Chapter 6: THE MONTH OF ROSES
第6章: バラの月

 All through that lovely month of June, Laura sewed shirts.
美しい6月の間ずっと、ローラはシャツを縫った。
Wild roses were blooming in great sweeps of pink through the prairie grasses, but Laura saw them only in the early mornings when she and Pa were hurrying to work.
野生のバラが草原の草の間からピンクの大きな波となって咲き誇っていたが、ローラはパパと急いで仕事に向かう早朝にしかそれらを見ることができなかった。

 The soft morning sky was changing to a clearer blue, and already a few wisps of summer cloud were trailing across it.
柔らかな朝の空はより澄んだ青に変わり、すでに夏の雲が数本空を横切っていた。
The roses scented the wind, and along the road the fresh blossoms, with their new petals and golden centers, looked up like little faces.
バラの香りが風に乗り、道沿いには新しい花びらと金色の中心部を持つ新鮮な花が小さな顔のように上を向いていた。

 At noon, she knew, great white cloud-puffs would be sailing in sparkling blue.
正午には、大きな白い雲がきらめく青空に浮かんでいるだろう。
Their shadows would drift across blowing grasses and fluttering roses.
その影は吹きわたる草やひらひらと舞うバラの上を漂うだろう。
But at noon she would be in the noisy kitchen.
しかし、正午には彼女は騒がしい台所にいるだろう。

 At night when she came home, the morning’s roses were faded and their petals were scattering on the wind.
夜、彼女が帰宅した時には、朝のバラは色あせ、花びらは風に散っていた。

 Still, she was too old now to play any more.
それでも、彼女はもう遊ぶには年を取りすぎた。
And it was wonderful to think that already she was earning good wages.
そして、彼女がすでに良い給料を稼いでいると思うと素晴らしいことだった。
Every Saturday night Mrs. White counted out a dollar and a half, and Laura took it home to Ma.
毎週土曜日の夜、ホワイト夫人は1ドル50セントを数え、ローラはそれを家に持ち帰ってママに渡した。

 “I don’t like to take all your money, Laura,” Ma said once.
「ローラ、あなたのお金を全部取るのは嫌だよ」とママは一度言った。
“It does seem that you should keep some for yourself.”
「あなたは自分のためにいくらか取っておくべきだよ」

 “Why, Ma, what for?” Laura asked.
「どうして、ママ、何のために?」とローラは尋ねた。
“I don’t need anything.”
「何もいらないよ」

 Her shoes were still good;
彼女の靴はまだ良かった。
she had stockings and underwear and her calico dress was almost new.
彼女はストッキングと下着を持っていて、彼女のカリコのドレスはほとんど新品だった。
All the week, she looked forward to the pleasure of bringing home her wages to Ma.
彼女は週の間ずっと、給料を家に持ち帰ってママに渡す楽しみを心待ちにしていた。
Often she thought, too, that this was only the beginning.
彼女はまた、これは始まりに過ぎないと思うことがよくあった。

 In two more years she would be sixteen, old enough to teach school.
あと2年で彼女は16歳になり、学校で教えるのに十分な年齢になる。
If she studied hard and faithfully, and got a teacher’s certificate, and then got a school to teach, she would be a real help to Pa and Ma.
彼女が一生懸命勉強して教員免許を取得し、学校で教えることができれば、パパとママの本当の助けになるだろう。
Then she could begin to repay them for all that it had cost to provide for her since she was a baby.
そうすれば、彼女は赤ん坊の頃から彼女を養うためにかかったすべての費用を彼らに返済し始めることができる。
Then, surely, they could send Mary to college.
そうすれば、きっとメアリーを大学に送ることができるだろう。

