Chapter 22: SINGING SCHOOL 第22章: 歌の学校

 School began next day in the new brick schoolhouse on Third Street in town. 翌日、町の三番街にある新しいレンガ造りの校舎で学校が始まった。
This was a two-story schoolhouse, with two teachers. そこは2階建ての校舎で、2人の教師がいた。
The small children were in the downstairs room, and the older ones upstairs. 小さい子供たちは階下の部屋にいて、年長の子供たちは上階にいた。

 Laura and Carrie were in the upstairs room. ローラとキャリーは上階の部屋にいた。
It seemed strangely large and empty, without the small children. 小さい子供たちがいなくて、妙に大きくて空っぽに見えた。
Yet almost all the seats were filled with boys and girls whom they did not know. それでも、ほとんどすべての席が知らない男の子や女の子で埋まっていた。
Only a few back seats were empty, and these would be filled when the weather grew too cold for farm work and the big boys came to school. 後ろの席だけが少し空いていたが、天候が農作業には寒くなりすぎて、大きな男の子たちが学校に来ると、そこも埋まってしまうだろう。

 At recess Ida and Laura stood at an upstairs window, looking down at the children playing outdoors, and talking with Mary Power and Minnie Johnson. 休み時間に、アイダとローラは二階の窓に立って、外で遊んでいる子供たちを見下ろしながら、メアリー・パワーとミニー・ジョンソンと話していた。
Ida and Elmer were coming to the singing school Friday night, and so were Minnie and her brother, Arthur, and Mary Power with her new beau, Ed. アイダとエルマーは金曜日の夜に歌の学校に来ることになっていたし、ミニーとその兄のアーサー、メアリー・パワーとその新しい恋人のエドも来ることになっていた。

 “I wonder why Nellie Oleson isn’t coming to school,” Laura wondered, and Ida said, “Oh, hadn’t you heard? 「どうしてネリー・オルソンが学校に来ないのかしら」とローラは不思議に思った。アイダは「ああ、聞いてなかったの?
She’s gone back to New York.” 彼女はニューヨークに戻ったのよ」と言った。

 “Not really!” 「本当に!」

 “Yes, she’s gone back there to stay with some relatives. 「そう、親戚のところに滞在するために戻ったのよ。
You know what I bet, 私が賭けたことを知っている?
I bet she talks all the time about how wonderful it is in the West!” 彼女は西部がどれほど素晴らしいかについていつも話しているに違いないよ!」
Ida laughed. アイダは笑った。
They all laughed. みんな笑った。

 All alone among the empty seats one of the new girls was sitting by herself. 空席の中に一人ぼっちで、新しい女の子の一人が一人で座っていた。
She was very blonde, and tall and slender, and she looked unhappy. 彼女はとても金髪で、背が高くほっそりしていて、不幸そうに見えた。
Suddenly Laura knew how she felt. 突然ローラは彼女の気持ちがわかった。
They were all having such a good time, and there she sat, left out and lonely and shy, as Laura used to feel. みんなとても楽しい時間を過ごしていたが、彼女はそこに座って、ローラがかつて感じていたように、取り残され、孤独で恥ずかしそうにしていた。

 “That new girl looks nice, and she looks lonesome,” Laura said in a low voice. 「あの新しい女の子は素敵そうだけど、寂しそうね」とローラは小声で言った。
“I’m going to go talk to her.” 「彼女と話しに行ってみよう」

 The new girl’s name was Florence Wilkins. 新しい女の子の名前はフローレンス・ウィルキンスだった。
Her father had a claim northwest of town, and she intended to be a schoolteacher. 彼女の父親は町の北西に土地を所有しており、彼女は学校の先生になるつもりだった。
Laura had been sitting with her and talking only a little while, when the others came from the window and gathered around them. ローラが彼女と座って少し話していたところ、他の人たちが窓からやってきて二人の周りに集まってきた。
Florence was not coming to the singing school. フローレンスは歌の学校には来なかった。
She lived too far away. 彼女は遠く離れたところに住んでいた。

 On Friday evening, Laura was ready promptly at seven, in her brown poplin and her brown velvet hat, and promptly at seven Almanzo came. 金曜日の夕方、ローラは茶色のポプリンのドレスと茶色のベルベットの帽子をかぶって、7時に準備万端で待っていると、7時きっかりにアルマンゾがやってきた。
Barnum stopped, and Laura jumped into the buggy so quickly that Almanzo started him again before he had time to rear. バーナムが止まり、ローラが素早く馬車に飛び乗ったので、アルマンゾは馬が後ろ足で立つ前に馬車を走らせた。

