Chapter 19: THE BROWN POPLIN 第19章: 茶色のポプリン

 Now that Ma had spoken of her clothes, Laura saw that she should do something about them. ママが服のことを言ったので、ローラは服について何かしなければならないと思った。
So early Saturday morning she walked to town to see Miss Bell. だから土曜日の朝早く、彼女はミス・ベルに会いに町まで歩いて行った。

 “Indeed I shall be glad to have your help,” said Miss Bell. 「本当にあなたの助けを借りることができて嬉しいよ」とミス・ベルは言った。
“I’ve been at my wit’s end to keep up with all the work, there are so many new people in town. 「町に新しい人がとてもたくさんいるから、私はすべての仕事をこなすのに困り果てていたのよ。
But I thought you were teaching school.” でもあなたは学校で教えていたと思ったよ。」

 “Not on Saturdays,” Laura laughed. 「土曜日は違うよ」とローラは笑った。
“Beginning in July, I can work all week if you like.” 「7月からなら、もしよかったら週中働けるよ。」

 So every Saturday she sewed all day long for Miss Bell. だから彼女は毎週土曜日、一日中ベルさんに裁縫をした。
Before her school ended, she was able to buy ten yards of a beautiful brown poplin which Miss Bell had ordered from Chicago. 学校が終わる前に、彼女はベルさんがシカゴから注文した美しい茶色のポプリンを10ヤード買うことができた。
And every evening when she went home there was something new to see, for Ma was making up the brown poplin for her, and Pa was building the new room for the organ. そして毎晩家に帰ると、何か新しいものがあった。ママは彼女のために茶色のポプリンを仕立てていたし、パパはオルガンのために新しい部屋を造っていた。

 He built it across the east end of the house, with a door in the north looking toward town, and windows in both the east and the south walls. 彼は家の東端にそれを造り、北側に町に面したドアを付け、東と南の壁に窓を付けた。
Under the southern window he built a low seat, wide enough for one person to sleep on, so that it could be used as an extra bed. 南側の窓の下には、一人が寝られるくらいの幅の低い腰掛けを造り、予備のベッドとして使えるようにした。

 One evening when Laura came home, the new room was complete. ある晩、ローラが帰宅すると、新しい部屋ができていた。
Pa had brought the organ; it stood against the north wall by the door. パパはオルガンを運び込んでいた。それはドアのそばの北側の壁に立てかけてあった。
It was a beautiful organ, of polished walnut, with a tall back. それは磨かれたクルミ材の背の高い美しいオルガンだった。
Its overhanging canopy of shining wood almost touched the ceiling. 輝く木の張り出した天蓋は天井に届きそうだった。
Beneath that, three perfect little mirrors of thick glass were set into the rich walnut, and on either side of the music rack was a solid shelf for a lamp. その下には、厚いガラスの完璧な小さな鏡が3枚、豪華なクルミ材にはめ込まれ、譜面台の両側にはランプ用の頑丈な棚があった。
The slanting music rack was of open woodwork cut in scrolls and backed with red cloth. 傾斜した譜面台は、渦巻き模様に切り抜かれた透かし彫りの木工品で、裏には赤い布が貼られていた。
It lifted on hinges, and revealed behind it a storage space for songbooks. 譜面台は蝶番で持ち上げられ、後ろには歌集の収納スペースがあった。
Beneath this, the long, smooth lid folded back into the organ, or unfolded and dropped down to cover the row of black and white keys. その下には、長く滑らかな蓋がオルガンの中に折り返されていたり、広げて黒と白の鍵盤の列を覆うように下ろされていた。
Above the keys was a row of stops, marked tremolo and forte and other names, that changed the tone of the organ when they were pulled out. 鍵盤の上には、トレモロやフォルテなどの名前が書かれたストップが並んでいて、それらを引き出すとオルガンの音色が変わった。
Underneath the keys were two levers, that folded back against the organ, or opened out so that a player’s knees could work them. 鍵盤の下には2つのレバーがあり、オルガンに向かって折り返したり、開いて演奏者の膝で操作できるようにしたりした。
Pressed outward, they made the music louder. 外側に押すと、音楽が大きくなった。
Just above the floor were two slanting pedals, covered with carpet, that a player’s feet must press down and let up, to pump the organ. 床のすぐ上には、カーペットで覆われた2つの傾斜したペダルがあり、オルガンをポンプで送るには、演奏者の足で踏み下ろしたり、離したりする必要があった。

