する生活必需品の量に比例する。
That of the necessaries of life is altogether independent of the quantity of money which can be had for them.
生活必需品の価値は、それらのために得られる貨幣の量とは全く無関係である。
The reduction in the money price of labour would necessarily be attended with a proportionable one in that of all home manufactures, which would thereby gain some advantage in all foreign markets.
労働の貨幣価格の低下は、必然的にすべての国内製造業の貨幣価格の低下を伴い、それによってすべての海外市場で何らかの利益を得ることになる。
The price of some manufactures would be reduced, in a still greater proportion, by the free importation of the raw materials.
一部の製造業の価格は、原材料の自由輸入によって、さらに大きな割合で低下するだろう。
If raw silk could be imported from China and Indostan, duty-free, the silk manufacturers in England could greatly undersell those of both France and Italy.
生糸を中国やインドから免税で輸入できれば、イギリスの絹織物業者はフランスやイタリアの業者よりもはるかに安く売ることができるだろう。
There would be no occasion to prohibit the importation of foreign silks and velvets.
外国の絹やビロードの輸入を禁止する必要はないだろう。
The cheapness of their goods would secure to our own workmen, not only the possession of a home, but a very great command of the foreign market.
彼らの商品の安さは、我が国の労働者にとって、国内市場の占有だけでなく、海外市場の占有も確実にするだろう。
Even the trade in the commodities taxed, would be carried on with much more advantage than at present.
課税される商品の貿易でさえ、現在よりもはるかに有利に行われるだろう。
If those commodities were delivered out of the public warehouse for foreign exportation, being in this case exempted from all taxes, the trade in them would be perfectly free.
もしこれらの商品が、この場合にはすべての税金が免除される外国輸出のために公共倉庫から配達されたならば、それらの貿易は完全に自由になるだろう。
The carrying trade, in all sorts of goods, would, under this system, enjoy every possible advantage.
この制度の下では、あらゆる種類の商品の運搬貿易は、あらゆる可能な利益を享受するだろう。
If these commodities were delivered out for home consumption, the importer not being obliged to advance the tax till he had an opportunity of selling his goods, either to some dealer, or to some consumer, he could always afford to sell them cheaper than if he had been obliged to advance it at the moment of importation.
もしこれらの商品が国内消費のために配達されたならば、輸入者は、ある業者またはある消費者に自分の商品を販売する機会を得るまで税金を前払いする必要がないので、輸入の時点で前払いしなければならない場合よりも常に安く販売することができる。
Under the same taxes, the foreign trade of consumption, even in the taxed commodities, might in this manner be carried on with much more advantage than it is at present.
同じ税制の下で、課税される商品でさえ、消費の外国貿易は、この方法で現在よりもはるかに有利に行われるかもしれない。

 It was the object of the famous excise scheme of Sir Robert Walpole, to establish, with regard to wine and tobacco, a system not very unlike that which is here proposed.
ワインやタバコに関して、ここで提案されているものとあまり違わない制度を確立することが、ロバート・ウォルポール卿の有名な物品税制度の目的だった。
But though the bill which was then brought into Parliament, comprehended those two commodities only, it was generally supposed to be meant as an introduction to a more extensive scheme of the same kind.
しかし、当時議会に提出された法案は、この二つの商品だけを対象としていたが、一般的には、同種のより広範な制度への導入を意図したものと考えられた。
Faction, combined with the interest of smuggling merchants, raised so violent, though so unjust a clamour, against that bill, that the minister thought proper to drop it;
派閥は、密輸商人の利害と相まって、その法案に対して非常に不当な騒ぎを起こしたため、大臣はそれを撤回するのが適切だと考えた。
and, from a dread of exciting a clamour of the same kind, none of his successors have dared to resume the project.
そして、同じ種類の騒ぎを起こすことを恐れて、彼の後継者の誰もその計画を再開しようとはしなかった。

 The duties upon foreign luxuries, imported for home consumption, though they sometimes fall upon the poor, fall principally upon people of middling or more than middling fortune.
国内消費のために輸入される外国の贅沢品に対する関税は、時には貧しい人々にも課せられるが、主に中流以上の人々に課せられる。
Such are, for example, the duties upon foreign wines, upon coffee, chocolate, tea, sugar, etc.
例えば、外国産のワイン、コーヒー、チョコレート、紅茶、砂糖などに対する関税がそうである。

 The duties upon the cheaper luxuries of home produce, destined for home consumption, fall pretty equally upon people of all ranks, in proportion to their respective expense.
国内消費向けの安価な国産贅沢品に対する関税は、各自の支出に応じて、あらゆる階級の人々にほぼ平等に課せられる。
The poor pay the duties upon malt, hops, beer, and ale, upon their own consumption;
貧しい人々は、麦芽、ホップ、ビール、エールに対する関税を、自分たちの消費に対して支払う。
the rich, upon both their own consumption and that of their servants.
富裕層は、自分たちの消費と使用人の消費の両方に対して支払う。

 The whole consumption of the inferior ranks of people, or of those below the middling rank, it must be observed, is, in every country, much greater, not only in quantity, but in value, than that of the middling, and of those above the middling rank.
下層階級、つまり中流階級以下の人々の消費量は、どの国でも、中流階級以上の人々の消費量よりも、量だけでなく価値においてもはるかに大きいことに注意しなければならない。
The whole expense of the inferior is much greater titan that of the superior ranks.
下層階級の支出総額は、上層階級の支出総額よりもはるかに大きい。
In the first place, almost the whole capital of every country is annually distributed among the inferior ranks of people, as the wages of productive labour.
まず第一に、どの国の資本もほとんどすべてが、生産労働の賃金として、毎年下層階級の人々に分配されている。
Secondly, a great part of the revenue, arising from both the rent of land and the profits of stock, is annually distributed among the same rank, in the wages and maintenance of menial servants, and other unproductive labourers.
第二に、土地の地代と資本の利潤の両方から生じる収入の大部分は、下私やその他の非生産的労働者の賃金や維持費として、毎年同じ階級に分配されている。
Thirdly, some part of the profits of stock belongs to the same rank, as a revenue arising from the employment of their small capitals.
第三に、資本の利潤の一部は、彼らの小さな資本の使用から生じる収入として、同じ階級に属している。
The amount of the profits annually made by small shopkeepers, tradesmen, and retailers of all kinds, is everywhere very considerable, and makes a very considerable portion of the annual produce.
小規模な店主、商人、あらゆる種類の小売業者が毎年得る利益の額は、どこでも非常に大きく、年産額の非常に大きな部分を占めている。
Fourthly and lastly, some part even of the rent of land belongs to the same rank;
第四に、そして最後に、土地の地代の一部でさえ同じ階級に属している。
a considerable part to those who are somewhat below the middling rank, and a small part even to the lowest rank;
かなりの部分が中流階級よりやや下の人々のものであり、ごく一部は最下層階級のものである。
common labourers sometimes possessing in property an acre or two of land.
一般労働者が一エーカーか二エーカーの土地を所有することがある。
Though the expense of those inferior ranks of people, therefore, taking them individually, is very small, yet the whole mass of it, taking them collectively, amounts always to by much the largest portion of the whole expense of the society;
したがって、これらの下層階級の人々の支出は、個々に見ると非常に小さいが、集合的に見ると、その全体量は常に社会全体の支出の大部分を占めている。
what remains of the annual produce of the land and labour of the country, for the consumption of the superior ranks, being always much less, not only in quantity, but in value.
上位階級の消費のために、その国の土地と労働の年産物から残るものは、量だけでなく価値においても常にずっと少ない。
The taxes upon expense, therefore, which fall chiefly upon that of the superior ranks of people, upon the smaller portion of the annual produce, are likely to be much less productive than either those which fall indifferently upon the expense of all ranks, or even those which fall chiefly upon that of the inferior ranks, than either those which fall indifferently upon the whole annual produce, or those which fall chiefly upon the larger portion of it.
したがって、主に上位階級の人々の支出に課せられる支出税は、年産物のより小さな部分に課せられるので、すべての階級の支出に無差別に課せられるものや、下位階級の支出に主に課せられるものよりも、年産物全体に無差別に課せられるものや、年産物の大部分に主に課せられるものよりも、はるかに生産性が低いと考えられる。
The excise upon the materials and manufacture of home-made fermented and spirituous liquors, is, accordingly, of all the different taxes upon expense, by far the most productive;
したがって、自家製のアルコール飲料の原料と製造に対する物品税は、あらゆる支出税の中で、はるかに生産性が高い。
and this branch of the excise falls very much, perhaps principally, upon the expense of the common people.
そして、この物品税の分野は、おそらく主に、一般の人々の支出に大きく影響する。
In the year which ended on the 5th of July 1775, the gross produce of this branch of the excise amounted to £3,341,837:9:9.
1775年7月5日に終わった年には、この物品税の分野の総生産額は334万1837ポンド9シリング9ペンスに達した。

 It must always be remembered, however, that it is the luxuries, and not the necessary expense of the inferior ranks of people, that ought ever to be taxed.
しかし、課税されるべきなのは、下層階級の人々の必需品ではなく、贅沢品であることを常に忘れてはならない。
The final payment of any tax upon their necessary expense, would fall altogether upon the superior ranks of people;
彼らの必需品に対する税金の最終的な支払いは、すべて上流階級の人々にかかるだろう。
upon the smaller portion of the annual produce, and not upon the greater.
年産物のより小さな部分にかかるのであって、より大きな部分にかかるわけではない。
Such a tax must, in all cases, either raise the wages of labour, or lessen the demand for it.
そのような税金は、いずれにせよ、労働賃金を引き上げるか、労働需要を減らすかのどちらかである。
It could not raise the wages of labour, without throwing the final payment of the tax upon the superior ranks of people.
税金の最終的な支払いを上流階級の人々に負担させなければ、労働賃金を引き上げることはできない。
It could not lessen the demand for labour, without lessening the annual produce of the land and labour of the country, the fund upon which all taxes must be finally paid.
労働需要を減らすことは、すべての税金が最終的に支払われるべき資金である、その国の土地と労働の年産物を減らすことなしにはできない。
Whatever might be the state to which a tax of this kind reduced the demand for labour, it must always raise wages higher than they otherwise would be in that state;
このような税金が労働需要を減らす状態がどのようなものであれ、その税金は常に、その状態でなければ得られる賃金よりも高く賃金を引き上げなければならない。
and the final payment of this enhancement of wages must, in all cases, fall upon the superior ranks of people.
そして、この賃金上昇の最終的な支払いは、いずれにせよ、上流階級の人々に負担されることになる。