 “That’s the first time,” Almanzo said. 「初めてだ」とアルマンゾは言った。
“He’s getting slower about rearing. 「後ろ足で立つのが遅くなってきた。
Maybe sometime he’ll forget it.” いつか忘れてしまうかもしれない。」

 “Maybe,” Laura doubted it. 「そうかもしれない」ローラは疑った。
She quoted, “ ‘May bees don’t fly in September.’ ” 彼女は「五月の蜂は九月には飛ばない」と引用した。

 Singing school was to be in the church, and as they came into town Almanzo said that they would better leave a little early, before the others came out, because a crowd around Barnum would excite him. 歌の学校は教会で行われ、町に着くとアルマンゾは、バーナムの周りに人だかりがすると興奮するので、他の人が出てきて混雑する前に少し早めに出発した方がいいと言った。
Laura replied, “When you think it is time, just leave, and I will come.” ローラは「時間になったら出発して、私も行くよ」と答えた。

 Almanzo tied Barnum to one of the hitching posts, and they went into the lighted church. アルマンゾはバーナムをつなぎ柱の1つにつなぎ、彼らは明かりのついた教会に入った。
He had paid tuition for two, and bought a singing book. 彼は2人分の授業料を払い、歌の本を買った。
The class was already there, and Mr. Clewett was seating them. クラスはすでにそこにあり、クルーエット氏は彼らを着席させていた。
He placed the bass singers in a group, the tenors in another, and sopranos and altos in groups. 彼はバス歌手を1つのグループに、テノールを別のグループに、ソプラノとアルトをグループに配置した。

 Then he taught them the names and values of the notes, the holds, the slurs, and the rests, and the bass, tenor, and treble clefs. それから彼は彼らに音符の名前と値、ホールド、スラー、休符、そしてバス、テノール、高音部記号を教えた。
After this, he allowed a short recess, and basses, altos, tenors, and sopranos all mixed together, talking and laughing, until Mr. Clewett called them to order again. この後、彼は短い休憩を許可し、クルーエット氏が再び彼らに命令するまで、バス、アルト、テノール、ソプラノがすべて混ざり合い、話し、笑った。

 They practiced singing scales. 彼らは音階を歌う練習をした。
Mr. Clewett gave the pitch with his tuning fork again and again. クルーエット氏は音叉で何度も音程を合わせた。
When almost all of them managed to sound very nearly the same note, they were off, up and down the scale, singing “do, re, mi, fa, sol, la, si, do.” ほとんど全員がほぼ同じ音を鳴らすことに成功したとき、彼らは音階を上下に歌い、「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド」を歌った。
Exhausted from climbing so high, the voices all gladly came down again, “Do, si, la, sol, fa, mi, re, do!” とても高く登って疲れ果て、声はすべて喜んで再び降りてきた、「ド、シ、ラ、ソ、ファ、ミ、レ、ド!」

 Up and down and up and down they sang, sometimes striking the notes and sometimes not, but always with a good will. 彼らは上下に歌い、時には音符を打ったり、時には打たなかったりしたが、いつも善意で歌っていた。
Laura had taken a place at the end of a seat, and she watched for a sign from Almanzo. ローラは席の端に座り、アルマンゾからの合図を待った。
When quietly he went to the door, she slipped away and followed. 彼が静かにドアに行くと、彼女はそっと抜け出して後を追った。

 While they hurried to the buggy he said, “I’ll help you in before I untie him. 彼らが急いで馬車に向かう途中、彼は言った、「彼を解く前に君を乗せてあげるよ。
Likely he’ll rear as soon as he is untied, but not before if you don’t tighten the lines. 彼は解かれるとすぐに後ろに下がるだろうが、あなたが手綱を締めなければその前に下がることはない。
Take a good hold on them, but don’t move them until he starts. 手綱をしっかり握って、でも彼が動き出すまでは動かさないで。
I’ll try to get in before he comes down, but if I can’t make it, you must hold him. 彼が降りてくる前に乗り込もうとするけど、もし間に合わなかったら、彼を抑えていてくれ。
Let him run, but don’t let him run away. 走らせてやってもいいけど、逃げさせちゃだめだ。
Drive him around the church and pass me again. 教会の周りを走らせて、また私の前を通って。
Don’t be afraid, you can drive him. 怖がらないで、彼を走らせられるよ。
You have, you know.” あなたはそうしたのよ、知ってるでしょ」