 Sometimes she almost asked Ma if they could not somehow manage to send Mary to college now, counting on her earnings later to help keep Mary there.
時々、彼女はママに、メアリーを大学に送り、後で彼女の収入を当てにしてメアリーをそこに留まらせることができないかと尋ねそうになった。
She never quite spoke of it, for fear that Ma would say it was too great a chance to take.
彼女は、ママがそれはあまりにも大きなチャンスだと言うのではないかと恐れて、それについてはあまり話さなかった。

 Still, the faint hope kept her going more cheerfully to town to work.
それでも、かすかな希望が彼女をより元気に町に働きに行かせた。
Her wages were a help.
彼女の給料は助けになった。
She knew that Ma saved every penny that could be saved, and Mary would go to college as soon as Pa and Ma could possibly send her.
彼女は、ママが貯められる限りのお金は貯めていることを知っていたので、パパとママが送れるようになったらすぐにメアリーは大学に行くだろう。

 The town was like a sore on the beautiful, wild prairie.
町は美しい野生の大草原の傷のようだった。
Old haystacks and manure piles were rotting around the stables, the backs of the stores’ false fronts were rough and ugly.
古い干し草の山と肥料の山が馬小屋の周りで腐り、店の偽物の正面の裏側は粗く醜かった。
The grass was worn now even from Second Street, and gritty dust blew between the buildings.
草はセカンドストリートからでさえもすり減り、ざらざらしたほこりが建物の間に吹き付けた。
The town smelled of staleness and dust and smoke and a fatty odor of cooking.
町は古臭い匂い、ほこり、煙、料理の脂っこい匂いがした。
A dank smell came from the saloons and a musty sourness from the ground by back doors where the dishwater was thrown out.
酒場からは湿った匂いがし、食器洗い水が捨てられる裏口のそばの地面からはかび臭い酸っぱい匂いがした。
But after you had been in town a little while you did not smell its smells, and there was some interest in seeing strangers go by.
しかし、町にしばらくいると、その匂いがしなくなり、見知らぬ人が通り過ぎるのを見ることに興味が湧いてきた。

 The boys and girls that Laura had met in town last winter were not there now.
ローラが去年の冬に町で会った少年少女たちは今はそこにいなかった。
They had gone out to stay on homestead claims.
彼らはホームステッドの請求に応じるために出かけていた。
The storekeepers stayed in town to run their stores and bach in the rooms behind them, while wives and children lived all summer out on the prairie in claim shanties.
店主たちは店を経営するために町に残り、その裏の部屋で独身生活を送っていたが、妻や子供たちは夏の間ずっと大草原の開拓小屋で暮らしていた。
For the law was that a man could not keep a homestead claim unless his family lived on it, six months of every year for five years.
法律では、家族が5年間、毎年6ヶ月間住まなければ、ホームステッドの請求を維持できないことになっていた。
Also he must keep ten acres of the sod broken up and planted to crops for five years, before the Government would give him a title to the land.
また、政府が土地の権利を与える前に、10エーカーの芝を耕して5年間作物を植え続けなければならない。
But nobody could make a living from that wild land.
しかし、誰もその荒野で生計を立てることはできなかった。
So the women and girls stayed all summer in claim shanties to satisfy the law, and the boys broke the sod and planted crops, while the fathers built the town and tried to make money enough to buy food and tools from the East.
そのため、女性や少女たちは法律を満たすために夏の間ずっと開拓小屋に滞在し、少年たちは芝を耕して作物を植え、父親たちは町を建設し、東部から食料や道具を買うのに十分なお金を得ようとした。

 The more Laura saw of the town, the more she realized how well off her own family was.
ローラは町を見れば見るほど、自分の家族がどれほど裕福であるかを理解した。
That was because Pa had got a whole year’s start ahead of the others.
それは、パパが他の人よりも丸一年早くスタートを切ったからだった。
He had broken sod last year.
彼は去年芝を耕した。
Now they had the garden, and the oatfield, and the second planting of corn was growing quite well in the sod.
今では彼らには菜園と麦畑があり、二度目のトウモロコシの植え付けは芝の中でかなりよく育っていた。
Hay would feed the stock through the winter, and Pa could sell the corn and oats, to buy coal.
干し草は冬の間家畜の餌となり、パパはトウモロコシと麦を売って石炭を買うことができた。
All the new settlers were beginning now where Pa had begun a year ago.
新しい入植者たちは皆、パパが一年前にしたところから始めていた。

