Chapter 3: THE NECESSARY CAT
第3章: 必要な猫

 Now the first yellow-green spears of corn were dotted like fluttering ribbon-ends along the furrows of broken sod.
今や、最初の黄緑色のトウモロコシの穂が、耕された芝生の畝に沿って、ひらひらと舞うリボンの端のように点在していた。
One evening Pa walked across the field to look at them.
ある夕方、パパは畑を横切ってそれらを見に行った。
He came back tired and exasperated.
彼は疲れ果てて憤慨して帰ってきた。

 “I’ve got to replant more than half the cornfield,” he said.
「トウモロコシ畑の半分以上を植え直さなければならない」と彼は言った。

 “Oh, Pa. Why?” Laura asked.
「ああ、パパ。どうして?」とローラは尋ねた。

 “Gophers,” said Pa.
「ホリネズミだ」とパパは言った。
“Well, this is what a man gets for putting in the first corn in a new country.”
「まあ、これが新しい国で初めてトウモロコシを植えた人間が得るものなんだ」

 Grace was hugging his legs.
グレースは彼の足にしがみついていた。
He picked her up and tickled her cheek with his beard to make her laugh.
彼は彼女を抱き上げ、彼女を笑わせるために彼の髭で彼女の頬をくすぐった。
She remembered the planting rhyme, and sitting on his knee she chanted it proudly.
彼女は植え付けの歌を思い出し、彼の膝の上に座って誇らしげにそれを歌った。

 One for the blackbird,
1つはクロウタドリのために、

 One for the crow,
1つはカラスのために、

 And that will leave
そして残りは

 Just two to grow.
たった2つが育つ。

 “The man that made that up was an Easterner,” Pa told her.
「それを作った人は東部人だった」とパパは彼女に言った。
“Out here in the Territory we’ll have to make our own rhyme, Grace.
「ここ準州では、自分たちで韻を踏まなければならないよ、グレース。
How’s this for a try?”
試しにこんなのはどうかな?」

 One for a gopher,
1つはゴーファー用、

 Two for a gopher,
2つはゴーファー用、

 Three for a gopher,
3つはゴーファー用、

 Four don’t go fur.
4つは毛皮にはならない。

 “Oh, Charles,” Ma protested, laughing.
「ああ、チャールズ」とママは笑いながら抗議した。
She did not think puns were funny, but she could not help laughing at the naughty look Pa gave her when he made one.
彼女はダジャレが面白いとは思わなかったが、パパがダジャレを言った時に彼女に向けるいたずらっぽい表情に笑わずにはいられなかった。

 He had no sooner planted the seed corn than the striped gophers found it.
彼が種まき用のトウモロコシを植えるとすぐに、シマリスがそれを発見した。
All over the field they had been scampering, and stopping to dig into the little spots of fine soil with their tiny paws.
彼らは畑中を走り回り、小さな前足で細かい土の小さな場所を掘るために立ち止まっていた。
It was a wonder that they knew exactly where the kernels were buried.
彼らがとうもろこしの粒が埋まっている場所を正確に知っていたのは不思議だった。

 It was amazing that those little gophers, scampering, digging, sitting up straight and nibbling, each one, at one kernel of corn held in its paws, had eaten more than half of that whole field of corn.
あの小さなシマリスが、走り回り、掘り、まっすぐに座って、それぞれが前足でトウモロコシの粒を1つずつ持ち、かじり、トウモロコシ畑全体の半分以上を食べてしまったのは驚きだった。

 “They are pests!” said Pa.
「彼らは害虫だ!」とパパは言った。
“I wish we had a cat like old Black Susan used to be.
「昔の黒いスーザンのような猫がいたらいいのに。
She’d have thinned ’em out.”
彼女なら彼らを間引いてくれただろうに。」

 “I need a cat in the house, too,” Ma agreed.
「私も家の中に猫が必要だよ」とママも同意した。
“I declare the mice are getting so thick I can’t leave food uncovered in the cupboard.
「ねずみがあまりに増えすぎて、食器棚に食べ物を覆わずに置いておけないよ。
Is there a cat to be had, Charles?”
猫を飼うわけにはいかないかしら、チャールズ?」