 Fermented liquors brewed, and spiritous liquors distilled, not for sale, but for private use, are not in Great Britain liable to any duties of excise.
販売用ではなく私用に醸造された発酵酒や蒸留酒は、英国では消費税の対象とはならない。
This exemption, of which the object is to save private families from the odious visit and examination of the tax-gatherer, occasions the burden of those duties to fall frequently much lighter upon the rich than upon the poor.
この免除は、私的な家庭を税金徴収人の忌まわしい訪問や検査から救うことを目的としているが、この税金の負担は、貧しい人よりも金持ちにかかることが多く、はるかに軽い。
It is not, indeed, very common to distil for private use, though it is done sometimes.
確かに、私用に蒸留することはあまり一般的ではないが、時々行われることはある。
But in the country, many middling and almost all rich and great families, brew their own beer.
しかし、田舎では、多くの中流家庭やほとんどすべての富裕層や大家族が、自分たちでビールを醸造している。
Their strong beer, therefore, costs them eight shillings a-barrel less than it costs the common brewer, who must have his profit upon the tax, as well as upon all the other expense which he advances.
そのため、彼らの強いビールは、一般の醸造業者よりも一樽あたり8シリング安く、税金やその他の経費を前払いするだけでなく、利益も得なければならない。
Such families, therefore, must drink their beer at least nine or ten shillings a-barrel cheaper than any liquor of the same quality can be drank by the common people, to whom it is everywhere more convenient to buy their beer, by little and little, from the brewery or the ale-house.
したがって、そのような家族は、一般の人々が飲むことができる同じ品質の酒よりも、少なくとも1樽あたり9シリングか10シリング安いビールを飲むことができる。一般の人々は、どこでもビール醸造所やエールハウスから少しずつビールを買う方が便利である。
Malt, in the same manner, that is made for the use of a private family, is not liable to the visit or examination of the tax-gatherer but, in this case the family must compound at seven shillings and sixpence a-head for the tax.
同様に、私用に作られた麦芽は、徴税吏の訪問や検査の対象にはならないが、この場合、家族は一人当たり7シリング6ペンスの税金を支払わなければならない。
Seven shillings and sixpence are equal to the excise upon ten bushels of malt;
7シリング6ペンスは、麦芽10ブッシェルに対する物品税に相当する。
a quantity fully equal to what all the different members of any sober family, men, women, and children, are, at an average, likely to consume.
酒を飲まない家族の男性、女性、子供の平均的な消費量に相当する量である。
But in rich and great families, where country hospitality is much practised, the malt liquors consumed by the members of the family make but a small part of the consumption of the house.
しかし、田舎の歓待が盛んな裕福で大家族では、家族が消費する麦芽酒は、家の消費量のごく一部にすぎない。
Either on account of this composition, however, or for other reasons, it is not near so common to malt as to brew for private use.
しかし、この合成のためか、他の理由のためか、私用に醸造するほど麦芽にすることはあまり一般的ではない。
It is difficult to imagine any equitable reason, why those who either brew or distil for private use should not be subject to a composition of the same kind.
私用に醸造したり蒸留したりする人が、同じ種類の合成の対象とならない理由を想像するのは難しい。

 A greater revenue than what is at present drawn from all the heavy taxes upon malt, beer, and ale, might be raised, it has frequently been said, by a much lighter tax upon malt;
麦芽、ビール、エールに対するすべての重税から現在得られている収入よりも、麦芽に対するはるかに軽い税によって、より多くの収入が得られるとよく言われている。
the opportunities of defrauding the revenue being much greater in a brewery than in a malt-house;
麦芽工場よりもビール醸造所の方が収入を騙す機会がはるかに多い。
and those who brew for private use being exempted from all duties or composition for duties, which is not the case with those who malt for private use.
私用に醸造する人は、私用に麦芽にする人とは違って、すべての関税や関税の合成を免除されている。

 In the porter brewery of London, a quarter of malt is commonly brewed into more than two barrels and a-half, sometimes into three barrels of porter.
ロンドンのポーター醸造所では、麦芽の四分の一は通常二樽半以上、時には三樽のポーターに醸造される。
The different taxes upon malt amount to six shillings a-quarter; those upon strong ale and beer to eight shillings a-barrel.
麦芽に対するさまざまな税金は、四分の一あたり六シリングにのぼり、強いビールやビールに対する税金は一樽あたり八シリングにのぼる。
In the porter brewery, therefore, the different taxes upon malt, beer, and ale, amount to between twenty-six and thirty shillings upon the produce of a quarter of malt.
したがって、ポーター醸造所では、麦芽、ビール、エールに対するさまざまな税金は、麦芽の四分の一の生産に対して二十六から三十シリングにのぼる。
In the country brewery for common country sale, a quarter of malt is seldom brewed into less than two barrels of strong, and one barrel of small beer;
地方の醸造所では、地方で一般に販売するために、麦芽の四分の一を二樽以下の強いビールと一樽以下の小さなビールに醸造することはめったにない。
frequently into two barrels and a-half of strong beer.
しばしば二樽半の強いビールに醸造される。
The different taxes upon small beer amount to one shilling and fourpence a-barrel.
小ビールにかかるさまざまな税金は、一樽あたり一シリング四ペンスにのぼる。
In the country brewery, therefore, the different taxes upon malt, beer, and ale, seldom amount to less than twenty-three shillings and fourpence, frequently to twenty-six shillings, upon the produce of a quarter of malt.
したがって、地方の醸造所では、麦芽、ビール、エールに対するさまざまな税金は、麦芽の四分の一の生産に対して、めったに二十三シリング四ペンス以下になることはなく、しばしば二十六シリングにのぼる。
Taking the whole kingdom at an average, therefore, the whole amount of the duties upon malt, beer, and ale, cannot be estimated at less than twenty-four or twenty-five shillings upon the produce of a quarter of malt.
したがって、王国全体を平均すると、麦芽、ビール、エールに対する関税の総額は、麦芽の四分の一の生産に対して二十四、五シリング以下とは見積もれない。
But by taking off all the different duties upon beer and ale, and by trebling the malt tax, or by raising it from six to eighteen shillings upon the quarter of malt, a greater revenue, it is said, might be raised by this single tax, than what is at present drawn from all those heavier taxes.
しかし、ビールとエールに対するさまざまな関税をすべて撤廃し、麦芽税を三倍にするか、麦芽の四分の一に対して六シリングから十八シリングに引き上げれば、この単一税によって、現在それらの重税すべてから得ているものよりも、より多くの収入が得られるとされている。

 - In 1772, the old malt tax produced......... £722,023: 11: 11
一七七二年には、旧麦芽税は七二万二〇二三ポンド一一シリング一一ペンスの収入をもたらした。
- The additional... £356,776: 7: 93⁄4
増税分は三五万六七七六ポンド七シリング九ペンス三クォーターだった。
- In 1775, the old tax produced............... £561,627: 3: 71⁄2
一七七五年には、旧税は五六万一六二七ポンド三シリング七ペンス半の収入をもたらした。
- The additional... £278,650: 15: 33⁄4
増税分は二七万八六五〇ポンド一五シリング三ペンス三クォーターだった。
- In 1774, the old tax produced ............ £624,614: 17: 53⁄4
一七七四年には、旧税は六二万四六一四ポンド一七シリング五ペンス三クォーターの収入をもたらした。
- The additional....£310,745: 2: 81⁄2
増税分は三一万七四五ポンド二シリング八ペンス半だった。
- In 1775, the old tax produced ............£657,357: 0: 81⁄4
一七七五年には、旧税は六五万七三五七ポンド八ペンス四分の一の収入をもたらした。
- The additional....£323,785: 12: 61⁄4
増税分は三二万三七八五ポンド一二シリング六ペンス四分の一だった。
- £5,855,580: 12: 03⁄4
verage of these four years .............. £958,895: 3: 0
- Average of these four years .............. £958,895: 3: 0
この四年間の平均は九五万八八九五ポンド三シリングだった。
-
n 1772, the country excise produced.......£1,243,120: 5: 3
- In 1772, the country excise produced.......£1,243,120: 5: 3
一七七二年には、地方消費税は収入を一二四万三一二〇ポンド五シリング三ペンス生み出した。
- The London brewery 408,260: 7: 23⁄4
ロンドンの醸造所は四〇万八二六〇ポンド七シリング二クォーター
- In 1773, the country excise................£1,245,808: 3: 3
一七七三年には、地方消費税は収入を一二四万五八〇八ポンド三シリング三ペンス生み出した。
- The London brewery 405,406: 17: 101⁄2
ロンドンの醸造所は四〇万五四〇六ポンド一七シリング一〇ハーフペンス
- In 1774, the country excise................£1,246,373: 14: 51⁄2
一七七四年には、地方消費税は収入を一二四万六三七三ポンド一四シリング五ハーフペンス生み出した。
- The London brewery 320,601: 18: 01⁄4
ロンドンの醸造所は三二万六〇一ポンド一八シリングクォーター
- In 1775, the country excise................£1,214,583: 6: 11⁄4
一七七五年には、地方消費税は収入を一二一万四五八三ポンド六シリングクォーター生み出した。
- The London brewery 463,670: 7: 01⁄4
ロンドンの醸造所は四六万三六七〇ポンド七シリングクォーター
- 4)£6,547,832: 19: 21⁄4
verage of these four years ..............£1,636,958: 4: 91⁄2
- Average of these four years ..............£1,636,958: 4: 91⁄2
この四年間の平均は一六三万六九五八ポンド四シリング九ペンス半
- To which adding the average malt tax........ 958,895: 3: 01⁄4
これに平均麦芽税を加えると九五万八八九五ポンド三シリングクォーター
-
he whole amount of those different
- The whole amount of those different
これらの諸税の総額は
- taxes comes out to be........£2,595,835: 7: 10
二五九万五八三五ポンド七シリング一〇ペンスとなる。
-
ut, by trebling the malt tax,
- But, by trebling the malt tax,
しかし、麦芽税を三倍にすれば、
- or by raising it from six to
つまり六シリングから
- eighteen shillings upon the quarter
一クォーターあたり一八シリングに引き上げれば、
- of malt, that single tax would produce.....£2,876,685: 9: 0
その税だけで二八七万六六八五ポンド九シリングになる。
- A sum which exceeds the
この額は、
- foregoing by.... 280,832: 1: 3
前述の額を二八万八三二ポンド一シリング三ペンス上回る。

 Under the old malt tax, indeed, is comprehended a tax of four shillings upon the hogshead of cyder, and another of ten shillings upon the barrel of mum.
確かに、旧麦芽税には、サイダーのホッグスヘッドあたり四シリング、マムのバレルあたり一〇シリングという税が含まれている。
In 1774, the tax upon cyder produced only £3,083:6:8.
一七七四年には、サイダー税は三〇八三ポンド六シリング八ペンスしか生み出さなかった。
It probably fell somewhat short of its usual amount;
おそらく、通常の額には少し足りなかったのだろう。
all the different taxes upon cyder, having, that year, produced less than ordinary.
その年は、サイダーに対するあらゆる税が、通常よりも少なく徴収された。
The tax upon mum, though much heavier, is still less productive, on account of the smaller consumption of that liquor.
マムに対する税は、はるかに重いが、その酒の消費量が少ないため、さらに収益が少ない。
But to balance whatever may be the ordinary amount of those two taxes, there is comprehended under what is called the country excise, first, the old excise of six shillings and eightpence upon the hogshead of cyder;
しかし、この二つの税の通常の額がいくらであれ、それを相殺するために、地方消費税と呼ばれるものには、まず、サイダーのホッグスヘッドあたり六シリング八ペンスの旧消費税が含まれている。
secondly, a like tax of six shillings and eightpence upon the hogshead of verjuice;
第二に、ヴェルジュのホッグスヘッドあたり六シリング八ペンスの同様の税金である。
thirdly, another of eight shillings and ninepence upon the hogshead of vinegar;
第三に、酢のホッグスヘッドあたり八シリング九ペンスの別の税金である。
and, lastly, a fourth tax of elevenpence upon the gallon of mead or metheglin.
そして最後に、ミードまたはメテグリンのガロンあたり十一ペンスの第四の税金である。
The produce of those different taxes will probably much more than counterbalance that of the duties imposed, by what is called the annual malt tax, upon cyder and mum.
これらの諸税の収入は、おそらく、サイダーとマムに課せられる、いわゆる年額麦芽税による関税収入をはるかに上回るであろう。