 When Laura looked up from her work she could see almost the whole town, because nearly all the buildings were in the two blocks across the street.
ローラが仕事から目を上げると、ほとんどすべての建物が通りの向こうの2ブロックにあったので、町のほとんど全体を見ることができた。
All their false fronts stood up, square-cornered at different heights, trying to make believe that the buildings were two stories high.
建物が2階建てであると信じさせようとして、それらの偽物の正面はすべて、異なる高さで四角い角を立てて立っていた。

 Mead’s Hotel at the end of the street, and Beardsley’s Hotel almost opposite Laura, and Tinkham’s Furniture Store near the middle of the next block, really did have two stories.
通りの端にあるミードホテル、ローラのほぼ向かいのビアズリーホテル、そして次のブロックの真ん中近くにあるティンカムの家具店は、本当に2階建てだった。
Curtains fluttered at their upstairs windows and showed how honest those buildings were, in that row of false fronts.
カーテンが2階の窓でひらひらと舞い、偽物の正面の列にあるそれらの建物がどれほど正直であるかを示した。

 That was the only difference between them and the other buildings.
それがそれらと他の建物の唯一の違いだった。
They were all of pine lumber beginning to weather gray.
それらはすべて松材で、灰色に変色し始めていた。
Each building had two tall glass windows in its front, and a door between them.
どの建物も正面に2つの背の高いガラス窓があり、その間にドアがあった。
Every door was open now to the warm weather, and every doorway was filled with a strip of faded pink mosquito netting tacked onto a framework to make a screen door.
どのドアも暖かい天候に開かれていて、どの出入り口も、網戸を作るために枠に貼り付けられた色あせたピンクの蚊帳で埋め尽くされていた。

 In front of them all ran the level board sidewalk, and all along its edge were hitching posts.
それらの前にはすべて平らな板の歩道が走り、その端にはすべてヒッチングポストがあった。
There were always a few horses in sight, tied here and there to the posts, and sometimes a wagon with a team of horses or oxen.
いつも数頭の馬が見え、あちこちの柱につながれ、時には馬や牛のチームを乗せた荷車も見えた。

 Once in a while, when she bit off a thread, Laura saw a man cross the sidewalk, untie his horse, swing onto it and ride away.
時々、糸を噛み切ると、ローラは男が歩道を渡り、馬をほどき、馬に乗り、走り去るのを見た。
Sometimes she heard a team and wagon, and when the sounds were loudest she glanced up and saw it passing by.
時々、彼女は馬車の音を聞き、音が最も大きくなると、彼女はちらっと見上げて、それが通り過ぎるのを見た。

 One day an outburst of confused shouting startled her.
ある日、混乱した叫び声が彼女を驚かせた。
She saw a tall man come bursting out of Brown’s saloon.
彼女は背の高い男がブラウンの酒場から飛び出してきたのを見た。
The screen door loudly slammed shut behind him.
網戸が彼の後ろで大きな音を立てて閉まった。

 With great dignity the man turned about.
男は威厳をもって振り返った。
He looked haughtily at the screen door, and lifting one long leg he thrust his foot contemptuously through the pink mosquito netting.
彼は傲慢に網戸を見つめ、長い脚を持ち上げて、ピンクの蚊帳に足を突き刺した。
It tore jaggedly from top to bottom.
それは上から下までギザギザに裂けた。
A yell of protest came out of the saloon.
抗議の叫びが酒場から聞こえた。