 With this beautiful organ, there was a walnut stool. この美しいオルガンには、クルミのスツールがあった。
It had a round top, standing on four curved legs. 丸い天板に4本の曲がった脚が付いていた。
Grace was so excited about this stool that Laura could hardly look at the organ. グレースはこのスツールにとても興奮していたので、ローラはオルガンをほとんど見ることができなかった。

 “Look, Laura, looky,” Grace said, and she sat on the stool and whirled. 「見て、ローラ、見て」とグレースは言い、スツールに座ってぐるぐる回った。
The top of the stool worked on a screw, and it rose or sank under Grace as she whirled. スツールの天板はネジ式になっていて、グレースが回転すると上下に動いた。

 “We must not call this a claim shanty any more,” said Ma. 「もうここを入植小屋と呼んではいけないよね」とママは言った。
“It is a real house now, with four rooms.” 「今では4部屋もある本物の家だよ」

 She had hung white muslin curtains at the windows; ママは窓に白いモスリンのカーテンを掛けていた。
they were edged with white knitted lace. カーテンの縁には白いレースが編み込まれていた。
The black whatnot stood in the corner by the south window; 黒い飾り棚は南側の窓のそばの角に置かれていた。
the carved wooden bracket with the china shepherdess on it was hung on the eastern wall. 陶器の羊飼いの少女が乗った木彫りの棚は東側の壁に掛けられていた。
The two rocking chairs sat comfortably by the east window 2つのロッキングチェアは東側の窓のそばに気持ちよさそうに置かれていた。
and bright patchwork cushions lay on the wooden seat under the south window. 明るいパッチワークのクッションが南側の窓の下の木製の座席に置かれていた。

 “What a pleasant place to sew in,” Ma said, looking at this new sitting room with a happy smile. 「なんて素敵な裁縫部屋でしょう」とママは幸せそうな笑顔でこの新しい居間を見ながら言った。
“I shall hurry your dress now, Laura. 「ローラ、今すぐドレスを急がせてあげるよ。
Perhaps I can have it finished by Sunday.” 日曜日までには完成できるかもしれないよ。」

 “There is no hurry,” Laura told her. 「急ぐ必要はありません」とローラは彼女に言った。
“I don’t want to wear it until I have my new hat. 「新しい帽子をかぶるまでは着たくないよ。
Miss Bell is making the very hat I want, but it will take two more Saturdays’ work to pay for it.” ベルさんが私が欲しい帽子を作ってくれているんだけど、それを支払うにはあと2回土曜日に働かないといけないの。」

 “Well, how do you like your organ, Laura?” Pa said, coming in from the stable. 「さて、ローラ、オルガンはどうだい?」とパパは馬小屋から入ってきて言った。
In the other room, which was only a kitchen now, Carrie was straining the milk. もう一つの部屋は、今ではただの台所だったが、キャリーが牛乳をこしていた。

 “My goodness, Grace!” Ma exclaimed, just as Grace and the organ stool crashed on the floor. 「まあ、グレース!」とママが叫んだちょうどその時、グレースとオルガンの椅子が床に落ちた。
Grace sat up, too frightened to make a sound, and even Laura was horrified, for the stool lay in two pieces. グレースは起き上がり、あまりに怖くて声も出せず、ローラでさえも恐ろしかった、というのも椅子が二つに割れていたからだ。
Then Pa laughed. するとパパが笑った。