 Malt is consumed, not only in the brewery of beer and ale, but in the manufacture of low wines and spirits.
麦芽は、ビールやエールの醸造だけでなく、低級ワインや蒸留酒の製造にも消費される。
If the malt tax were to be raised to eighteen shillings upon the quarter, it might be necessary to make some abatement in the different excises which are imposed upon those particular sorts of low wines and spirits, of which malt makes any part of the materials.
もし麦芽税が四半期あたり十八シリングに引き上げられるなら、麦芽が原料の一部を占める、低級ワインや蒸留酒の特定の種類に課せられる諸々の物品税を多少減額する必要があるかもしれない。
In what are called malt spirits, it makes commonly but a third part of the materials;
麦芽酒と呼ばれるものでは、麦芽は通常原料の三分の一を占めるにすぎない。
the other two-thirds being either raw barley, or one-third barley and one-third wheat.
残りの三分の二は、生の大麦か、三分の一が大麦で三分の一が小麦である。
In the distillery of malt spirits, both the opportunity and the temptation to smuggle are much greater than either in a brewery or in a malt-house; the opportunity, on account of the smaller bulk and greater value of the commodity, and the temptation, on account of the superior height of the duties, which amounted to 3s. 10 2/3d. upon the gallon of spirits.
麦芽酒の蒸留所では、密輸の機会と誘惑は、ビール醸造所や麦芽製造所よりもはるかに大きい。機会は、商品の容積が小さく価値が大きいためであり、誘惑は、酒一ガロンあたり三シリング十ペンス二ファーシングという非常に高い関税のためである。
{Though the duties directly imposed upon proof spirits amount only to 2s. 6d per gallon, these, added to the duties upon the low wines, from which they are distilled, amount to 3s 10 2/3d.
蒸留酒に直接課せられる関税は、一ガロンあたり二シリング六ペンスにすぎないが、蒸留酒の原料である低級ワインに関税を加えると、三シリング十ペンス二ファーシングになる。
Both low wines and proof spirits are, to prevent frauds, now rated according to what they gauge in the wash.}
低級ワインと蒸留酒は、不正を防止するため、現在は洗浄液の量に応じて課税されている。

 By increasing the duties upon malt, and reducing those upon the distillery, both the opportunities and the temptation to smuggle would be diminished, which might occasion a still further augmentation of revenue.
麦芽税を増やし、蒸留酒税を減らすことで、密輸の機会と誘惑の両方が減り、収入がさらに増加する可能性がある。

 It has for some time past been the policy of Great Britain to discourage the consumption of spiritous liquors, on account of their supposed tendency to ruin the health and to corrupt the morals of the common people.
イギリスでは、酒類の消費が庶民の健康を損ね、道徳を堕落させる傾向があると考えられているため、酒類の消費を抑制する政策がとられてきた。
According to this policy, the abatement of the taxes upon the distillery ought not to be so great as to reduce, in any respect, the price of those liquors.
この政策によれば、蒸留酒税の減額は、いかなる意味においても、酒類の価格を下げるほど大きくすべきではない。
Spiritous liquors might remain as dear as ever;
酒類はこれまで通り高価なままでよい。
while, at the same time, the wholesome and invigorating liquors of beer and ale might be considerably reduced in their price.
同時に、健康的で元気の出るビールやエールの価格を大幅に下げることができる。
The people might thus be in part relieved from one of the burdens of which they at present complain the most;
こうして国民は、現在最も不満を抱いている負担の一つから、ある程度解放されるかもしれない。
while, at the same time, the revenue might be considerably augmented.
同時に、収入もかなり増えるかもしれない。

 The objections of Dr. Davenant to this alteration in the present system of excise duties, seem to be without foundation.
現行の物品税制度のこの変更に対するダヴェナント博士の異議には、根拠がないように思われる。
Those objections are, that the tax, instead of dividing itself, as at present, pretty equally upon the profit of the maltster, upon that of the brewer and upon that of the retailer, would so far as it affected profit, fall altogether upon that of the maltster;
その異議とは、税金が現在のように麦芽製造業者の利益、醸造業者の利益、小売業者の利益にほぼ均等に分割されるのではなく、利益に影響する限り、麦芽製造業者の利益にすべてかかるというものである。
that the maltster could not so easily get back the amount of the tax in the advanced price of his malt, as the brewer and retailer in the advanced price of their liquor;
麦芽製造業者は、醸造業者や小売業者が酒の値上げで税額を取り戻すのと同じように、麦芽の値上げで税額を取り戻すことはできない。
and that so heavy a tax upon malt might reduce the rent and profit of barley land.
そして、麦芽にかかる重税は大麦地の賃借料と利潤を減らすかもしれない。

 No tax can ever reduce, for any considerable time, the rate of profit in any particular trade, which must always keep its level with other trades in the neighbourhood.
どんな税金も、かなりの期間にわたって、特定の業種の利潤率を低下させることはできない。利潤率は常に近隣の他の業種と同じ水準を保たなければならない。
The present duties upon malt, beer, and ale, do not affect the profits of the dealers in those commodities, who all get back the tax with an additional profit, in the enhanced price of their goods.
麦芽、ビール、エールに対する現在の関税は、これらの商品のディーラーの利益に影響を与えず、ディーラーはすべて、商品の値上げで税金に追加利益を加えて取り戻している。
A tax, indeed, may render the goods upon which it is imposed so dear, as to diminish the consumption of them.
税金は、確かに、課税される商品を非常に高価にし、その消費を減少させるかもしれない。
But the consumption of malt is in malt liquors;
しかし、麦芽の消費は麦芽酒にある。
and a tax of eighteen shillings upon the quarter of malt could not well render those liquors dearer than the different taxes, amounting to twenty-four or twenty-five shillings, do at present.
そして、麦芽の四分の一に課せられる十八シリングという税金は、これらの酒を、現在課せられている二十四、五シリングにのぼるさまざまな税金よりも高くすることはできない。
Those liquors, on the contrary, would probably become cheaper, and the consumption of them would be more likely to increase than to diminish.
それどころか、これらの酒はおそらく安くなり、消費量は減少するよりも増加する可能性が高い。

 It is not very easy to understand why it should be more difficult for the maltster to get back eighteen shillings in the advanced price of his malt, than it is at present for the brewer to get back twenty-four or twenty-five, sometimes thirty shillings, in that of his liquor.
麦芽製造業者が麦芽の値上げで十八シリングを取り戻すのが、ビール醸造業者が酒の値上げで二十四、五シリング、ときには三十シリングを取り戻すよりも、なぜ難しいのか理解するのはあまり簡単ではない。
The maltster, indeed, instead of a tax of six shillings, would be obliged to advance one of eighteen shilling upon every quarter of malt.
実際、麦芽製造業者は、六シリングという税金の代わりに、麦芽の四分の一につき十八シリングを前払いしなければならない。
But the brewer is at present obliged to advance a tax of twenty-four or twenty-five, sometimes thirty shillings, upon every quarter of malt which he brews.
しかし、ビール醸造業者は現在、醸造する麦芽の四分の一につき、二十四、五シリング、ときには三十シリングを前払いしなければならない。
It could not be more inconvenient for the maltster to advance a lighter tax, than it is at present for the brewer to advance a heavier one.
麦芽製造業者が軽い税金を前払いすることは、ビール醸造業者が重い税金を前払いするよりも不便ではありえない。
The maltster does not always keep in his granaries a stock of malt, which it will require a longer time to dispose of than the stock of beer and ale which the brewer frequently keeps in his cellars.
麦芽製造業者は、麦芽の在庫を常に穀倉に保管しているわけではないが、ビール醸造業者が地下室に保管しているビールやエールの在庫よりも処分するのに長い時間を要する。
The former, therefore, may frequently get the returns of his money as soon as the latter.
したがって、前者は後者と同じくらい早く資金を回収できることが多い。
But whatever inconveniency might arise to the maltster from being obliged to advance a heavier tax, it could easily be remedied, by granting him a few months longer credit than is at present commonly given to the brewer.
しかし、麦芽製造業者がより重い税金を前払いしなければならないことから生じる不便は、現在ビール醸造業者に一般的に与えられているよりも数ヶ月長い信用を与えることによって、簡単に是正できる。

 Nothing could reduce the rent and profit of barley land, which did not reduce the demand for barley.
大麦の需要を減らさなければ、大麦地の賃料と利益を減らすことはできない。
But a change of system, which reduced the duties upon a quarter of malt brewed into beer and ale, from twentyfour and twenty-five shillings to eighteen shillings, would be more likely to increase than diminish that demand.
しかし、ビールやエールに醸造される麦芽の四分の一に対する関税を24シリングと25シリングから18シリングに引き下げる制度の変更は、その需要を減少させるよりも増加させる可能性が高い。
The rent and profit of barley land, besides, must always be nearly equal to those of other equally fertile and equally well cultivated land.
そのうえ、大麦地の賃料と利潤は、常に他の同等に肥沃で同等によく耕作された土地の賃料と利潤にほぼ等しくなければならない。
If they were less, some part of the barley land would soon be turned to some other purpose;
もしそれらがより少なければ、大麦地の一部はすぐに他の目的に転用されるだろう。
and if they were greater, more land would soon be turned to the raising of barley.
そしてもしそれらがより大きければ、より多くの土地がすぐに大麦の栽培に転用されるだろう。
When the ordinary price of any particular produce of land is at what may be called a monopoly price, a tax upon it necessarily reduces the rent and profit of the land which grows it.
土地の特定の生産物の通常価格が独占価格と呼べるものである場合、それに対する税は必然的にそれを生産する土地の賃料と利潤を減少させる。
A tax upon the produce of those precious vineyards, of which the wine falls so much short of the effectual demand, that its price is always above the natural proportion to that of the produce of other equally fertile and equally well cultivated land, would necessarily reduce the rent and profit of those vineyards.
ワインの効果的需要が非常に不足しているため、その価格が常に他の同等に肥沃で同等によく耕作された土地の生産物に対する自然な比率を上回っている、それらの貴重なブドウ園の生産物に対する税は、必然的にそれらのブドウ園の賃料と利潤を減少させるだろう。
The price of the wines being already the highest that could be got for the quantity commonly sent to market, it could not be raised higher without diminishing that quantity;
ワインの価格は、通常市場に出荷される量に対して得られる最高価格であるため、その量を減らさずにそれ以上高くすることはできない。
and the quantity could not be diminished without still greater loss, because the lands could not be turned to any other equally valuable produce.
そして、その土地を他の同等に価値のある生産物に転用することができないため、さらに大きな損失を被ることなく量を減らすことはできない。
The whole weight of the tax, therefore, would fall upon the rent and profit;
したがって、税の全重量は地代と利潤にかかるだろう。
properly upon the rent of the vineyard.
正確にはブドウ園の地代にかかる。
When it has been proposed to lay any new tax upon sugar, our sugar planters have frequently complained that the whole weight of such taxes fell not upon the consumer, but upon the producer;
砂糖に新しい税を課すことが提案されたとき、我が国の砂糖農園主は、そのような税の全重量が消費者ではなく生産者にかかるとしばしば不満を述べた。
they never having been able to raise the price of their sugar after the tax higher than it was before.
彼らは課税後、砂糖の価格を課税前よりも高くすることができなかった。
The price had, it seems, before the tax, been a monopoly price;
課税前は価格は独占価格だったようである。
and the arguments adduced to show that sugar was an improper subject of taxation, demonstrated perhaps that it was a proper one;
そして、砂糖が課税の不適切な対象であることを示すために挙げられた議論は、おそらくそれが適切な対象であることを示した。
the gains of monopolists, whenever they can be come at, being certainly of all subjects the most proper.
独占者の利益は、いつでも手に入れることができるのであれば、あらゆる対象の中で最も適切なものである。
But the ordinary price of barley has never been a monopoly price;
しかし、大麦の通常価格は独占価格ではなかった。
and the rent and profit of barley land have never been above their natural proportion to those of other equally fertile and equally well cultivated land.
そして、大麦地の賃借料と利潤は、他の同等に肥沃で同等によく耕作された土地の賃借料と利潤に対する自然な比率を超えることはなかった。
The different taxes which have been imposed upon malt, beer, and ale, have never lowered the price of barley;
麦芽、ビール、エールに課せられたさまざまな税金は、大麦の価格を下げたことはなかった。
have never reduced the rent and profit of barley land.
大麦地の賃借料と利潤を減らしたことはなかった。
The price of malt to the brewer has constantly risen in proportion to the taxes imposed upon it;
麦芽の価格は、麦芽に課せられた税金に比例して上昇し続けた。
and those taxes, together with the different duties upon beer and ale, have constantly either raised the price, or, what comes to the same thing, reduced the quality of those commodities to the consumer.
そして、これらの税金は、ビールやエールに対するさまざまな関税とともに、常に価格を上げたり、同じこととして、消費者にとってこれらの商品の品質を低下させたりした。
The final payment of those taxes has fallen constantly upon the consumer, and not upon the producer.
これらの税金の最終的な支払いは、生産者ではなく、常に消費者にかかっている。