 “There’s not a cat in this whole country, that I know of,” Pa answered.
「私の知る限り、この国全体に猫は一匹もいない」とパパは答えた。
“The storekeepers in town are complaining, too.
「町の店主たちも文句を言っている。
Wilmarth’s talking of getting a cat shipped out from the East.”
ウィルマースは東部から猫を送ってもらおうかと話している」

 That very night, Laura was startled out of a sound sleep.
その夜、ローラはぐっすり眠っているところを驚かされた。
Through the partition between the bedrooms she heard a gasp, a grunt, and a sudden thud of something small and squashing.
寝室の間仕切りを通して、彼女は息を呑む音、うなり声、そして何か小さくてつぶれたものが突然ドスンと落ちる音を聞いた。
She heard Ma say, “Charles! What is it?”
彼女はママが「チャールズ! 何?」と言うのを聞いた。

 “I dreamed it,” Pa said, low.
「夢を見たんだ」とパパは低い声で言った。
“I dreamed a barber was cutting my hair.”
「床屋が私の髪を切っている夢を見たんだ」

 Ma spoke low, too, because this was the middle of the night and the house was asleep.
ママも低い声で話した、なぜなら真夜中で家は眠っていたからだ。
“It was only a dream.
「ただの夢よ。
Lie down again and let me have some of the covers back.”
もう一度横になって、布団を少し返してちょうだい」

 “I heard the barber’s shears go snip, snip,” said Pa.
「床屋の鋏がチョキチョキ鳴るのが聞こえたんだ」とパパは言った。

 “Well, lie down and go to sleep,” Ma yawned.
「そう、横になって寝なさい」ママはあくびをした。

 “My hair was being cut,” said Pa.
「髪を切られていたんだ」とパパは言った。

 “I never knew you to be upset by a dream before.”
「今まであなたが夢に動揺するなんて知らなかったよ」
Ma yawned again.
ママはまたあくびをした。
“Lie down and turn over and you won’t go on dreaming it.”
「横になって寝返りを打てば、その夢を見続けることはないよ」

 “Caroline, my hair was being cut,” Pa repeated.
「キャロライン、髪を切られていたんだ」とパパは繰り返した。

 “What do you mean?” Ma asked, more awake now.
「どういうこと?」とママは尋ね、今はもっと目が覚めていた。

 “I am telling you,” Pa said.
「言っているだろう」とパパは言った。
“In my sleep I put up my hand and—Here. Feel my head.”
「寝ている間に手を上げたら、ほら。頭を触ってごらん」

 “Charles! Your hair’s been cut!” Ma exclaimed.
「チャールズ! 髪が切れてる!」とママは叫んだ。
Laura heard her sit up in bed.
ローラはママがベッドに起き上がるのを聞いた。
“I can feel it, there’s a place on your head——”
「触るとわかるよ、頭のここの部分が」

 “Yes, that’s the spot,” said Pa.
「そう、そこだ」とパパは言った。
“I put up my hand—”
「手を上げたら」

 Ma interrupted.
ママが口を挟んだ。
“A place as big as my hand, shorn clean off.”
「私の手と同じくらいの大きさの部分が、きれいに刈り取られていた」

 “I put up my hand,” said Pa, “and I took hold of—something——”
「手を上げたら」とパパは言った。「何かをつかんだんだ」

 “What? What was it?” Ma asked.
「何を? 何だったの?」とママは尋ねた。

 “I think,” said Pa, “I think it was a mouse.”
「思うに」とパパは言った。「ネズミだったと思う」

 “Where is it?” Ma cried out.
「どこにいるの?」とママは叫んだ。

 “I don’t know. I threw it away, as hard as I could,” said Pa.
「わからない。できるだけ強く投げ捨てたんだ」とパパは言った。

 “My goodness!” Ma said weakly.
「なんてこと!」とママは弱々しく言った。
“It must have been a mouse.
「ネズミだったに違いないよ。
Cutting off your hair to make itself a nest.”
巣を作るためにあなたの髪を切ったのよ。」

 After a minute Pa said, “Caroline, I swear——”
しばらくしてパパは言った、「キャロライン、誓って言うが——」

 “No, Charles,” Ma murmured.
「いいえ、チャールズ」とママはつぶやいた。

 “Well, I would swear, if I did, that I can’t lie awake nights to keep mice out of my hair.”
「もし誓うなら、夜起きてネズミが髪の毛に入らないように見張ることはできないと誓うよ。」