 “Never mind, Grace,” he said. 「気にするな、グレース」と彼は言った。
“You only unscrewed it all the way. 「ネジを全部外しただけだ。
But,” he said sternly, “you stay off this stool, after this.” でも」と彼は厳しく言った、「この椅子には、これからは乗らないように。」

 “I will, Pa,” she said, trying to stand up. 「そうするよ、パパ」と彼女は立ち上がろうとしながら言った。
She was too dizzy. 彼女はめまいがひどかった。
Laura set her on her feet and held her steady, and tried to say to Pa how much the organ pleased her. ローラは彼女を立たせて、彼女を支え、オルガンがどれほど彼女を喜ばせたかをパパに伝えようとした。
She could hardly wait until Mary came to play it while Pa played the fiddle. 彼女はメアリーがパパがバイオリンを弾く間にそれを弾きに来るまで待ちきれなかった。

 At supper Ma said again that this was not a claim shanty any more. 夕食の時、ママはここはもう開拓地の小屋ではないと再び言った。
The kitchen was so spacious now, with only the stove, the cupboard, the table and chairs in it. 台所は、ストーブ、食器棚、テーブルと椅子だけが置かれ、とても広々としていた。

 “This won’t be a claim, either, by year after next,” Pa reminded her. 「ここもまた、来年には開拓地ではなくなる」とパパは彼女に思い出させた。
“Another eighteen months, and I’ll be able to prove up; 「あと18ヶ月で、私は所有権を証明できる。
it will be our land.” そこは私たちの土地になる。」

 “I hadn’t forgotten, Charles,” said Ma. 「忘れていなかったよ、チャールズ」とママは言った。
“I’ll be proud when we have our patent from the government. 「政府から特許をもらったら誇らしいよ。
All the more reason to call this place a house, from now on.” これからはここを家と呼ぶ理由がますます増えるよ。」

 “And next year, if all goes well, I’m going to get it sided and painted,” Pa promised himself. 「そして来年、すべてがうまくいけば、私はそれを側面を張り、塗装するつもりだ」とパパは自分に約束した。

 When Laura came home next Saturday she brought her new hat, after all. 次の土曜日にローラが帰宅したとき、結局彼女は新しい帽子を持っていた。
She carried it carefully, well wrapped in paper to protect it from dust. 彼女はそれをほこりから守るために紙でよく包んで、注意深く運んだ。

 “Miss Bell said I’d better take it, before someone else saw it and wanted it,” she explained. 「ベル先生は、誰か他の人がそれを見て欲しがる前に、私がそれを取った方がいいと言ったのよ」と彼女は説明した。
“She says I can do the work for it afterward, just as well.” 「彼女は、私が後でその仕事ができると言ってくれたの」

 “You can wear it to church tomorrow,” Ma told her. 「明日は教会にそれをかぶって行きなさい」とママは彼女に言った。
“For I have your dress finished.” 「あなたのドレスは完成したから」
The brown poplin was laid out on Laura’s bed, all pressed and shimmering, for her to see. 茶色のポプリンは、ローラのベッドの上に広げられ、アイロンがかけられ、きらめいていた。

 “Oh, let’s see your hat, too,” Carrie asked, when they had all admired the dress, but Laura would not unwrap it. 「帽子も見せて」とキャリーが頼んだが、ローラは包みを解かなかった。

 “Not now,” she refused. 「今はだめ」と彼女は断った。
“I don’t want you to see it, until I put it on with the dress.” 「ドレスと一緒に着るまでは見ないで」

 Next morning they were all up bright and early, to have time to get ready for church. 翌朝、彼らは皆、教会の準備をする時間を持つために、明るく早起きした。
It was a fresh, clear morning; 爽やかで晴れた朝だった。
the meadow larks were singing and the sunshine drinking the dew from the grass. ヒバリが歌い、日差しが草から露を飲み込んでいた。
All ready in her starched Sunday lawn and Sunday hair ribbons, Carrie sat carefully on her bed, to watch Laura dress. 糊のきいた日曜日の芝生と日曜日の髪飾りを身に着けて、キャリーはローラが着替えるのを見るためにベッドに注意深く座った。