 The tall man paid no attention whatever to the yell.
背の高い男は叫び声に全く注意を払わなかった。
He turned haughtily away, and saw in front of him a round little short man.
彼は傲慢に背を向け、目の前に丸く小さな背の低い男がいるのを見かけた。
The short man wanted to go into the saloon.
背の低い男は酒場に入りたかった。
The tall man wanted to walk away.
背の高い男は立ち去りたかった。
But each was in front of the other.
しかし、それぞれが相手の前にいた。

 The tall man stood very tall and dignified.
背の高い男は背を高くして威厳をもって立っていた。
The short man stood puffed out with dignity.
背の低い男は威厳をもって胸を張っていた。

 In the doorway the saloonkeeper complained about the torn screen door.
戸口で酒場の主人が破れた網戸について文句を言った。
Neither of them paid any attention to him.
どちらも彼に注意を払わなかった。
They looked at each other and grew more and more dignified.
彼らは互いに見つめ合い、ますます威厳を増した。

 Suddenly the tall man knew what to do.
突然、背の高い男は何をすべきか分かった。
He linked his long arm in the little man’s fat arm, and they came down the sidewalk together, singing.
彼は長い腕を小さな男の太い腕に絡ませ、彼らは歌いながら一緒に歩道を降りてきた。

 Pull for the shore, sailor!
岸に向かって漕げ、船乗り!

 Pull for the shore!
岸に向かって漕げ!

 Heed not the stormy winds—
嵐の風を気にするな—

 The tall man solemnly lifted his long leg and thrust his foot through Harthorn’s screen door.
背の高い男は厳かに長い脚を持ち上げ、ハーソーンの網戸に足を突っ込んだ。
A yell came out.
叫び声が上がった。
“Hey, there! What the——”
「おい、そこ! 何を——」

 The two men came on, singing.
二人の男は歌いながらやってきた。

 Though loudly they roar!
大声で吠えても!

 Pull for the shore, sailor—
岸に向かって漕げ、船乗りよ——

 They were as dignified as could be.
彼らはできる限り威厳を保っていた。
The tall man’s long legs made the longest possible steps.
背の高い男の長い足は可能な限り長い歩幅を刻んだ。
The puffed-out little man tried with dignity to stretch his short legs to steps as long.
息を切らした小柄な男は、威厳を保ちながら短い足を伸ばして同じくらい長い歩幅を刻もうとしていた。

 Heed not the stormy winds—
嵐の風を気にするな——

 The tall man gravely thrust his foot through the mosquito-netting door of Beardsley’s Hotel.
背の高い男は、ビアズリーホテルの蚊帳の扉に足を突っ込んだ。
Mr. Beardsley came boiling out.
ビアズリー氏が飛び出してきた。
The man marched solemnly on.
男は厳かに歩き続けた。

 Though loudly they roar!
大声で咆哮するが!

 Laura was laughing so that tears ran out of her eyes.
ローラは笑いすぎて涙が出た。
She saw the long, solemn leg rip the mosquito netting in the door of Barker’s grocery.
彼女は長く厳かな脚がバーカーの食料品店のドアの蚊帳を破くのを見た。
Mr. Barker popped out, protesting.
バーカーさんが飛び出してきて抗議した。
The long legs stalking and the fat short legs gravely stretching went away from him haughtily.
長い脚が忍び寄り、太い短い脚が厳かに伸び、彼から傲慢に去っていった。

 Pull for the shore!
岸に引っ張れ!

 The tall man’s foot pushed through the screen door of Wilder’s Feed Store.
背の高い男の足がワイルダーの飼料店の網戸を突き破った。
Royal Wilder yanked it open and said what he thought.
ロイヤル・ワイルダーはそれをぐいと開けて、彼が思っていることを伝えた。

 The two men stood listening gravely until he stopped for breath.
2人の男は彼が息を切らすまで真剣に耳を傾けて立っていた。
Then the fat little man said with great dignity, “My name is Tay Pay Pryor and I’m drunk.”
それから、太った小柄な男は威厳をもって言った、「私の名前はテイ・ペイ・プライアーで、私は酔っ払っている。」

 They went on, arm in arm, chanting those words.
彼らは腕を組んで、その言葉を唱えながら歩き続けた。
First the pudgy little man,
最初に小柄な太った男が、

 My name is Tay Pay Pryor—
私の名前はテイ・ペイ・プライアーで、

 Then both together, like bullfrogs,
それから、二人はウシガエルのように、

 —and I’m drunk!
酔っ払っている!

