Chapter 12: SNUG FOR WINTER
第12章: 冬の暖かさ

 All through the pleasant fall weather Laura and Carrie were busy girls.
心地よい秋の天候の間ずっと、ローラとキャリーは忙しかった。
In the mornings they helped do the chores and get breakfast.
朝は家事を手伝い、朝食の準備をした。
Then they filled their dinner pail, dressed for school and hurried away on the mile walk to town.
それから、弁当箱に食べ物を入れ、学校に行く服を着て、町まで1マイル歩いて急いで行った。
After school they hurried home, for there was work to do until darkness came.
放課後、彼女たちは急いで家に帰った。暗くなるまでやるべき仕事があったからだ。

 Saturday was a whole day of busy working, in a hurry to be ready to move to town.
土曜日は、町に引っ越す準備を急いで、一日中忙しく働いた。

 Laura and Carrie picked up potatoes while Pa dug them.
パパがジャガイモを掘り起こす間、ローラとキャリーはジャガイモを拾い集めた。
They cut the tops from turnips and helped Pa pile them in the wagon.
彼女たちはカブの葉を切り、パパがカブを荷車に積むのを手伝った。
They pulled and topped the carrots, too, and the beets and onions.
彼女たちはニンジンも引き抜いて葉を切り、ビートや玉ねぎもそうした。
They gathered the tomatoes and the ground-cherries.
彼女たちはトマトとホオズキを収穫した。

 The ground-cherries grew on low leafy bushes.
ホオズキは低い葉の茂みに生えていた。
Thick on the stems under the large leaves hung the six-cornered bells, pale gray and thinner than paper, and inside each bell was a plump, golden, juicy round fruit.
大きな葉の下の茎に、紙よりも薄い淡い灰色の六角形の鈴がびっしりとぶら下がっていて、それぞれの鈴の中には、ふっくらとした金色のジューシーな丸い実が入っていた。

 The husk-tomatoes were covered with a smooth, dull-brown husk.
トマトは滑らかでくすんだ茶色の皮に覆われていた。
When this was opened there lay the round, bright-purple tomato, larger than a ground-cherry but much smaller than the red tomatoes that openly flaunted their bright colors.
それを割ると、ホオズキよりは大きいが、鮮やかな色を誇示する赤いトマトよりはずっと小さい、丸くて鮮やかな紫色のトマトが現れた。

 All day long while the girls were in school, Ma made preserves of the red tomatoes, of the purple husk-tomatoes, and of the golden ground-cherries.
娘たちが学校に行っている間、ママは一日中、赤いトマト、紫色のトマト、金色のホオズキのジャムを作った。
She made pickles of the green tomatoes that would not have time to ripen before it froze.
彼女は、凍るまでに熟す時間のない青いトマトのピクルスを作った。
The house was full of the sirupy scent of preserves and the spicy odor of pickles.
家はジャムの甘い香りとピクルスのスパイシーな香りでいっぱいだった。

 “We will take our provisions with us when we move to town this time,” said Pa with satisfaction.
「今度町に引っ越すときは、食料を一緒に持っていくよ」とパパは満足そうに言った。
“And we must go soon.
「そして、すぐに行かなければならない。
I don’t want another October blizzard to catch us in this thin-walled little house.”
この薄い壁の小さな家で、また10月のブリザードに遭いたくはない。」

 “This winter isn’t going to be as hard as last winter,” Laura said.
「この冬は去年の冬ほど厳しくはないよ」とローラは言った。
“The weather doesn’t feel the same.”
「天気は同じ感じがしないよ。」

 “No,” Pa agreed.
「そうではない」とパパは同意した。
“It isn’t likely this winter will be as hard, nor come as soon, but this time I intend to be ready for it when it does come.”
「この冬は去年ほど厳しくもないし、すぐに来そうもないが、今回は冬が来たらその準備をするつもりだ。」

 He hauled the oat straw and the corn fodder and stacked them near his haystacks in town.
彼は麦わらとトウモロコシの飼料を運び、町の干し草の山の近くに積み上げた。
He hauled the potatoes and turnips, beets and carrots, and stored them in the cellar of his store building.
彼はジャガイモとカブ、ビート、ニンジンを運び、店の建物の地下室に保管した。
Then busily all one Monday evening and far into the night, Laura and Carrie helped Ma pack clothes and dishes and books.
それから、月曜日の夕方から夜遅くまで、ローラとキャリーはママが服や食器や本を荷造りするのを手伝った。