 “You do have beautiful hair, Laura,” she said. 「ローラ、あなたは本当にきれいな髪をしているよ」と彼女は言った。

 “It isn’t golden, like Mary’s,” Laura answered. 「メアリーのように金色ではないよ」とローラは答えた。
But in the sunshine as she brushed it, her hair was beautiful. しかし、彼女がそれを磨いたときの日差しの中で、彼女の髪は美しかった。
It was fine, but very thick, and so long that the shimmering brown length of it, unbraided, fell below her knees. それは細かったが、とても太く、とても長かったので、三つ編みにしていないきらめく茶色の長さは彼女の膝の下に落ちた。
She brushed it back satin-smooth, and coiled and pinned the mass of braids. 彼女はそれをサテンのように滑らかに後ろに撫で、三つ編みの塊を巻いてピンで留めた。
Then she took the curlers out of her bangs and carefully arranged the curly mass. それから彼女は前髪からカーラーを取り出し、カールした塊を注意深く整えた。
She put on her knitted white-lace stockings, and buttoned her high, well-polished black shoes. 彼女は編み上げの白いレースのストッキングを履き、よく磨かれた黒いハイヒールのボタンを留めた。

 Then carefully over her under-petticoats she put on her hoops. それから彼女は慎重に下着のペチコートの上にフープスカートを履いた。
She liked these new hoops. 彼女はこの新しいフープスカートが好きだった。
They were the very latest style in the East, and these were the first of the kind that Miss Bell had got. それは東部で最新のスタイルで、ベル先生が手に入れた初めてのものだった。
Instead of wires, there were wide tapes across the front, almost to her knees, holding the petticoats so that her dress would lie flat. ワイヤーの代わりに、前面には幅広のテープが膝まであって、ペチコートを支え、ドレスが平らになるようになっていた。
These tapes held the wire bustle in place at the back, and it was an adjustable bustle. これらのテープは後ろのワイヤーの腰当てを固定し、それは調節可能な腰当てだった。
Short lengths of tape were fastened to either end of it; 短いテープがその両端に固定されていた。
these could be buckled together underneath the bustle, to puff it out, either large or small. これらは腰当ての下で一緒にバックルで留めることができ、大きくも小さくも膨らませることができた。
Or they could be buckled together in front, drawing the bustle down close in back, so that a dress rounded smoothly over it. あるいは、前で一緒にバックルで留めて、腰当てを後ろに引き寄せ、ドレスがその上を滑らかに丸くなるようにすることもできた。
Laura did not like a large bustle, so she buckled the tapes in front. ローラは大きな腰当てが好きではなかったので、テープを前でバックルで留めた。

 Then carefully over all she buttoned her best petticoat, and over all the starched petticoats she put on the underskirt of her new dress. それから、その上に一番いいペチコートを注意深くボタンで留め、糊のきいたペチコートの上に新しいドレスの下着を着た。
It was of brown cambric, fitting smoothly around the top over the bustle, and gored to flare smoothly down over the hoops. それは茶色のカンブリックで、腰当ての上部に滑らかにフィットし、フープの上に滑らかに広がるようにマチが取られていた。
At the bottom, just missing the floor, was a twelve-inch-wide flounce of the brown poplin, bound with an inch-wide band of plain brown silk. 底には、床に届かない程度に、12インチ幅の茶色のポプリンのフリルが、1インチ幅の無地の茶色のシルクの帯で縁取られていた。
The poplin was not plain poplin, but striped with an openwork silk stripe. ポプリンは無地ではなく、透かし模様のシルクのストライプが入ったストライプだった。