 The only people likely to suffer by the change of system here proposed, are those who brew for their own private use.
ここで提案されている制度の変更によって損害を被りそうなのは、自家用に醸造している人だけである。
But the exemption, which this superior rank of people at present enjoy, from very heavy taxes which are paid by the poor labourer and artificer, is surely most unjust and unequal, and ought to be taken away, even though this change was never to take place.
しかし、この上位階級の人々が現在享受している、貧しい労働者や職人が支払っている非常に重い税金からの免除は、確かに最も不公平で不平等であり、この変更が決して行われないとしても、取り去られるべきである。
It has probably been the interest of this superior order of people, however, which has hitherto prevented a change of system that could not well fail both to increase the revenue and to relieve the people.
しかし、これまで収入を増やし、国民を救済するという両方の目的を達成できなかった制度の変更を阻止してきたのは、おそらくこの上位階級の人々の利益であった。

 Besides such duties as those of custom and excise above mentioned, there are several others which affect the price of goods more unequally and more indirectly.
上記のような関税や物品税のほかにも、商品の価格にもっと不平等に、もっと間接的に影響を与える税金がいくつかある。
Of this kind are the duties, which, in French, are called peages, which in old Saxon times were called the duties of passage, and which seem to have been originally established for the same purpose as our turnpike tolls, or the tolls upon our canals and navigable rivers, for the maintenance of the road or of the navigation.
このような税金は、フランス語ではペアージュと呼ばれ、古代サクソン時代には通行税と呼ばれ、もともとは道路や水路の維持のために、わが国の有料道路の通行料や運河や河川の通行料と同じ目的で制定されたものと思われる。
Those duties, when applied to such purposes, are most properly imposed according to the bulk or weight of the goods.
これらの税金は、そのような目的に適用される場合、商品の容積または重量に応じて課せられる。
As they were originally local and provincial duties, applicable to local and provincial purposes, the administration of them was, in most cases, entrusted to the particular town, parish, or lordship, in which they were levied;
これらはもともと地方や地方の目的のために適用される地方や地方の税金であったため、その管理はほとんどの場合、徴収された特定の町、教区、または領主に委ねられていた。
such communities being, in some way or other, supposed to be accountable for the application.
そのような共同体は、何らかの形で、その適用に責任があると考えられていた。
The sovereign, who is altogether unaccountable, has in many countries assumed to himself the administration of those duties;
まったく責任を負わない君主は、多くの国でこれらの税金の管理を自ら引き受けてきた。
and though he has in most cases enhanced very much the duty, he has in many entirely neglected the application.
そして、ほとんどの場合、彼は税金を非常に増額したが、多くの場合、その適用を完全に無視した。
If the turnpike tolls of Great Britain should ever become one of the resources of government, we may learn, by the example of many other nations, what would probably be the consequence.
イギリスの有料道路通行料が政府の収入源の1つになったとしたら、他の多くの国の例から、おそらくどのような結果になるかを学ぶことができるだろう。
Such tolls, no doubt, are finally paid by the consumer;
そのような通行料は、間違いなく、最終的には消費者が支払うことになる。
but the consumer is not taxed in proportion to his expense, when he pays, not according to the value, but according to the bulk or weight of what he consumes.
しかし、消費者は、価値に応じてではなく、消費する物の容積や重量に応じて支払う場合、支出に比例して課税されるわけではない。
When such duties are imposed, not according to the bulk or weight, but according to the supposed value of the goods, they become properly a sort of inland customs or excise, which obstruct very much the most important of all branches of commerce, the interior commerce of the country.
そのような税金が、容積や重量ではなく、商品の想定価値に応じて課せられると、それらは適切に一種の内陸関税または物品税となり、あらゆる商業部門の中で最も重要な、国内の商業を非常に妨げる。

 In some small states, duties similar to those passage duties are imposed upon goods carried across the territory, either by land or by water, from one foreign country to another.
一部の小国では、通行税に類似した税金が、陸路または水路で、ある外国から別の外国へ、領土を横断して運ばれる品物に課せられる。
These are in some countries called transit-duties.
これらは、一部の国では通過税と呼ばれる。
Some of the little Italian states which are situated upon the Po, and the rivers which run into it, derive some revenue from duties of this kind, which are paid altogether by foreigners, and which, perhaps, are the only duties that one state can impose upon the subjects of another, without obstruction in any respect, the industry or commerce of its own.
ポー川とそこに注ぐ川沿いにあるイタリアの小国には、この種の税金から収入を得ている国もあるが、これはすべて外国人が支払うものであり、おそらく、一国が自国の産業や商業を妨害することなく、他国の国民に課すことができる唯一の税金である。
The most important transit-duty in the world, is that levied by the king of Denmark upon all merchant ships which pass through the Sound.
世界で最も重要な通過税は、デンマーク国王がズンド海峡を通過するすべての商船に課す税金である。

 Such taxes upon luxuries, as the greater part of the duties of customs and excise, though they all fall indifferently upon every different species of revenue, and are paid finally, or without any retribution, by whoever consumes the commodities upon which they are imposed;
関税や物品税の大部分のような贅沢品に対する税金は、すべて無差別にあらゆる種類の収入に課せられ、課税対象の商品を消費する人が最終的に、あるいは何の報酬もなしに支払うが、
yet they do not always fall equally or proportionally upon the revenue of every individual.
それでも、常にすべての個人の収入に平等に、あるいは比例して課せられるわけではない。
As every man’s humour regulates the degree of his consumption, every man contributes rather according to his humour, than proportion to his revenue: the profuse contribute more, the parsimonious less, than their proper proportion.
各人の気分によって消費の程度が決まるので、各人は収入に比例するよりもむしろ気分によって負担することになる。浪費家は適正な割合よりも多く負担し、倹約家は適正な割合よりも少なく負担する。
During the minority of a man of great fortune, he contributes commonly very little, by his consumption, towards the support of that state from whose protection he derives a great revenue.
大富豪の未成年期には、その保護によって大収入を得ている国家の維持に、消費によって貢献することはほとんどない。
Those who live in another country, contribute nothing by their consumption towards the support of the government of that country, in which is situated the source of their revenue.
外国に住んでいる人は、収入源がある国の政府の維持に、消費によって何も貢献していない。
If in this latter country there should be no land tax, nor any considerable duty upon the transference either of moveable or immoveable property, as is the case in Ireland, such absentees may derive a great revenue from the protection of a government, to the support of which they do not contribute a single shilling.
もし後者の国に、アイルランドの場合のように、土地税も動産・不動産の譲渡に対する相当な税金もなければ、そのような不在者は、政府の保護から大きな収入を得ることができ、その維持には一シリングも貢献しない。
This inequality is likely to be greatest in a country of which the government is, in some respects, subordinate and dependant upon that of some other.
この不平等は、政府が何らかの点で他の政府に従属し依存している国で最も大きくなる可能性がある。
The people who possess the most extensive property in the dependant, will, in this case, generally chuse to live in the governing country.
この場合、従属国で最も広大な財産を所有する人々は、一般的に統治国に住むことを選択する。
Ireland is precisely in this situation;
アイルランドはまさにこの状況にある。
and we cannot therefore wonder, that the proposal of a tax upon absentees should be so very popular in that country.
だから、不在者への課税の提案がその国で非常に人気があることは不思議ではない。
It might, perhaps, be a little difficult to ascertain either what sort, or what degree of absence, would subject a man to be taxed as an absentee, or at what precise time the tax should either begin or end.
どのような種類の、あるいはどの程度の不在が、不在者として課税される対象となるのか、あるいは課税がいつ開始または終了するのかを確認するのは、おそらく少し難しいかもしれない。
If you except, however, this very peculiar situation, any inequality in the contribution of individuals which can arise from such taxes, is much more than compensated by the very circumstance which occasions that inequality;
しかし、この非常に特殊な状況を除けば、そのような税金から生じうる個人の負担の不平等は、その不平等を生じさせる状況そのものによって補償される以上のものだ。
the circumstance that every man’s contribution is altogether voluntary;
すべての人の負担が完全に自発的であるという状況である。
it being altogether in his power, either to consume, or not to consume, the commodity taxed.
課税される商品を消費するかしないかは、すべてその人の権限にある。
Where such taxes, therefore, are properly assessed, and upon proper commodities, they are paid with less grumbling than any other.
したがって、そのような税金が適切に評価され、適切な商品に課せられれば、他のどの税金よりも不満を抱かずに支払われる。
When they are advanced by the merchant or manufacturer, the consumer, who finally pays them, soon comes to confound them with the price of the commodities, and almost forgets that he pays any tax.
商人や製造業者が税金を前払いすると、最終的に支払う消費者はすぐに商品の価格と混同し、税金を支払っていることをほとんど忘れてしまう。
Such taxes are, or may be, perfectly certain;
そのような税金は、完全に確実であるか、またはそうである可能性がある。
or may be assessed, so as to leave no doubt concerning either what ought to be paid, or when it ought to be paid;
あるいは、何を支払うべきか、いつ支払うべきかについて疑問を残さないように評価されるかもしれない。
concerning either the quantity or the time of payment.
支払額や支払時期についてである。
What ever uncertainty there may sometimes be, either in the duties of customs in Great Britain, or in other duties of the same kind in other countries, it cannot arise from the nature of those duties, but from the inaccurate or unskilful manner in which the law that imposes them is expressed.
イギリスの関税や他の国々の同種の関税に不確実性があるとしても、それは関税の性質から生じるものであって、関税を課す法律の表現が不正確であったり、不手際であったりすることによるものではない。

 Taxes upon luxuries generally are, and always may be, paid piece-meal, or in proportion as the contributors have occasion to purchase the goods upon which they are imposed.
贅沢品に対する税金は、一般的に、また常に、分割払い、あるいは課税対象となる商品を購入する機会に応じて支払われる。
In the time and mode of payment, they are, or may be, of all taxes the most convenient.
支払時期や支払方法において、贅沢品に対する税金は、あらゆる税金の中で最も便利なものである。
Upon the whole, such taxes, therefore, are perhaps as agreeable to the three first of the four general maxims concerning taxation, as any other.
全体として、このような税金は、おそらく他の税金と同じように、課税に関する四つの一般原則のうち最初の三つに適合している。
They offend in every respect against the fourth.
贅沢品に対する税金は、あらゆる点で四番目の原則に反している。