 It was then that Laura discovered a secret.
その時、ローラは秘密を発見した。
She was on her knees, lifting winter underwear out of Ma’s bottom bureau drawer, and under the red flannels she felt something hard.
彼女はひざまずいて、ママの一番下の引き出しから冬用の下着を取り出していたが、赤いフランネルの下に何か固いものを感じた。
She put in her hand and drew out a book.
彼女は手を入れて本を取り出した。

 It was a perfectly new book, beautifully bound in green cloth with a gilded pattern pressed into it.
それは全く新しい本で、金色の模様が押された緑の布で美しく装丁されていた。
The smooth, straight, gilt edges of the pages looked like solid gold.
ページの滑らかで真っ直ぐな金色の縁は純金のように見えた。
On the cover two curving scrolls of lovely, fancy letters made the words,
表紙には、美しい装飾文字の2つの曲線状の巻物に言葉が書かれていた。

 Laura was so startled and so amazed by this rich and beautiful book, hidden there among the flannels, that she almost dropped it.
ローラはフランネルの間に隠されたこの豪華で美しい本にとても驚き、びっくりして、落としそうになった。
It fell open on her hands.
それは彼女の手の中で開いた。
In the lamplight the fresh, untouched pages lay spread, each exciting with unread words printed upon it in clear, fine type.
ランプの光の中で、新鮮で手つかずのページが広がり、それぞれが明確で細かい活字で印刷された未読の言葉で刺激的だった。
Straight, thin red lines enclosed each oblong of printing, like the treasure it was, and outside the red lines were the pages’ pure margins.
真っ直ぐで細い赤い線が、宝物のように印刷された長方形を囲み、赤い線の外側にはページの純粋な余白があった。

 Near the bottom of the left-hand page was a short line in larger type: The Lotos-Eaters.
左側のページの下部近くに、大きな活字で短い行があった。ロータス・イーターズ。

 “Courage!” was the first word under that, and breathlessly Laura read,
「勇気!」というのがその下の最初の言葉で、ローラは息を切らして読んだ。

 “Courage!” he said, and pointed to the land,
「勇気!」と彼は言い、陸を指さした。

 “This mounting wave will roll us shoreward soon.”
「この高まる波はすぐに私たちを岸に押し流すだろう。」

 In the afternoon they came unto a land
午後には彼らは陸地にたどり着いた。

 In which it seemed always afternoon.
そこはいつも午後のように思えた。

 All round the coast the languid air did swoon,
海岸の周りには気だるい空気が漂っていた。

 Breathing like one that hath a weary dream.
疲れた夢を見ているかのように息をしていた。

 Full-faced above the valley stood the moon;
満月が谷の上に浮かんでいた。

 And, like a——
そして、まるで——

 Laura stopped, aghast.
ローラはびっくりして立ち止まった。
Suddenly she had realized what she was doing.
突然、彼女は自分が何をしているのかを理解した。
Ma must have hidden this book.
ママはこの本を隠したに違いない。
Laura had no right to read it.
ローラにはそれを読む権利がなかった。
Quickly she shut her eyes, and then she shut the book.
彼女はすぐに目を閉じ、それから本を閉じた。
It was almost more than she could do, not to read just one word more, just to the end of that one line.
たった一言、その一行の終わりまで読まないなんて、彼女にはほとんど耐えられない事だった。
But she knew that she must not yield one tiny bit of temptation.
しかし、彼女は誘惑に少しも屈してはいけないことを知っていた。

 She put the book where it had been, between the red flannels.
彼女はその本を元の場所、赤いフランネルの間に置いた。
She put the flannels back into the drawer, shut the drawer, and opened the drawer above it.
彼女はフランネルを引き出しに戻し、それを閉め、その上の引き出しを開けた。
Then she did not know what to do.
それから彼女は何をすべきか分からなかった。