 Then over this underskirt and her starched white corset-cover, Laura put on the polonaise. それから、この下着と糊のきいた白いコルセットカバーの上に、ローラはポロネーズを着た。
Its smooth, long sleeves fitted her arms perfectly to the wrists, where a band of the plain silk ended them. その滑らかで長い袖は、彼女の腕に手首までぴったりとフィットし、無地のシルクの帯で終わっていた。
The neck was high, with a smooth band of the plain silk around the throat. 首は高く、喉の周りには滑らかな無地のシルクの帯が巻かれていた。
The polonaise fitted tightly and buttoned all down the front with small round buttons covered with the plain brown silk. ポロネーズはぴったりとフィットし、前面にはすべて無地の茶色のシルクで覆われた小さな丸いボタンが付いていた。
Below the smooth hips it flared and rippled down and covered the top of the flounce on the underskirt. 滑らかな腰の下でそれは広がり、波打って下がり、下着のフリルの上を覆った。
A band of the plain silk finished the polonaise at the bottom. 無地のシルクの帯がポロネーズの下部を仕上げていた。

 Around the brown silk neckband Laura placed a blue ribbon two inches wide. ローラは茶色のシルクのネックに幅2インチの青いリボンを巻いた。
She pinned it together at her throat with the pearl bar pin that Ma had given her. 彼女はママがくれた真珠の棒のピンでそれを喉に留めた。
The ends of the ribbon fell in streamers to her waist. リボンの端は彼女の腰まで垂れ下がった。

 Then, Laura unwrapped her hat. それから、ローラは帽子の包みを解いた。
Carrie sighed with delight when she saw it. キャリーはそれを見て喜びのため息をついた。

 It was a sage-green, rough straw, in poke-bonnet shape. それはセージグリーンの粗い麦わらで、ポケボンネットの形をしていた。
It completely covered Laura’s head and framed her face with its flaring brim. それはローラの頭をすっぽりと覆い、広がったつばが顔を縁取った。
It was lined with shirred silk, blue. 青いシャーリングの絹の裏地が付いていた。
Wide blue ribbons tied under her left ear and held the bonnet securely in place. 広い青いリボンが彼女の左耳の下で結ばれ、ボンネットをしっかりと固定していた。

 The blue of the lining, the blue ribbon bow, and the blue neck ribbon, exactly matched the blue of Laura’s eyes. 裏地の青、青いリボンの蝶結び、青い首のリボンは、ローラの目の青とぴったり合っていた。

 Pa and Ma and Grace were ready for church when she came out of the bedroom, with Carrie following her. 彼女が寝室から出てくると、パパとママとグレースは教会の準備ができていて、キャリーが彼女についてきた。
Pa looked from the top of Laura’s head to the bottom of the brown poplin flounce, where the soft black toes of her shoes peeped out. パパはローラの頭のてっぺんから、靴の柔らかい黒いつま先がのぞく茶色のポプリンのフリルの底まで見た。
Then he said, “They say that fine feathers make fine birds, but I say it took a fine bird to grow such feathers.” それから彼は言った、「彼らは立派な羽が立派な鳥を作ると言うが、私はそのような羽を育てるには立派な鳥が必要だったと言う。」

 Laura was so pleased that she could not speak. ローラは嬉しくて話せなかった。

 “You look very nice,” Ma praised, “but remember that pretty is as pretty does.” 「とても素敵ね」とママは褒めた。「でも、美しさは美しい行いにあることを忘れないで。」

 “Yes, Ma,” Laura said. 「はい、ママ」とローラは言った。

 “That’s a funny hat,” said Grace. 「それは面白い帽子ね」とグレースは言った。

 “It isn’t a hat. It’s a poke bonnet,” Laura explained to her. 「帽子じゃないよ。ポケボンネットよ」とローラは彼女に説明した。

 Then Carrie said, “When I’m a young lady, I’m going to earn me a dress just exactly like that.” それからキャリーは「私が若い女性になったら、私はちょうどあれと全く同じドレスを稼ぐつもりよ」と言った。

 “Likely you’ll have a prettier one,” Laura answered quickly, but she was startled. 「おそらくもっときれいなものを手に入れるでしょう」とローラは素早く答えたが、彼女は驚いた。
She had not thought that she was a young lady. 彼女は自分が若い女性だとは思ってもいなかった。
Of course she was, with her hair done up and her skirts almost touching the ground. もちろん彼女は髪を結い上げ、スカートはほとんど地面に触れるほどだった。
She was not sure she liked being a young lady. 彼女は自分が若い女性であることが好きかどうか確信が持てなかった。