 Such taxes, in proportion to what they bring into the public treasury of the state, always take out, or keep out, of the pockets of the people, more than almost any other taxes.
このような税金は、国庫に収める額に比例して、他のほとんどの税金よりも、常に国民の懐からより多くの金を取り上げ、あるいは取り上げ続ける。
They seem to do this in all the four different ways in which it is possible to do it.
贅沢品に対する税金は、四つの異なる方法で国民の懐から金を取り上げているように思われる。

 First, the levying of such taxes, even when imposed in the most judicious manner, requires a great number of custom-house and excise officers, whose salaries and perquisites are a real tax upon the people, which brings nothing into the treasury of the state.
第一に、このような税金の徴収は、最も賢明な方法で課税されたとしても、多数の税関吏や徴税吏を必要とし、その給与や手当は国民に対する真の税金であり、国庫には何も入らない。
This expense, however, it must be acknowledged, is more moderate in Great Britain than in most other countries.
しかし、この費用は、イギリスでは他のほとんどの国よりも控えめであることを認めなければならない。
In the year which ended on the 5th of July, 1775, the gross produce of the different duties, under the management of the commissioners of excise in England, amounted to £5,507,308:18:81⁄4, which was levied at an expense of little more than five and a-half per cent.
一七七五年七月五日に終わった年には、イギリスの物品税委員会の管理下にあるさまざまな関税の総収入は五五〇万七三〇八ポンド一八シリング八ペンス四ファーシングに達し、その徴収費用は五パーセント半強にすぎなかった。
From this gross produce, however, there must be deducted what was paid away in bounties and drawbacks upon the exportation of exciseable goods, which will reduce the neat produce below five millions. {The neat produce of that year, after deducting all expenses and allowances, amounted to £4,975,652:19:6.}
しかし、この総収入から、物品税対象品目の輸出に際して支払われた奨励金や払い戻し金を差し引かなければならないので、純収入は五百万ポンド以下になる。{その年の純収入は、すべての経費と手当を差し引いた後、四九七万五六五二ポンド一九シリング六ペンスとなった。}
The levying of the salt duty, and excise duty, but under a different management, is much more expensive.
塩税や物品税の徴収は、別の管理下にあるとはいえ、はるかに費用がかかる。
The neat revenue of the customs does not amount to two millions and a-half, which is levied at an expense of more than ten per cent., in the salaries of officers and other incidents.
関税の純収入は二百五十万ポンドにも満たず、徴収費用は役人の給与やその他の雑費で十パーセント以上にもなる。
But the perquisites of custom-house officers are everywhere much greater than their salaries;
しかし、税関職員の収入はどこでも給与よりはるかに多い。
at some ports more than double or triple those salaries.
港によっては給与の二倍、三倍以上になる。
If the salaries of officers, and other incidents, therefore, amount to more than ten per cent.
したがって、役人の給与やその他の雑費が十パーセント以上になるならば、
upon the neat revenue of the customs, the whole expense of levying that revenue may amount, in salaries and perquisites together, to more than twenty or thirty per cent.
関税の純収入に対して、その収入を徴収する費用の総額は、給与と収入を合わせると、二十パーセントから三十パーセント以上になるかもしれない。
The officers of excise receive few or no perquisites;
物品税の役人は、ほとんど、あるいはまったく収入を得ていない。
and the administration of that branch of the revenue being of more recent establishment, is in general less corrupted than that of the customs, into which length of time has introduced and authorised many abuses.
そして、収入のこの部門の管理は、より最近に設立されたものであり、長い年月をかけて多くの不正が導入され、認められた関税の管理よりも、一般的に腐敗が少ない。
By charging upon malt the whole revenue which is at present levied by the different duties upon malt and malt liquors, a saving, it is supposed, of more than £50,000, might be made in the annual expense of the excise.
麦芽と麦芽酒に課せられる別々の税によって現在徴収されている収入のすべてを麦芽に課税することによって、物品税の年間経費を五万ポンド以上節約できると考えられる。
By confining the duties of customs to a few sorts of goods, and by levying those duties according to the excise laws, a much greater saving might probably be made in the annual expense of the customs.
関税を数種類の品物に限定し、物品税法に従って徴収すれば、関税の年間経費をもっと節約できるかもしれない。

 Secondly, such taxes necessarily occasion some obstruction or discouragement to certain branches of industry.
第二に、このような税は必然的に産業の特定の部門に何らかの障害や妨害をもたらす。
As they always raise the price of the commodity taxed, they so far discourage its consumption, and consequently its production.
課税される商品の価格は常に上昇するので、その消費は抑制され、結果として生産も抑制される。
If it is a commodity of home growth or manufacture, less labour comes to be employed in raising and producing it.
それが国産品や国産の製品であれば、その生産に従事する労働力は減少する。
If it is a foreign commodity of which the tax increases in this manner the price, the commodities of the same kind which are made at home may thereby, indeed, gain some advantage in the home market, and a greater quantity of domestic industry may thereby be turned toward preparing them.
それが外国の商品で、税金によって価格が上昇するのであれば、国内で生産される同種の商品は、それによって国内市場で多少の優位性を得ることができ、国内産業のより多くの部分がその生産に振り向けられるかもしれない。
But though this rise of price in a foreign commodity, may encourage domestic industry in one particular branch, it necessarily discourages that industry in almost every other.
しかし、外国の商品の価格が上昇すると、特定の部門では国内産業が活性化するかもしれないが、他のほとんどの部門では必然的に国内産業が衰退する。
The dearer the Birmingham manufacturer buys his foreign wine, the cheaper he necessarily sells that part of his hardware with which, or, what comes to the same thing, with the price of which, he buys it.
バーミンガムの製造業者が外国産のワインを高く買えば買うほど、そのワインを買うために売る金物類の価格は必然的に安くなる。
That part of his hardware, therefore, becomes of less value to him, and he has less encouragement to work at it.
そのため、彼の金物類のその部分は彼にとって価値が低くなり、彼はそれに取り組む意欲を失う。
The dearer the consumers in one country pay for the surplus produce of another, the cheaper they necessarily sell that part of their own surplus produce with which, or, what comes to the same thing, with the price of which, they buy it.
一国の消費者が他国の余剰生産物に支払う代金が高ければ高いほど、彼らがそれを買うために売る自国の余剰生産物の価格は必然的に安くなる。
That part of their own surplus produce becomes of less value to them, and they have less encouragement to increase its quantity.
彼ら自身の余剰生産物のその部分は彼らにとって価値が低くなり、彼らはその量を増やす意欲を失う。
All taxes upon consumable commodities, therefore, tend to reduce the quantity of productive labour below what it otherwise would be, either in preparing the commodities taxed, if they are home commodities, or in preparing those with which they are purchased, if they are foreign commodities.
したがって、消費財に対するすべての税は、課税される商品が国産品である場合はその商品の製造において、また、課税される商品が外国製品である場合はその商品を購入するために売られる商品の製造において、生産的労働の量をそうでない場合よりも減少させる傾向がある。
Such taxes, too, always alter, more or less, the natural direction of national industry, and turn it into a channel always different from, and generally less advantageous, than that in which it would have run of its own accord.
そのような税もまた、常に多かれ少なかれ、国民産業の自然な方向を変え、それを自らの意志で運営していた場合とは常に異なり、一般的にあまり有利ではない経路に変える。

 Thirdly, the hope of evading such taxes by smuggling, gives frequent occasion to forfeitures and other penalties, which entirely ruin the smuggler;
第三に、密輸によってそのような税を回避しようとする期待は、密輸業者を完全に破滅させる没収やその他の罰則を頻繁に招く。
a person who, though no doubt highly blameable for violating the laws of his country, is frequently incapable of violating those of natural justice, and would have been, in every respect, an excellent citizen, had not the laws of his country made that a crime which nature never meant to be so.
自国の法律に違反したことは間違いなく非難されるべきだが、自然正義の法則に違反することはできないことが多く、自国の法律が自然が決してそうは意図していなかったことを犯罪とみなさなければ、あらゆる点で優れた市民であったであろう人物である。
In those corrupted governments, where there is at least a general suspicion of much unnecessary expense, and great misapplication of the public revenue, the laws which guard it are little respected.
少なくとも多くの不必要な支出と公的収入の大きな誤用が一般に疑われている腐敗した政府では、それを守る法律はほとんど尊重されていない。
Not many people are scrupulous about smuggling, when, without perjury, they can find an easy and safe opportunity of doing so.
偽証をせずに密輸を簡単に安全に行う機会を見つけられる場合、密輸に慎重になる人は多くない。
To pretend to have any scruple about buying smuggled goods, though a manifest encouragement to the violation of the revenue laws, and to the perjury which almost always attends it, would, in most countries, be regarded as one of those pedantic pieces of hypocrisy which, instead of gaining credit with anybody, serve only to expose the person who affects to practise them to the suspicion of being a greater knave than most of his neighbours.
密輸品を購入することに良心の呵責があるふりをすることは、税法違反やそれに伴う偽証を明らかに助長するものであるが、ほとんどの国では、誰からも信用を得るどころか、それを実践するふりをする人が近所のほとんどの人よりも悪党であるという疑いを抱かせるだけの、衒学的な偽善の一つと見なされるだろう。
By this indulgence of the public, the smuggler is often encouraged to continue a trade, which he is thus taught to consider as in some measure innocent;
このような国民の甘い態度によって、密輸業者はしばしば商売を続けることを奨励され、ある程度は罪がないと考えるようになります。
and when the severity of the revenue laws is ready to fall upon him, he is frequently disposed to defend with violence, what he has been accustomed to regard as his just property.
そして、税法の厳しさが彼に降りかかろうとすると、彼はしばしば暴力で自分の正当な財産と考えてきたものを守ろうとする。
From being at first, perhaps, rather imprudent than criminal, he at last too often becomes one of the hardiest and most determined violators of the laws of society.
最初は犯罪者というよりは軽率だったかもしれないが、ついには社会の法律を最も大胆に、最も断固として犯す者の一人になってしまうことがあまりにも多い。
By the ruin of the smuggler, his capital, which had before been employed in maintaining productive labour, is absorbed either in the revenue of the state, or in that of the revenue officer;
密輸業者の破滅によって、それまで生産労働の維持に使われていた彼の資本は、国家の収入か税務官の収入に吸収される。
and is employed in maintaining unproductive, to the diminution of the general capital of the society, and of the useful industry which it might otherwise have maintained.
そして、非生産的なものを維持するために使われ、社会の一般資本と、そうでなければ維持できたであろう有用な産業が減少する。