 She should confess to Ma what she had done.
彼女は自分のしたことをママに告白するべきだ。
But instantly she knew that Ma must be keeping the book hidden, for a surprise.
しかし、彼女はすぐにママが驚かせるために本を隠しているに違いないと分かった。
She thought swiftly, and her heart was pounding hard, that Pa and Ma must have bought that book in Vinton, Iowa;
彼女は素早く考え、心臓が激しくドキドキしていたが、パパとママはその本をアイオワ州ヴィントンで買ったに違いない。
they must be saving it for a Christmas present.
彼らはそれをクリスマスプレゼントに取っておいているに違いない。
A book so rich and fine, a book of poems, could only be a Christmas present.
とても豪華で上品な本、詩集はクリスマスプレゼントにしかありえない。
And Laura was the oldest girl at home now;
そして、ローラは今や家で一番年上の女の子だった。
it must be a Christmas present for her!
それは彼女へのクリスマスプレゼントに違いない!

 If she confessed to Ma, she would spoil their Christmas pleasure, that they were looking forward to.
もしママに白状したら、彼らが楽しみにしているクリスマスの喜びを台無しにしてしまうだろう。
Pa and Ma would be so disappointed.
パパとママはとてもがっかりするだろう。

 It seemed a long time since she had found that book, but really it had only been a moment.
彼女がその本を見つけてから長い時間が経ったように思えたが、実際にはほんの一瞬のことだった。
Ma came in hurriedly and said, “I’ll finish in here, Laura, you go to bed now, it’s past your bedtime.”
ママが急いで入ってきて、「ここは私が終わらせるから、ローラ、もう寝なさい、もう寝る時間よ」と言った。

 “Yes, Ma,” Laura said.
「はい、ママ」とローラは言った。
She knew that Ma had feared she would open that lower drawer and find the book.
彼女はママが彼女がその下の引き出しを開けて本を見つけることを恐れていたことを知っていた。
Never before had she kept a guilty secret from Ma, but now she did not say a word.
彼女はこれまでママに後ろめたい秘密を隠したことはなかったが、今は一言も言わなかった。

 After school next day, she and Carrie did not take the long walk to the claim.
翌日、放課後、彼女とキャリーは長い道のりを歩いて農場へは行かなかった。
Instead they stopped at Pa’s store building at the corner of Second Street and Main.
その代わりに、彼女たちはセカンドストリートとメインストリートの角にあるパパの店の建物に立ち寄った。
Pa and Ma had moved into town for the winter.
パパとママは冬の間町に引っ越していた。

 The stove and the cupboard were set up in the kitchen.
ストーブと食器棚が台所に設置されていた。
Upstairs the bedsteads stood under the slanting shingle roof, the straw ticks lay plumply on them under heaped quilts and pillows.
二階では、傾斜した屋根の下にベッドが置かれ、その上に藁の布団がふかふかに敷かれ、キルトや枕が積み上げられていた。
Making the beds was all that Ma had left for Laura and Carrie to do.
ママがローラとキャリーに残した仕事はベッドメイキングだけだった。
And Laura was sure that the Christmas book, Tennyson’s Poems, was hidden in Ma’s bureau drawer.
そしてローラは、クリスマスの本、テニソンの詩集がママの箪笥の引き出しに隠されていることを確信していた。
She would never look to see, of course.
もちろん、彼女は決して見ようとはしなかった。

 Yet every time she saw the bureau she could not help thinking,
それでも、その箪笥を見るたびに、彼女は考えずにはいられなかった。

 Full-faced above the valley stood the moon;
満月が谷の上に輝いていた。

 And, like a——
そして、まるで——

 Like what?
何に?
She would have to wait until Christmas to learn the rest of that lovely poem.
彼女はその美しい詩の残りを学ぶためにクリスマスまで待たなければならないだろう。
“Courage!” he said, and pointed to the land.
「勇気!」と彼は言い、陸を指さした。
“This mounting wave will roll us shoreward soon.”
「この高まる波はすぐに私たちを岸に押し流すだろう。」
In the afternoon they came unto a land in which it seemed always afternoon.
午後、彼らはいつも午後のような国にたどり着いた。
But it did not seem to Laura that Christmas was soon.
しかし、ローラにはクリスマスが近いとは思えなかった。