 “Come,” Pa said. 「来なさい」とパパは言った。
“The team is waiting, and we’ll be late to church if we don’t hurry.” 「馬車が待っているし、急がないと教会に遅れるぞ」

 The day was so pleasant and sunny that Laura hated to sit in the church, and Reverend Brown’s long sermon seemed even duller than usual. その日はとても気持ちのいい晴天だったので、ローラは教会に座っているのが嫌で、ブラウン牧師の長い説教はいつもより退屈に思えた。
The wild prairie grass was green outside the open windows and the light wind enticed her as it softly brushed her cheek. 開いた窓の外では野生の草原の草が緑で、そよ風が彼女の頬をそっと撫でるように誘った。
It seemed that there should be more, in such a day, than going to church and going home again. こんな日には、教会に行ってまた帰ってくる以外にも何かあるべきだと思った。

 Ma and Carrie and Grace changed at once into their everyday dresses, but Laura did not want to. ママとキャリーとグレースはすぐに普段着に着替えたが、ローラはそうしたくなかった。
She asked, “May I keep my Sunday dress on, Ma? 彼女は尋ねた、「日曜日の服を着たままにしてもいい、ママ?
if I wear my big apron and am very careful?” 大きなエプロンを着て、とても気をつけたら?」

 “You may if you want to,” Ma gave permission. 「そうしたいならそうしなさい」とママは許可した。
“No reason that anything should happen to your dress if you take care.” 「気をつければドレスに何か起こる理由はないよ。」

 After dinner, and after the dishes were washed, Laura wandered restlessly out of the house. 夕食後、そして食器を洗った後、ローラは落ち着かずに家の外をさまよった。
The sky was so blue, the floating piles of cloud were so shimmering and pearly, and far and wide the land was green. 空はとても青く、浮かぶ雲の山はきらめき、真珠色で、遠く広く土地は緑だった。
In a row around the house the young cottonwoods were growing; 家の周りには若いポプラが並んで生えていた。
the little saplings that Pa had planted were twice as tall as Laura now, spreading their slender branches and rustling leaves. パパが植えた小さな苗木は、今ではローラの2倍の高さになり、細い枝を広げ、葉をさらさらと鳴らしていた。
They made a flickering shade in which Laura stood, looking east and south and west at the lovely, empty day. 木々はちらちらと影を落とし、ローラはその中に立ち、東と南と西の美しい何もない日を眺めた。

 She looked toward town, and while she looked a buggy came dashing around the corner by Pearson’s livery barn and out along the road toward the Big Slough. 彼女は町の方を眺めたが、その間に馬車がピアソンの貸し馬屋の角を曲がって、ビッグ・スローに向かう道に沿って走ってきた。

 The buggy was new, for the sun flashed and sparkled from its wheels and top. 馬車は新しく、車輪や屋根に太陽が反射してきらめいていた。
The horses were brown and trotted evenly. 馬は茶色で、均等に速歩していた。
Were they the colts that she had helped break? 彼女が調教を手伝った子馬だろうか?
Surely, they were, and as they turned toward her and crossed the slough, she saw that Almanzo was driving them. 確かにそうだったし、馬が彼女の方を向いて沼を渡ったとき、アルマンゾが馬車を運転しているのが見えた。
They came trotting up, and the buggy stopped beside her. 馬は速歩で近づいてきて、馬車は彼女の横に止まった。

 “Would you like to go for a buggy ride?” Almanzo asked, and as Pa came out of the house Laura replied in the words she had always used. 「馬車に乗って行かないか?」とアルマンゾが尋ね、パパが家から出てきたので、ローラはいつも使っていた言葉で答えた。