 Fourthly, such taxes, by subjecting at least the dealers in the taxed commodities, to the frequent visits and odious examination of the tax-gatherers, expose them sometimes, no doubt, to some degree of oppression, and always to much trouble and vexation;
第四に、そのような税は、少なくとも課税対象商品の販売業者を、徴税吏の頻繁な訪問や忌まわしい検査にさらすことで、彼らを時折、ある程度の抑圧にさらし、常に多くのトラブルや悩みの種にしていることは間違いない。
and though vexation, as has already been said, is not strictly speaking expense, it is certainly equivalent to the expense at which every man would be willing to redeem himself from it.
すでに述べたように、悩みは厳密に言えば費用ではないが、誰もが喜んでその悩みから逃れるために支払うであろう費用に相当することは確かである。
The laws of excise, though more effectual for the purpose for which they were instituted, are, in this respect, more vexatious than those of the customs.
物品税法は、制定された目的にはより効果的であるが、この点では関税法よりも厄介である。
When a merchant has imported goods subject to certain duties of customs;
商人が一定の関税を課せられる商品を輸入した場合、
when he has paid those duties, and lodged the goods in his warehouse;
その関税を支払い、商品を倉庫に保管したとき、
he is not, in most cases, liable to any further trouble or vexation from the custom-house officer.
ほとんどの場合、その商人は税関職員からそれ以上の面倒や悩みを受けることはない。
It is otherwise with goods subject to duties of excise.
物品税の対象となる商品はそうではない。
The dealers have no respite from the continual visits and examination of the excise officers.
業者は物品税官吏の絶え間ない訪問と検査から逃れることができない。
The duties of excise are, upon this account, more unpopular than those of the customs;
このため、物品税は関税よりも不人気である。
and so are the officers who levy them.
徴収する官吏も同様である。
Those officers, it is pretended, though in general, perhaps, they do their duty fully as well as those of the customs;
これらの官吏は、たぶん一般には関税官吏と同じように職務を全うしているにもかかわらず、
yet, as that duty obliges them to be frequently very troublesome to some of their neighbours, commonly contract a certain hardness of character, which the others frequently have not.
職務上、近隣の人にしばしば迷惑をかけざるを得ないため、他の官吏にはあまり見られない、ある種の冷酷な性格を身につけることが多いとされている。
This observation, however, may very probably be the mere suggestion of fraudulent dealers, whose smuggling is either prevented or detected by their diligence.
しかし、この観察は、おそらく、彼らの勤勉さによって密輸が阻止されたり、発見されたりする不正な業者の単なる示唆にすぎない。

 The inconveniencies, however, which are, perhaps, in some degree inseparable from taxes upon consumable communities, fall as light upon the people of Great Britain as upon those of any other country of which the government is nearly as expensive.
しかし、おそらく消費財に課税することとある程度切り離せない不都合は、政府の支出がほぼ同じくらい大きい他の国々の人々と同じように、イギリスの人々にも軽く降りかかる。
Our state is not perfect, and might be mended;
我々の国家は完全ではなく、改善の余地がある。
but it is as good, or better, than that of most of our neighbours.
しかし、それは我々の隣国のほとんどの国家と同じくらい、あるいはそれよりも良い。

 In consequence of the notion, that duties upon consumable goods were taxes upon the profits of merchants, those duties have, in some countries, been repeated upon every successive sale of the goods.
消費財に対する関税は商人の利益に対する税であるという考えから、一部の国では、それらの関税は商品が連続して販売されるたびに繰り返されてきた。
If the profits of the merchant-importer or merchant-manufacturer were taxed, equality seemed to require that those of all the middle buyers, who intervened between either of them and the consumer, should likewise be taxed.
輸入商人や製造業者の利益に課税されるならば、平等の観点から、彼らと消費者の間に介在するすべての中間購入者の利益にも同様に課税されるべきであるように思われた。
The famous alcavala of Spain seems to have been established upon this principle.
スペインの有名なアルカバラはこの原則に基づいて制定されたようである。
It was at first a tax of ten per cent.
それは当初、10パーセントの税金だった。
afterwards of fourteen per cent.
その後14パーセントになった。
and it is at present only six per cent.
そして現在はわずか6パーセントである。
upon the sale of every sort of property whether moveable or immoveable;
動産であれ不動産であれ、あらゆる種類の財産の売却に対して課せられる。
and it is repeated every time the property is sold. {Memoires concernant les Droits, etc.
そして、その財産が売却されるたびに繰り返される。
tom. i, p. 15}
第一巻、15ページ}
The levying of this tax requires a multitude of revenue officers, sufficient to guard the transportation of goods, not only from one province to another, but from one shop to another.
この税の徴収には、一地方から別の地方へだけでなく、一店舗から別の店舗への商品の輸送を監視するのに十分な多数の税務官を必要とする。
It subjects, not only the dealers in some sorts of goods, but those in all sorts, every farmer, every manufacturer, every merchant and shopkeeper, to the continual visit and examination of the tax-gatherers.
それは、ある種の商品の取引業者だけでなく、あらゆる種類の取引業者、すべての農民、すべての製造業者、すべての商人や店主を、徴税吏の絶え間ない訪問と検査にさらすこととなる。
Through the greater part of the country in which a tax of this kind is established, nothing can be produced for distant sale.
この種の税が制定されている国の大部分では、遠隔地での販売のために生産できるものは何もない。
The produce of every part of the country must be proportioned to the consumption of the neighbourhood.
国のあらゆる部分の生産物は、近隣の消費量に比例しなければならない。
It is to the alcavala, accordingly, that Ustaritz imputes the ruin of the manufactures of Spain.
したがって、ウスタリッツはスペインの製造業の破滅をアルカバラに帰している。
He might have imputed to it, likewise, the declension of agriculture, it being imposed not only upon manufactures, but upon the rude produce of the land.
彼はまた、農業の衰退もアルカバラに帰していたかもしれない。それは、製造業だけでなく、土地の粗野な生産物にも課せられていたからである。

 In the kingdom of Naples, there is a similar tax of three per cent.
ナポリ王国では、同様の税が三パーセントある。
upon the value of all contracts, and consequently upon that of all contracts of sale.
すべての契約の価値に課せられ、結果的にすべての売買契約の価値に課せられる。
It is both lighter than the Spanish tax, and the greater part of towns and parishes are allowed to pay a composition in lieu of it.
それはスペインの税よりも軽く、町や教区の大部分は、その代わりに一括払いをすることが許されている。
They levy this composition in what manner they please, generally in a way that gives no interruption to the interior commerce of the place.
彼らはこの一括払いを、自分たちの好きな方法で、通常はその場所の内部商業を妨害しない方法で徴収する。
The Neapolitan tax, therefore, is not near so ruinous as the Spanish one.
したがって、ナポリの税はスペインの税ほど破壊的ではない。

 The uniform system of taxation, which, with a few exception of no great consequence, takes place in all the different parts of the united kingdom of Great Britain, leaves the interior commerce of the country, the inland and coasting trade, almost entirely free.
大した影響のない少数の例外を除いて、イギリス連合王国のすべての地域で採用されている統一課税制度は、国内の内部商業、内陸貿易、沿岸貿易をほぼ完全に自由にしている。
The inland trade is almost perfectly free;
内陸貿易はほぼ完全に自由である。
and the greater part of goods may be carried from one end of the kingdom to the other, without requiring any permit or let-pass, without being subject to question, visit or examination, from the revenue officers.
ほとんどの商品は、許可証や通行証を必要とせず、税関職員からの質問、訪問、検査を受けることなく、王国の端から端まで運ぶことができる。
There are a few exceptions, but they are such as can give no interruption to any important branch of inland commerce of the country.
いくつかの例外はあるが、国内の内陸商業の重要な分野に支障をきたすようなものではない。
Goods carried coastwise, indeed, require certificates or coast-cockets.
沿岸で運ばれる貨物には、確かに証明書や沿岸通関証明書が必要である。
If you except coals, however, the rest are almost all duty-free.
しかし、石炭を除けば、残りはほとんどすべて免税である。
This freedom of interior commerce, the effect of the uniformity of the system of taxation, is perhaps one of the principal causes of the prosperity of Great Britain; every great country being necessarily the best and most extensive market for the greater part of the productions of its own industry.
課税制度の統一の効果であるこの国内商業の自由は、おそらくイギリスの繁栄の主な原因の一つであり、どの大国も必然的に自国の産業の大部分にとって最良かつ最も広範な市場である。
If the same freedom in consequence of the same uniformity, could be extended to Ireland and the plantations, both the grandeur of the state, and the prosperity of every part of the empire, would probably be still greater than at present.
もし同じ統一性の結果として同じ自由がアイルランドやプランテーションにまで拡大されれば、国家の壮大さと帝国のあらゆる部分の繁栄は、おそらく現在よりもさらに大きくなるだろう。

 In France, the different revenue laws which take place in the different provinces, require a multitude of revenue officers to surround, not only the frontiers of the kingdom, but those of almost each particular province, in order either to prevent the importation of certain goods, or to subject it to the payment of certain duties, to the no small interruption of the interior commerce of the country.
フランスでは、各地方によって税法が異なるため、王国の国境だけでなく、ほとんどすべての地方の国境を多数の税関職員が取り囲む必要があり、特定の商品の輸入を阻止したり、特定の関税を課したりすることで、国内の商業活動に少なからぬ支障をきたしている。
Some provinces are allowed to compound for the gabelle, or salt tax;
一部の州では、塩税を合成することが認められている。
others are exempted from it altogether.
他の州では、塩税は完全に免除されている。
Some provinces are exempted from the exclusive sale of tobacco, which the farmers-general enjoy through the greater part of the kingdom.
一部の州では、王国の大部分で農民が享受しているタバコの独占販売が免除されている。
The aides, which correspond to the excise in England, are very different in different provinces.
イギリスの物品税に相当する補助金は、州によって大きく異なる。
Some provinces are exempted from them, and pay a composition or equivalent.
一部の州では、それらが免除され、合成物または同等物を支払う。
In those in which they take place, and are in farm, there are many local duties which do not extend beyond a particular town or district.
それが起こり、農場にある州では、特定の町や地区を超えて拡大しない多くの地方税がある。
The traites, which correspond to our customs, divide the kingdom into three great parts;
我々の関税に相当するtraitesは、王国を3つの大きな部分に分ける。
first, the provinces subject to the tariff of 1664, which are called the provinces of the five great farms, and under which are comprehended Picardy, Normandy, and the greater part of the interior provinces of the kingdom;
第一に、1664年の課税対象の州は、5つの大農場の州と呼ばれ、ピカルディ、ノルマンディー、および王国の内陸部の州の大部分が含まれる。
secondly, the provinces subject to the tariff of 1667, which are called the provinces reckoned foreign, and under which are comprehended the greater part of the frontier provinces;
第二に、1667年の課税対象の州は、外国と見なされる州と呼ばれ、国境の州の大部分が含まれる。
and, thirdly, those provinces which are said to be treated as foreign, or which, because they are allowed a free commerce with foreign countries, are, in their commerce with the other provinces of France, subjected to the same duties as other foreign countries.
そして第三に、外国として扱われると言われる州、または外国との自由貿易が許されているために、フランスの他の州との貿易において、他の外国と同じ関税が課せられる州である。
These are Alsace, the three bishoprics of Mentz, Toul, and Verdun, and the three cities of Dunkirk, Bayonne, and Marseilles.
これらはアルザス、メンツ、トゥール、ヴェルダンの3つの司教区、そしてダンカーク、バイヨンヌ、マルセイユの3つの都市である。
Both in the provinces of the five great farms (called so on account of an ancient division of the duties of customs into five great branches, each of which was originally the subject of a particular farm, though they are now all united into one), and in those which are said to be reckoned foreign, there are many local duties which do not extend beyond a particular town or district.
5つの大農場の州(税関の義務を5つの大きな支部に分割したことからそう呼ばれ、それぞれが元々は特定の農場の対象であったが、現在はすべて1つに統合されている)と、外国と見なされる州の両方で、特定の町や地区を超えて拡大しない地方税が多くある。
There are some such even in the provinces which are said to be treated as foreign, particularly in the city of Marseilles.
外国として扱われると言われる州、特にマルセイユ市にもそのような州がいくつかある。
It is unnecessary to observe how much both the restraints upon the interior commerce of the country, and the number of the revenue officers, must be multiplied, in order to guard the frontiers of those different provinces and districts which are subject to such different systems of taxation.
このような異なる課税制度の対象となる異なる州や地区の国境を守るために、国内の商業に対する制約と収税吏の数をどれだけ増やさなければならないかについては、言うまでもない。