 She had never driven him when he was starting, Laura thought, though she said nothing. ローラは何も言わなかったが、彼がスタートする時に彼女が彼を走らせたことは一度もなかったと思った。
Climbing quickly into the buggy, she took hold of the lines where they lay across the dashboard. 彼女は素早く馬車に乗り込み、ダッシュボードに横たわっている手綱を握った。
She gripped them tightly but did not move them. 彼女は手綱を強く握ったが、動かすことはなかった。

 At the hitching post, Almanzo untied Barnum. 馬つなぎの柱で、アルマンゾはバーナムをほどいた。
The instant his head was free, Barnum reared. 頭が自由になった瞬間、バーナムは後ろ足で立った。
Up and up he went until he stood straight on his hind legs; 彼は後ろ足で真っ直ぐに立つまで上へ上へと上がった。
he was down again and running before Laura could catch her breath. ローラが息をつく前に、彼はまた下りて走り出した。
The buggy wheels left the ground and struck it with a jolt. 馬車の車輪が地面から離れ、ガタガタと音を立てた。

 Laura held firmly to the lines. ローラは手綱をしっかりと握った。
Barnum was racing away on the open prairie beyond the church. バーナムは教会の向こうの開けた大草原を走り去っていた。
She pulled steadily harder with her right arm than with the left, and to her joy Barnum turned that way. 彼女は左手よりも右手でぐっと強く引っ張り、喜びにバーナムはそちらの方向に曲がった。
He came swiftly around in a very neat circle. 彼は非常にきれいな円を描いて素早く回ってきた。
The church whirled in its center, and as its side turned toward her, Laura pulled with all her strength on both lines evenly. 教会がその中心でぐるぐる回り、その側面が彼女の方を向くと、ローラは両方の手綱を均等に全力で引っ張った。
But Barnum did not stop. しかしバーナムは止まらなかった。
They flashed past Almanzo, still standing at the hitching post. 彼らは、まだ馬つなぎの柱に立っているアルマンゾを横切った。

 With Barnum’s first leap, Laura’s heart had leaped too, up into her throat where it nearly choked her. バーナムが最初に跳躍した時、ローラの心臓も跳躍し、喉に詰まりそうになった。
Now they were out on the prairie again. 今や彼らは再び大草原に出ていた。
She pulled steadily on the right-hand line, and again Barnum turned. 彼女は右手綱をぐっと引っ張り、バーナムは再び向きを変えた。
Very quickly the other side of the church was coming toward her, and Laura pulled on both lines. すぐに教会の反対側が彼女に向かって来たので、ローラは両方の手綱を引いた。
Barnum almost paused, then with a rearing plunge he was running again. バーナムはほとんど立ち止まりそうになったが、後ろ足で立ち上がってまた走り出した。

 This time Laura’s heart stayed in its place. 今度はローラの心臓は落ち着いていた。
She pulled with her right arm, and Barnum circled neatly. 彼女は右腕で引っ張り、バーナムはきれいに回った。
They passed around the church, and Laura rose a little from the seat. 彼らは教会の周りを通り過ぎ、ローラは座席から少し立ち上がった。
With all her weight she pulled. 彼女は全ての体重をかけて引っ張った。
And Barnum stopped. そしてバーナムは止まった。
He reared at once, and leaped and ran. 彼はすぐに後ろ足で立ち、跳び、走った。

 “All right, run,” Laura thought. 「いいよ、走りなさい」とローラは思った。
She held him firmly; 彼女は彼をしっかりと抱きしめた。
she guided him around the circle on the prairie, and again she braced her feet and pulled with all her might. 彼女は彼を草原の円の周りに導き、再び彼女は足を踏ん張って全力で引っ張った。
This time, Almanzo got into the buggy. 今度はアルマンゾが馬車に乗った。
As he did so, the church door opened. 彼がそうすると、教会の扉が開いた。
All the singing school pupils came pouring out, and someone shouted, “Need help?” 歌の学校の生徒たちがどっと出てきて、誰かが「助けが必要か?」と叫んだ。

 Barnum rose straight up in the air, and came down running. バーナムは空中にまっすぐ飛び上がり、走って降りてきた。

 Almanzo’s hands closed on the lines ahead of Laura’s, and slid back as she let go. アルマンゾの手がローラの前で手綱を握り、彼女が手を離すと後ろに滑った。
She was glad to let him have the lines. 彼女は彼に手綱を渡してよかったと思った。

 “Just in time,” he said. 「ちょうど間に合った」と彼は言った。
“We never would have got away if that crowd had swarmed around us. 「あの群衆が私たちの周りに群がったら、私たちは逃げることができなかっただろう。
Was it too much for you?” 君には大変だったか?」