 “Oh yes! I’ll be ready in a minute.” 「ああ、そうね! すぐに準備できるよ」

 She tied on her poke bonnet, and told Ma that she was going for a buggy ride. 彼女はつば広帽子をかぶり、ママに馬車に乗って行くと告げた。
Carrie’s eyes were shining, and she stopped Laura and stood tiptoe to whisper, “Aren’t you glad you didn’t change your dress?” キャリーの目は輝いており、ローラを止めてつま先立ちでささやいた。「ドレスを着替えなくてよかったでしょう?」

 “I am,” Laura whispered back, and she was. 「よかったよ」とローラもささやき返した。
She was glad that her dress and her bonnet were so nice. 彼女は自分のドレスと帽子がとても素敵でよかったと思った。
Carefully Almanzo spread the linen lap robe, and she tucked it well under her flounce to cover the brown poplin from dust. アルマンゾは注意深くリネンのひざ掛けを広げ、彼女はそれを茶色のポプリンがほこりまみれにならないようにフリルの下にしっかりと押し込んだ。
Then they were driving away in the afternoon sunshine, southward toward the distant lakes, Henry and Thompson. それから彼らは午後の日差しの中を、南の遠くの湖、ヘンリーとトンプソンに向かって走り去っていった。

 “How do you like the new buggy?” Almanzo asked. 「新しい馬車はどう?」とアルマンゾが尋ねた。

 It was a beautiful buggy, so black and shining, with glossy red spokes in the wheels. それは美しい馬車で、とても黒く輝いていて、車輪には光沢のある赤いスポークが付いていた。
The seat was wide; at either end of it gleaming black supports slanted backward to the folded-down top behind, and the seat had a lazy-back, cushioned. 座席は広く、その両端には後ろに折り畳まれた上部に向かって後ろに傾斜した黒い支柱が輝き、座席にはクッション付きの怠惰な背もたれがあった。
Laura had never before been in a buggy so luxurious. ローラはこれまでこんなに豪華な馬車に乗ったことがなかった。

 “It is nice,” Laura said, as she leaned comfortably back against the leather cushion. 「素敵ね」とローラは革のクッションにゆったりと寄りかかりながら言った。
“I never rode in a lazy-back buggy before. 「これまで背もたれのある馬車に乗ったことがなかったよ。
The back isn’t quite as high as the plain wooden ones, is it?” 背もたれは普通の木製のものほど高くないよね?」

 “Maybe this will make it better,” Almanzo said, laying his arm along the top of the back. 「こうしたらもっといいかもしれない」とアルマンゾは背もたれの上に腕を置きながら言った。
He was not exactly hugging Laura, but his arm was against her shoulders. 彼はローラを抱きしめているわけではないが、彼の腕は彼女の肩に触れていた。
She shrugged, but his arm did not move away. 彼女は肩をすくめたが、彼の腕は離れなかった。
So she leaned forward, and shook the buggy whip where it stood in the whipsocket on the dashboard. 彼女は前かがみになって、ダッシュボードの鞭ソケットに立っている馬車の鞭を振った。
The colts jumped forward and broke into a run. 子馬は前に飛び出し、走り出した。

 “You little devil!” Almanzo exclaimed, as he closed both hands on the lines and braced his feet. 「この小悪魔め!」アルマンゾは叫び、両手で手綱を握り、足を踏ん張った。
He needed both hands to control those colts. 彼は子馬を制御するために両手が必要だった。

 After a time the colts were calmer and quieter, and trotting again. しばらくすると子馬は落ち着きを取り戻し、再び速歩きになった。

 “Suppose they had run away?” 「もし逃げたらどうするつもりだったの?」
Almanzo then asked her indignantly. アルマンゾは憤慨して彼女に尋ねた。

 “They could run a long way before they came to the end of the prairie,” Laura laughed. 「大草原の端までたどり着くまでに長い距離を走れるよ」とローラは笑った。
“And there’s nothing to run against between here and there.” 「そしてここからそこまでの間にぶつかるものは何もないよ」