 Downstairs Ma had already made the big storeroom neat and pleasant.
階下では、ママはすでに大きな物置をきれいに整頓していた。
The heater was polished, the curtains hung fresh at the windows, the clean little rag rugs lay on the swept floor.
ストーブは磨かれ、カーテンは窓に新しく掛けられ、きれいな小さなぼろぼろの敷物が掃除された床に敷かれていた。
The two rocking chairs were in the sunny corner.
2つのロッキングチェアは日当たりの良い角にあった。
Mary’s was empty.
メアリーのは空だった。

 Often Laura missed Mary so much that she ached.
ローラはよくメアリーを恋しく思って、胸が痛んだ。
But it would do no good to speak of it.
しかし、それを話しても何の役にも立たないだろう。
Mary was in college, where she had so wanted to be.
メアリーは大学にいて、彼女はそこに行きたかった。
A teacher had written Pa that she was well and making rapid progress;
先生はパパに、彼女は元気で急速に進歩していると書いていた。
soon she would be able to write a letter.
すぐに手紙を書けるようになるだろう。

 So no one spoke of the emptiness they all felt now.
だから誰も今感じている空虚さについて話さなかった。
Quietly and cheerfully they went about getting supper and setting the table, and Ma did not know that she sighed when she said, “Well, we are all settled snug for the winter.”
彼らは静かに元気に夕食の準備をしたり、テーブルを用意したりしていたが、ママは「さて、冬に向けてみんな落ち着いたね」と言った時にため息をついていたことに気がつかなかった。

 “Yes,” Pa said.
「そうだね」とパパは言った。
“This time we are well fixed for it.”
「今回は冬に向けて準備万端だ」

 They were not the only ones who were ready.
準備が整ったのは彼らだけではなかった。
Everyone in the town had been preparing.
町のみんなが準備をしていた。
The lumberyard was stocked with coal, the merchants had stuffed their stores full of goods.
材木置き場には石炭が積み上げられ、商店は商品でいっぱいだった。
There was flour at the mill, and wheat in its bins.
製粉所には小麦粉があり、小麦はビンに入っていた。

 “We will have coal to burn and something to eat all winter, if the trains can’t get through,” Pa gloated.
「列車が通れなくても、冬の間ずっと燃やす石炭と食べるものがある」とパパは喜んだ。
It was good to feel so safe and prospering, with food enough and fuel enough so that they need not dread hunger or cold.
十分な食料と燃料があり、飢えや寒さを恐れる必要がないので、とても安全で豊かだと感じるのは良いことだった。

 Laura missed the pleasant long walks to school and back.
ローラは学校までの長い道のりを歩いて往復するのが恋しかった。
She had delighted in them.
彼女はそれを喜んでいた。
But now there was no hurry in the mornings, since she had no chores to do.
しかし、今は朝に急ぐ必要はなかった。彼女には雑用がなかったからだ。
Pa did them all, now that he had no farm work.
パパは農作業がなくなったので、全部自分でやった。
And the shorter walk was better for Carrie.
そして、短い距離を歩く方がキャリーにはよかった。

 Pa and Ma and Laura were worried about Carrie.
パパとママとローラはキャリーのことを心配していた。
She had never been strong, and she was not recovering from the hard winter as she should.
彼女は決して強くなかったし、厳しい冬から回復していなかった。
They spared her all but the lightest housework, and Ma coaxed her appetite with the best there was to eat.
彼らは彼女に一番軽い家事以外はさせなかったし、ママは彼女の食欲をそそるために、食べられる限りの最高のものを食べさせた。
Still she was thin and pale, small for her age and spindly.
それでも彼女は痩せて青白く、年齢の割に小さく、ひょろひょろとしていた。
Her eyes were too large in her peaked little face.
彼女の目は、尖った小さな顔には大きすぎた。
Often in the mornings, though the walk was only a mile and Laura carried her books, Carrie grew tired before they reached the schoolhouse.
朝は、歩いてたった1マイルしかなく、ローラが本を持ってあげているにもかかわらず、学校に着く前にキャリーが疲れてしまうことがよくあった。
Sometimes her head ached so badly that she failed in her recitations.
時々、彼女の頭はひどく痛み、暗唱に失敗した。
Living in town was easier.
町に住むのは楽だった。
It would be much better for Carrie.
キャリーにとってはずっといいだろう。