 The tall man would not say that his name was T. P. Pryor, but he always came in solemnly, “—and I’m DRUNK!”
背の高い男は自分のことはT.P.プライアーとは言わなかったが、いつも厳かに「酔っ払っている!」と言った。

 They wheeled square about and marched into the other saloon.
彼らはぐるっと回って、もう一つの酒場に行進していった。
Its screen door slammed loudly behind them.
彼らの後ろで網戸が大きな音を立てて閉まった。
Laura held her breath, but that one door’s mosquito netting stayed smooth and whole.
ローラは息を止めたが、そのドアの蚊帳は滑らかで無傷のままだった。

 Laura laughed till her sides ached.
ローラは脇腹が痛くなるまで笑った。
She could not stop when Mrs. White snapped out that it was a disgrace to snakes, what men would do with liquor in them.
ホワイト夫人が、酒を飲んだ男のすることは蛇の恥だと言った時も、彼女は笑いを止めることができなかった。

 “Think of the cost of all those screen doors,” Mrs. White said.
「あの網戸の費用を考えたら」とホワイト夫人は言った。
“I’m surprised at you.
「あなたには驚いたよ。
Young folks nowadays seem to have no realizing sense.”
最近の若者は現実感覚がないみたいね」

 That evening when Laura tried to describe those two men so that Mary could see them, no one laughed.
その夜、ローラがメアリーにわかるようにその二人の男の様子を説明しようとした時、誰も笑わなかった。

 “Goodness gracious, Laura.
「まあ、ローラ。
How could you laugh at drunken men?”
どうして酔っ払った男を笑うことができるの?」
Ma wanted to know.
ママは知りたがった。

 “I think it is dreadful,” Mary added.
「ひどいと思うよ」とメアリーは付け加えた。

 Pa said, “The tall one was Bill O’Dowd.
パパは言った、「背の高いのはビル・オドウドだ。
I know for a fact that his brother brought him to a claim put here, to keep him from drinking.
彼の兄が彼を飲酒から遠ざけるためにここに連れてきたのは事実だ。
Two saloons in this town are just two saloons too many.”
この町の2軒の酒場は2軒多すぎる。」

 “It’s a pity more men don’t say the same,” said Ma.
「もっと多くの男性が同じことを言わないのは残念だよ」とママは言った。
“I begin to believe that if there isn’t a stop put to the liquor traffic, women must bestir themselves and have something to say about it.”
「酒の密売が止まらないなら、女性は立ち上がってそれについて何か言わなければならないと信じ始めているよ。」

 Pa twinkled at her.
パパは彼女にウィンクした。
“Seems to me you have plenty to say, Caroline.
「キャロライン、君には言いたいことがたくさんあるようだな。
Ma never left me in doubt as to the evil of drink, nor you either.”
ママは飲酒の害について私に疑いを抱かせたことは一度もなかったし、君もそうだった。」

 “Be that as it may be,” said Ma.
「それはともかく」とママは言った。
“It’s a crying shame that such things can happen before Laura’s very eyes.”
「ローラの目の前でこんなことが起こるなんて、本当に恥ずかしいことだ。」

 Pa looked at Laura, and his eyes were still twinkling.
パパはローラを見た。彼の目はまだきらめいていた。
Laura knew that he didn’t blame her for laughing.
ローラは、パパが彼女が笑ったことを責めていないことを知っていたが。