 Over and above the general restraints arising from this complicated system of revenue laws, the commerce of wine (after corn, perhaps, the most important production of France) is, in the greater part of the provinces, subject to particular restraints arising from the favour which has been shown to the vineyards of particular provinces and districts above those of others.
この複雑な税法制度から生じる一般的な制約に加えて、ワイン(おそらくフランスで最も重要な生産物であるトウモロコシに次ぐ)の商業は、州の大部分で、特定の州や地区のブドウ園が他の州や地区よりも優遇されていることから生じる特別な制約を受けている。
The provinces most famous for their wines, it will be found, I believe, are those in which the trade in that article is subject to the fewest restraints of this kind.
ワインで最も有名な州は、その品目の貿易がこの種の制約を最も受けていない州であることがわかるだろう。
The extensive market which such provinces enjoy, encourages good management both in the cultivation of their vineyards, and in the subsequent preparation of their wines.
そのような州が享受する広大な市場は、ブドウ園の栽培とその後のワインの製造の両方において、優れた管理を促進する。

 Such various and complicated revenue laws are not peculiar to France.
このような多様で複雑な税法はフランス特有のものではない。
The little duchy of Milan is divided into six provinces, in each of which there is a different system of taxation, with regard to several different sorts of consumable goods.
ミラノの小公国は六つの州に分かれており、それぞれに消費財の種類ごとに異なる課税制度がある。
The still smaller territories of the duke of Parma are divided into three or four, each of which has, in the same manner, a system of its own.
パルマ公のさらに小さな領土は三つか四つに分かれており、それぞれが同じように独自の制度を持っている。
Under such absurd management, nothing but the great fertility of the soil, and happiness of the climate, could preserve such countries from soon relapsing into the lowest state of poverty and barbarism.
このような馬鹿げた管理のもとでは、土壌の肥沃さと気候の恵みだけが、そのような国々がすぐに貧困と野蛮の最低の状態に陥らないように守ることができる。

 Taxes upon consumable commodities may either be levied by an administration, of which the officers are appointed by govermnent, and are immediately accountable to government, of which the revenue must, in this case, vary from year to year, according to the occasional variations in the produce of the tax;
消費財に対する税は、政府によって任命され、政府に直接責任を負う行政によって徴収されるか、この場合、税収は税収の臨時の変化に応じて年ごとに変動する。
or they may be let in farm for a rent certain, the farmer being allowed to appoint his own officers, who, though obliged to levy the tax in the manner directed by the law, are under his immediate inspection, and are immediately accountable to him.
あるいは、一定の地代で農場に貸し付けられ、農場主は独自の役人を任命することができ、その役人は法律で定められた方法で税金を徴収する義務があるものの、農場主の直接の監督下にあり、農場主に直接責任を負う。
The best and most frugal way of levying a tax can never be by farm.
税金を徴収する最善かつ最も質素な方法は、決して農場ではありえない。
Over and above what is necessary for paying the stipulated rent, the salaries of the officers, and the whole expense of administration, the farmer must always draw from the produce of the tax a certain profit, proportioned at least to the advance which he makes, to the risk which he runs, to the trouble which he is at, and to the knowledge and skill which it requires to manage so very complicated a concern.
定められた地代、役人の給与、管理費の全額を支払うために必要な額を超えて、農場主は常に税収から一定の利益を得なければならないが、それは少なくとも彼が支払う前払金、彼が負うリスク、彼が被るトラブル、そして非常に複雑な懸念を管理するために必要な知識とスキルに比例する。
Government, by establishing an administration under their own immediate inspection, of the same kind with that which the farmer establishes, might at least save this profit, which is almost always exorbitant.
政府は、農場主が設立したものと同じ種類の行政を、自分たちの直接の監督下に設立することで、少なくともこの利益を節約できるかもしれないが、それはほとんどの場合法外なものである。
To farm any considerable branch of the public revenue requires either a great capital, or a great credit;
公的収入の重要な部分を農場にするには、多額の資本か多額の信用が必要である。
circumstances which would alone restrain the competition for such an undertaking to a very small number of people.
そのような事業をめぐる競争をごく少数の人々に限定する状況である。
Of the few who have this capital or credit, a still smaller number have the necessary knowledge or experience;
この資本や信用を持っている少数の人々のうち、さらに少ない数の人々が必要な知識や経験を持っている。
another circumstance which restrains the competition still further.
競争をさらに制限する別の状況である。
The very few who are in condition to become competitors, find it more for their interest to combine together;
競争相手になる条件を備えたごく少数の人々は、団結する方が利益になると考える。
to become copartners, instead of competitors;
競争相手ではなく、共同経営者になることである。
and, when the farm is set up to auction, to offer no rent but what is much below the real value.
そして、農場が競売にかけられた時には、実際の価値をはるかに下回る賃料しか提示しない。
In countries where the public revenues are in farm, the farmers are generally the most opulent people.
公収入が農場にある国では、農場主は一般に最も裕福な人々である。
Their wealth would alone excite the public indignation;
彼らの富だけでも国民の憤慨を招くだろう。
and the vanity which almost always accompanies such upstart fortunes, the foolish ostentation with which they commonly display that wealth, excite that indignation still more.
そして、そのような成り上がり者の富にほとんどいつも伴う虚栄心、彼らが普通にその富を誇示する愚かな虚栄心は、その憤慨をさらにかきたてる。

 The farmers of the public revenue never find the laws too severe, which punish any attempt to evade the payment of a tax.
公収入の農場主は、税金の支払いを回避しようとする行為を罰する法律が厳しすぎるとは決して思わない。
They have no bowels for the contributors, who are not their subjects, and whose universal bankruptcy, if it should happen the day after the farm is expired, would not much affect their interest.
彼らは、彼らの臣民ではなく、農場が期限切れになった翌日に起こったとしても、彼らの利益にあまり影響を与えないであろう、普遍的な破産を起こした納税者に対して、情け容赦がない。
In the greatest exigencies of the state, when the anxiety of the sovereign for the exact payment of his revenue is necessarily the greatest, they seldom fail to complain, that without laws more rigorous than those which actually took place, it will be impossible for them to pay even the usual rent.
国家の最大の危機に際して、君主が収入を正確に支払うことへの不安が必然的に最大となるとき、彼らは実際に起こった法律よりも厳しい法律がなければ、通常の地代を支払うことさえ不可能であると不平を言うことはめったにない。
In those moments of public distress, their commands cannot be disputed.
国民が苦しんでいるそのような瞬間に、彼らの命令に異議を唱えることはできない。
The revenue laws, therefore, become gradually more and more severe.
そのため、収入に関する法律は次第に厳しくなってきている。
The most sanguinary are always to be found in countries where the greater part of the public revenue is in farm;
最も血なまぐさいものは、常に公的収入の大部分が農場にある国々で見られる。
the mildest, in countries where it is levied under the immediate inspection of the sovereign.
最も穏やかなのは、君主の直接の検査のもとで徴収される国々である。
Even a bad sovereign feels more compassion for his people than can ever be expected from the farmers of his revenue.
悪い君主でさえ、収入の農場主から期待できるよりも、国民に対してより多くの思いやりを感じている。
He knows that the permanent grandeur of his family depends upon the prosperity of his people, and he will never knowingly ruin that prosperity for the sake of any momentary interest of his own.
彼は、自分の家族の永続的な壮大さは、国民の繁栄にかかっていることを知っており、自分の瞬間的な利益のために、その繁栄を故意に台無しにすることは決してないだろう。
It is otherwise with the farmers of his revenue, whose grandeur may frequently be the effect of the ruin, and not of the prosperity, of his people.
収入の農場主はそうではなく、その壮大さはしばしば国民の繁栄ではなく破滅の結果である。

 A tax is sometimes not only farmed for a certain rent, but the farmer has, besides, the monopoly of the commodity taxed.
税金は、一定の地代で農場経営されるだけでなく、農場主が課税される商品を独占することもある。
In France, the duties upon tobacco and salt are levied in this manner.
フランスでは、タバコと塩に対する関税がこの方式で徴収されている。
In such cases, the farmer, instead of one, levies two exorbitant profits upon the people;
このような場合、農場主は1つではなく2つの法外な利益を国民に課す。
the profit of the farmer, and the still more exorbitant one of the monopolist.
農場主の利益と、独占者のさらに法外な利益である。
Tobacco being a luxury, every man is allowed to buy or not to buy as he chuses;
タバコは贅沢品なので、誰でも買うも買わないも自由である。
but salt being a necessary, every man is obliged to buy of the farmer a certain quantity of it;
しかし塩は必需品なので、誰でも一定量を農場主から買わなければならない。
because, if he did not buy this quantity of the farmer, he would, it is presumed, buy it of some smuggler.
なぜなら、もし農場主からこの量を買わなければ、密輸業者から買うだろうと推定されるからである。
The taxes upon both commodities are exorbitant.
両商品に対する税金は法外である。
The temptation to smuggle, consequently, is to many people irresistible;
結果として、密輸の誘惑は多くの人にとって抗いがたいものである。
while, at the same time, the rigour of the law, and the vigilance of the farmer’s officers, render the yielding to the temptation almost certainly ruinous.
同時に、法律の厳しさと農場主の役人の警戒心が、誘惑に屈することはほぼ確実に破滅的なものにする。
The smuggling of salt and tobacco sends every year several hundred people to the galleys, besides a very considerable number whom it sends to the gibbet.
塩とタバコの密輸は、毎年数百人をガレー船に送り、さらにかなりの数を絞首台に送っている。
Those taxes, levied in this manner, yield a very considerable revenue to government.
このような方法で徴収される税金は、政府にかなりの収入をもたらす。
In 1767, the farm of tobacco was let for twenty-two millions five hundred and forty-one thousand two hundred and seventy-eight livres a-year;
1767年には、タバコの農場は年間2254万1278リーヴルで貸し出されていた。
that of salt for thirty-six millions four hundred and ninety-two thousand four hundred and four livres.
塩の農場は3649万2404リーヴルで貸し出されていた。
The farm, in both cases, was to commence in 1768, and to last for six years.
どちらの場合も、農場は1768年に開始され、6年間続くことになっていた。
Those who consider the blood of the people as nothing, in comparison with the revenue of the prince, may, perhaps, approve of this method of levying taxes.
君主の収入と比べて人民の血を無価値だと考える人は、おそらくこの徴税方法を認めるだろう。
Similar taxes and monopolies of salt and tobacco have been established in many other countries, particularly in the Austrian and Prussian dominions, and in the greater part of the states of Italy.
塩とタバコの同様の税と独占は、他の多くの国、特にオーストリアとプロイセンの領土、そしてイタリアの州の大部分で確立されている。