 “Just the same!” Almanzo began, and then he said, “You’re independent, aren’t you?” 「まったく!」アルマンゾは言い始め、そして「君は独立心が強いね」と言った。

 “Yes,” said Laura. 「そうね」とローラは言った。

 They drove a long way that afternoon, all the way to Lake Henry and around it. その午後、彼らは長い道のりをドライブし、ヘンリー湖までずっと行き、その周辺を回った。
Only a narrow tongue of land separated it from Lake Thompson. 狭い舌状の土地だけがそれをトンプソン湖から隔てていた。
Between the sheets of blue water there was width enough only for a wagon track. 青い水の層の間には荷馬車の道だけに十分な幅があった。
Young cottonwoods and choke-cherry trees stood slim on either side, above a tangle of wild grapevines. 若いポプラとチョークチェリーの木が、野生のブドウのつるの絡み合いの上に、どちら側にも細く立っていた。
It was cool there. そこは涼しかった。
The wind blew across the water, and between the trees they could see the little waves breaking against the shore on either side. 風が水面を吹き渡り、木々の間から、どちら側の岸にも小さな波が砕けるのが見えました。

 Almanzo drove slowly, as he told Laura of the eighty-acre field of wheat he had sown, and the thirty acres of oats. アルマンゾはゆっくりと馬車を走らせながら、ローラに自分が種をまいた80エーカーの小麦畑と30エーカーのオート麦畑のことを話した。

 “You know I have my homestead and my tree claim both to work on,” he said. 「私には開拓地と植林地の両方があって、どちらも手入れが必要だ」と彼は言った。
“Besides that, Cap and I have been hauling lumber for a long ways, out around town to build houses and schoolhouses all over the country. 「その上、キャップと私は、町の周辺から、国中の家や校舎を建てるために、長い道のりを木材を運搬してきた。
I had to team, to earn money for this new buggy.” この新しい馬車を買うために、私はチームを組んで働かなければならなかったんだ。」

 “Why not drive the one you had?” 「今までの馬車でいいじゃない?」
Laura sensibly wanted to know. ローラは賢明にも知りたがった。

 “I traded that on these colts last fall,” he explained. 「去年の秋に、この子馬と交換したんだ」と彼は説明した。
“I knew I could break them on the cutter in the winter, but when spring came, I needed a buggy. 「冬にはカッターに乗せて慣らすことができるとわかっていたが、春になったら馬車が必要だった。
If I’d had one, I’d have been around to see you before this.” もし馬車があったら、もっと早く君に会いに来ていたよ」

 As they talked, he drove out from between the lakes and around the end of Lake Henry, then away across the prairie to the north. 彼らが話している間に、彼は湖の間から出て、ヘンリー湖の端を回り、それから大草原を越えて北に向かった。
Now and then they saw a little new claim shanty. 時々、彼らは小さな新しい開拓者の掘っ立て小屋を見た。
Some had a stable, and a field of broken sod nearby. いくつかは馬小屋と、近くに耕した芝生の畑があった。

 “This country is settling up fast,” Almanzo said as they turned west along the shore of Silver Lake and so toward Pa’s claim. 「この国は急速に開拓されている」と、シルバー湖の岸に沿って西に曲がり、パパの開拓地に向かったとき、アルマンゾは言った。
“We have driven only forty miles and we must have seen as many as six houses.” 「たった40マイル走っただけで、6軒も家を見かけた」

 The sun was low in the west when he helped her out of the buggy at her door. 彼が彼女を馬車から降ろして玄関まで送ったとき、西の空の太陽は低かった。

 “If you like buggy rides as well as sleigh rides, I will be back next Sunday,” he said. 「もし馬車に乗るのがソリに乗るのと同じくらい好きなら、来週の日曜日にまた来るよ」と彼は言った。

 “I like buggy rides,” Laura answered. 「馬車に乗るのは好きよ」とローラは答えた。
Then suddenly she felt shy, and hurried into the house. それから急に恥ずかしくなって、急いで家に入った。