 Laura was shaking. ローラは震えていた。
Her hands were numb, and it was hard to keep her teeth from chattering, so she only said, “Oh, no.” 彼女の手はしびれ、歯がガタガタ鳴るのを抑えるのが難しかったため、彼女は「ああ、いいえ」とだけ言った。

 For a moment or two Almanzo spoke to Barnum, who soon began to trot. アルマンゾはしばらくバーナムに話しかけ、バーナムはすぐに速歩き始めた。
Then Laura said, “Barnum wasn’t bad. それからローラは言った、「バーナムは悪くなかったよ。
He was just tired of standing still so long.” 彼はただ長い間じっと立っているのに飽き飽きしていただけよ。」

 “He was plain mad about it,” Almanzo said. 「彼は明らかにそれに怒っていた」とアルマンゾは言った。
“Next time we’ll leave at recess.” 「次回は休み時間に出発しよう。」
He added, “Let’s go home the long way, it is such a nice night for a drive.” 彼は付け加えた、「遠回りして帰ろう、ドライブにはいい夜だ。」

 He turned Barnum to the road that crossed the western end of Big Slough. 彼はバーナムをビッグ・スローの西端を横切る道に向けた。
The wind blew softly in the prairie grass, and above the dark land hung myriads of large stars quivering with light. 風が草原の草をそっと吹き、暗い大地の上には光に震える無数の大きな星が輝いていた。

 On and on Barnum trotted, gently now as if he, too, were enjoying the quietness of the night and the brilliant stars. バーナムは、まるで彼もまた夜の静けさと輝く星を楽しんでいるかのように、ゆっくりと走り続けた。

 Almanzo spoke quietly. アルマンゾは静かに話した。
“I don’t know when I ever saw the stars so bright.” 「こんなに明るい星を見たのはいつ以来だろう」

 Then Laura began to sing softly. それからローラはそっと歌い始めた。

 In the starlight, in the starlight, 星明かりの中、星明かりの中、

 Let us wander gay and free, 陽気に自由に歩き回ろう、

 For there’s nothing in the daylight 日光の下には何もないから

 Half so dear to you and me. あなたと私にとって半分も愛しいものはない。

 Like the fairies in the shadow 影の中の妖精のように

 Of the woods we’ll steal along, 森の中をこっそり進もう、

 And our sweetest lays we’ll warble, そして私たちの最も甘い歌を歌おう、

 For the night was made for song. 夜は歌のために作られたのだから。

 When none are by to listen, 誰も聞いていない時、

 Or to chide us in our glee, あるいは私たちの歓喜をたしなめる時、

 In the starlight, in the starlight, 星明かりの下で、星明かりの下で、

 Let us wander, gay and free. 陽気に自由に歩き回ろう。

 Barnum stopped at the door and stood quietly while Laura got out. バーナムはドアのところで止まり、ローラが降りるまで静かに立っていた。
Almanzo said, “I’ll be along Sunday afternoon.” アルマンゾは「日曜日の午後に行くよ」と言った。

 “I will be ready,” Laura answered. 「準備しておくよ」とローラは答えた。
Then she went in. それから彼女は中に入った。

 Pa and Ma were waiting up for her. パパとママは彼女を待っていた。
Ma gave a little sigh of relief, and Pa asked, “Does that devil horse of Wilder’s drive all right at night?” ママは少し安心のため息をつき、パパは「ワイルダーのあの悪魔の馬は夜でも大丈夫なのか?」と尋ねた。

 “He is really a gentle horse,” said Laura. 「彼は本当に優しい馬よ」とローラは言った。
“And he stood so quietly when I got out. I like him.” 「そして私が降りたとき、彼はとても静かに立っていたよ。彼が好きよ。」

 Ma was satisfied, but Pa looked at her sharply. ママは満足していたが、パパは彼女を鋭く見た。
It was not a lie; she had spoken the truth, and she could not tell them how she had driven Barnum. それは嘘ではなかった。彼女は真実を話していたし、バーナムをどうやって運転したのか彼らに話すことはできなかった。
That would worry them, and perhaps they would forbid her to do it again. それは彼らを心配させるだろうし、おそらく彼らは彼女にそれを再びすることを禁じるだろう。
She intended to drive Barnum. 彼女はバーナムを運転するつもりだった。
When she and Barnum were used to each other, perhaps, just perhaps, she could make him act gently. 彼女とバーナムが互いに慣れてきたら、おそらく、ただおそらく、彼女は彼を優しく振る舞わせることができるだろう。