 In France, the greater part of the actual revenue of the crown is derived from eight different sources;
フランスでは、王室の実際の収入の大部分は8つの異なる源泉から得られている。
the taille, the capitation, the two vingtiemes, the gabelles, the aides, the traites, the domaine, and the farm of tobacco.
タイヤ、人頭税、2つのヴィンティエム、ガベル、補助金、取引、ドメイン、タバコ農場である。
The five last are, in the greater part of the provinces, under farm.
最後の5つは、地方の大部分で農場経営されている。
The three first are everywhere levied by an administration, under the immediate inspection and direction of government;
最初の3つは、政府の直接の検査と指示のもと、どこでも行政によって徴収されている。
and it is universally acknowledged, that in proportion to what they take out of the pockets of the people, they bring more into the treasury of the prince than the other five, of which the administration is much more wasteful and expensive.
そして、人々のポケットから取り出す額に比例して、他の5つよりも王子の宝庫に多くをもたらすことは、広く認められている。

 The finances of France seem, in their present state, to admit of three very obvious reformations.
フランスの財政は、現状では、3つの非常に明白な改革を認めているように思われる。
First, by abolishing the taille and the capitation, and by increasing the number of the vingtiemes, so as to produce an additional revenue equal to the amount of those other taxes, the revenue of the crown might be preserved;
第一に、テイルと人頭税を廃止し、ヴィンティエムの数を増やすことで、他の税金の額に等しい追加収入を生み出し、王冠の収入を維持することができる。
the expense of collection might be much diminished;
徴収費用を大幅に削減できる。
the vexation of the inferior ranks of people, which the taille and capitation occasion, might be entirely prevented;
テイルと人頭税が引き起こす下層階級の人々の悩みを完全に防ぐことができる。
and the superior ranks might not be more burdened than the greater part of them are at present.
そして、上位階級は、現在その大部分が負担しているよりも重い負担を負うことはないだろう。
The vingtieme, I have already observed, is a tax very nearly of the same kind with what is called the land tax of England.
すでに述べたように、ヴィンティエムはイギリスの地租と呼ばれるものとほぼ同じ種類の税である。
The burden of the taille, it is acknowledged, falls finally upon the proprietors of land;
テイルの負担は、最終的には土地の所有者にかかることは認められている。
and as the greater part of the capitation is assessed upon those who are subject to the taille, at so much a-pound of that other tax, the final payment of the greater part of it must likewise fall upon the same order of people.
そして、人頭税の大部分は、テイルの対象となる人々に課せられ、その他の税の1ポンドあたりの額が非常に高いので、その大部分の最終的な支払いも同様に同じ階級の人々にかかるに違いない。
Though the number of the vingtiemes, therefore, was increased, so as to produce an additional revenue equal to the amount of both those taxes, the superior ranks of people might not be more burdened than they are at present;
したがって、ヴィンティエムの数が増加し、これらの税金の両方の額に等しい追加収入が生み出されたとしても、上位階級の人々は現在よりも重い負担を負うことはないだろう。
many individuals, no doubt, would, on account of the great inequalities with which the taille is commonly assessed upon the estates and tenants of different individuals.
テイルが通常、異なる個人の私有地や借地人に課せられる大きな不平等のために、多くの個人は間違いなくそうするだろう。
The interest and opposition of such favoured subjects, are the obstacles most likely to prevent this, or any other reformation of the same kind.
このような優遇された臣民の利害と反対は、これや同じ種類の他の改革を阻止する可能性が最も高い障害である。
Secondly, by rendering the gabelle, the aides, the traites, the taxes upon tobacco, all the different customs and excises, uniform in all the different parts of the kingdom, those taxes might be levied at much less expense, and the interior commerce of the kingdom might be rendered as free as that of England.
第二に、ガベル、補助金、関税、タバコ税、あらゆる関税や物品税を王国のあらゆる地域で統一することで、これらの税ははるかに少ない費用で徴収でき、王国の国内商業はイギリスのそれと同じくらい自由になるかもしれない。
Thirdly, and lastly, by subjecting all those taxes to an administration under the immediate inspection and direction or government, the exorbitant profits of the farmers-general might be added to the revenue of the state.
第三に、そして最後に、これらすべての税金を政府の直接の検査と指示のもとで管理することで、徴税請負人の法外な利益が国の収入に加算されるかもしれない。
The opposition arising from the private interest of individuals, is likely to be as effectual for preventing the two last as the first-mentioned scheme of reformation.
個人の私利から生じる反対は、最初に述べた改革案と同じく、最後の二つを阻止するのに効果的である可能性が高い。

 The French system of taxation seems, in every respect, inferior to the British.
フランスの課税制度は、あらゆる点でイギリスの制度に劣っているように思われる。
In Great Britain, ten millions sterling are annually levied upon less than eight millions of people, without its being possible to say that any particular order is oppressed.
イギリスでは、八百万人以下の人々から毎年一千万スターリングが徴収されているが、特定の階級が圧迫されていると言うことはできない。
From the Collections of the Abbé Expilly, and the observations of the author of the Essay upon the Legislation and Commerce of Corn, it appears probable that France, including the provinces of Lorraine and Bar, contains about twenty-three or twenty-four millions of people;
エクスピリー師の収集物や、穀物の立法と商業に関する論文の著者の観察から、ロレーヌとバール地方を含めたフランスの人口は約二千三百万から二千四百万人であると考えられる。
three times the number, perhaps, contained in Great Britain.
おそらくイギリスの三倍の人口である。
The soil and climate of France are better than those of Great Britain.
フランスの土壌と気候はイギリスよりも優れている。
The country has been much longer in a state of improvement and cultivation, and is, upon that account, better stocked with all those things which it requires a long time to raise up and accumulate;
フランスはイギリスよりもずっと長い間、改良と耕作の状態にあり、そのため、育てて蓄積するのに長い時間を要するあらゆるものが豊富にある。
such as great towns, and convenient and well-built houses, both in town and country.
大都市や、都市部と農村部の両方にある便利で立派な家などである。
With these advantages, it might be expected, that in France a revenue of thirty millions might be levied for the support of the state, with as little inconvenience as a revenue of ten millions is in Great Britain.
これらの利点を考えれば、フランスでは国家を支えるために三千万の収入が徴収され、イギリスでは一千万の収入が徴収されるのと同じくらい不便が少ないことが期待できるかもしれない。
In 1765 and 1766, the whole revenue paid into the treasury of France, according to the best, though, I acknowledge, very imperfect accounts which I could get of it, usually run between 308 and 325 millions of livres;
1765年と1766年には、私が入手できた最も完全な、しかし非常に不完全な計算によると、フランスの国庫に支払われた収入の総額は、通常3億800万から3億2500万リーブルの間だった。
that is, it did not amount to fifteen millions sterling;
つまり、1500万ポンドにも満たなかった。
not the half of what might have been expected, had the people contributed in the same proportion to their numbers as the people of Great Britain.
イギリス国民と同じ割合で国民が貢献していたら、期待されていた額の半分にも満たなかった。
The people of France, however, it is generally acknowledged, are much more oppressed by taxes than the people of Great Britain.
しかし、フランス国民はイギリス国民よりも税金に苦しんでいることは広く認められている。
France, however, is certainly the great empire in Europe, which, after that of Great Britain, enjoys the mildest and most indulgent government.
しかし、フランスは確かにヨーロッパの大帝国であり、イギリスに次いで最も穏やかで寛大な政府を享受している。

 In Holland, the heavy taxes upon the necessaries of life have ruined, it is said, their principal manufacturers, and are likely to discourage, gradually, even their fisheries and their trade in ship-building.
オランダでは、生活必需品に課せられた重税が主要な製造業者を破滅させ、漁業や造船業でさえも徐々に衰退させていると言われている。
The taxes upon the necessaries of life are inconsiderable in Great Britain, and no manufacture has hitherto been ruined by them.
イギリスでは生活必需品にかかる税金はわずかで、これまでのところそれによって製造業が破綻したことはない。
The British taxes which bear hardest on manufactures, are some duties upon the importation of raw materials, particularly upon that of raw silk.
イギリスの税制で製造業に最も重くのしかかっているのは、原材料の輸入関税、特に生糸の輸入関税である。
The revenue of the States-General and of the different cities, however, is said to amount to more than five millions two hundred and fifty thousand pounds sterling;
しかし、総督府と各都市の収入は、525万ポンド以上に達すると言われている。
and as the inhabitants of the United Provinces cannot well be supposed to amount to more than a third part of those of Great Britain, they must, in proportion to their number, be much more heavily taxed.
連合州の住民はイギリスの三分の一にも満たないと考えられるので、彼らは人口に比例して、はるかに重い税金を課せられているに違いない。

 After all the proper subjects of taxation have been exhausted, if the exigencies of the state still continue to require new taxes, they must be imposed upon improper ones.
課税に適した対象がすべて使い果たされた後、国家の緊急事態が依然として新たな税金を必要とするならば、不適切な対象に課税しなければならない。
The taxes upon the necessaries of life, therefore, may be no impeachment of the wisdom of that republic, which, in order to acquire and to maintain its independency, has, in spite of its meat frugality, been involved in such expensive wars as have obliged it to contract great debts.
したがって、生活必需品に課税することは、その共和国の知恵を弾劾するものではないかもしれない。その共和国は、独立を獲得し維持するために、その肉の倹約にもかかわらず、多額の借金を抱えざるを得ないような高額な戦争に巻き込まれてきた。
The singular countries of Holland and Zealand, besides, require a considerable expense even to preserve their existence, or to prevent their being swallowed up by the sea, which must have contributed to increase considerably the load of taxes in those two provinces.
その上、ホランドとジーランドという特異な国々は、その存在を維持したり、海に飲み込まれるのを防ぐためにさえ、かなりの費用を必要としており、それがこの二つの州の税負担をかなり増大させたに違いない。
The republican form of government seems to be the principal support of the present grandeur of Holland.
共和制の政府形態は、オランダの現在の壮大さを支える主要な要素であるように思われる。
The owners of great capitals, the great mercantile families, have generally either some direct share, or some indirect influence, in the administration of that government.
大資本の所有者である大商家は、一般にその政府の運営に直接的に関与するか、間接的に影響力を持っている。
For the sake of the respect and authority which they derive from this situation, they are willing to live in a country where their capital, if they employ it themselves, will bring them less profit, and if they lend it to another, less interest;
彼らがこの状況から得る尊敬と権威のために、彼らは、自分たちの資本を自分たちで運用すれば利益が少なく、他人に貸せば利子が少ない国に住むことをいとわない。
and where the very moderate revenue which they can draw from it will purchase less of the necessaries and conveniencies of life than in any other part of Europe.
そして、彼らがそこから得ることができる非常に控えめな収入では、ヨーロッパの他のどの地域よりも生活必需品や便利品を買うことができない。
The residence of such wealthy people necessarily keeps alive, in spite of all disadvantages, a certain degree of industry in the country.
そのような裕福な人々の住居は、あらゆる不利な条件にもかかわらず、必然的にその国にある程度の産業を存続させる。
Any public calamity which should destroy the republican form of government, which should throw the whole administration into the hands of nobles and of soldiers, which should annihilate altogether the importance of those wealthy merchants, would soon render it disagreeable to them to live in a country where they were no longer likely to be much respected.
共和制の政府を破壊し、行政全体を貴族や兵士の手に委ね、裕福な商人の重要性を完全に消滅させるような公衆災害は、彼らがもはやあまり尊敬されそうにない国に住むことをすぐに不快にするだろう。
They would remove both their residence and their capital to some other country, and the industry and commerce of Holland would soon follow the capitals which supported them.
彼らは住居と資本の両方を他の国に移し、オランダの産業と商業はすぐにそれらを支えた首都に追随するだろう。