 “I do wish we had a cat,” Ma wished hopelessly.
「猫がいればいいのに」とママは絶望的に願った。

 Sure enough, in the morning a mouse lay dead by the bedroom wall where Pa had thrown it.
案の定、朝になるとネズミがパパが投げた寝室の壁のそばで死んで横たわっていた。
And Pa appeared at breakfast with an almost bare spot on the back of his head, where the mouse had shorn his hair away.
そしてパパは、ネズミが髪の毛を刈り取った後頭部がほとんど剥げている状態で朝食に現れた。

 He would not have minded so much, but there was not time for the hair to grow before he must go to a meeting of county commissioners.
彼はそんなに気にしなかっただろうが、郡政委員会の会議に行くまでに髪の毛が伸びる時間がなかった。
The country was settling so rapidly that already a county was being organized, and Pa must help.
国は急速に落ち着きを取り戻し、すでに郡が組織されていたので、パパは手伝わなければならなかった。
As the oldest settler, he could not shirk his duty.
最年長の入植者として、彼は義務を怠ることはできなかった。

 The meeting was to be held at Whiting’s homestead claim, four miles northeast of town.
会議は町の北東4マイルにあるホワイティングのホームステッドで開かれる予定だった。
No doubt Mrs. Whiting would be there, and Pa could not keep his hat on.
ホワイティング夫人がそこにいることは間違いなく、パパは帽子をかぶったままにすることはできなかった。

 “Never mind,” Ma consoled him.
「気にしないで」とママは彼を慰めた。
“Just tell them how it happened.
「ただ、それがどのように起こったかを彼らに話せばいい。
Likely they have mice.”
彼らもネズミがいるだろう。」

 “There’ll be more important things to talk about,” said Pa.
「もっと話すべき重要なことがあるだろう」とパパは言った。
“No, better just let them think this is the way my wife cuts my hair.”
「いや、妻が私の髪を切る方法だと彼らに思わせておく方がいい。」

 “Charles, you wouldn’t!” Ma exclaimed, before she saw that he was teasing her.
「チャールズ、そんなことしないで!」ママは叫んだが、彼がからかっていることに気づいた。

 When he drove away in the wagon that morning, he told Ma not to expect him for dinner.
その朝、彼が馬車で出発したとき、彼はママに夕食を期待しないように言った。
He had a ten-mile drive to make, on top of the time spent at the meeting.
彼は会議に費やした時間に加えて、10マイルのドライブをしなければならなかった。

 It was supper time when he came driving to the stable.
彼が馬小屋に車で来たのは夕食の時間だった。
He unhitched and came hurrying to the house so quickly that he met Carrie and Grace running out.
彼は馬車を外して急いで家に向かったので、キャリーとグレースが走り出てきた。

 “Girls! Caroline!” he called.
「娘たち! キャロライン!」彼は呼んだ。
“Guess what I’ve brought you!”
「何を持って来たか当ててみろ!」
His hand was in his pocket and his eyes were twinkling.
彼の手はポケットの中にあり、目はきらめいていた。

 “Candy!”
「キャンディ!」
Carrie and Grace answered together.
キャリーとグレースが一緒に答えた。

 “Better than that!” said Pa.
「それよりもっといいものだ!」とパパは言った。

 “A letter?” Ma asked.
「手紙?」とママは尋ねた。

 “A paper,” Mary guessed.
「新聞」とメアリーは推測した。
“Maybe The Advance.”
「たぶん、アドバンス」

 Laura was watching Pa’s pocket.
ローラはパパのポケットを見ていた。
She was certain that something, not Pa’s hand, was moving inside it.
彼女はパパの手ではなく何かがその中で動いていることを確信していた。

 “Let Mary see it first,” Pa warned the others.
「メアリーに最初に見せてやれ」とパパは他の者に警告した。
He took his hand from his pocket.
彼はポケットから手を取り出した。
There on his palm lay a tiny blue and white kitten.
彼の手のひらの上には小さな青と白の子猫がいた。

 He laid it carefully in Mary’s hand.
彼はそれをメアリーの手に注意深く置いた。
She stroked its soft fur with a finger tip.
彼女は指先でその柔らかい毛を撫でた。
Gently she touched its tiny ears and its nose and its wee paws.
彼女はそっとその小さな耳と鼻と小さな足に触れた。

 “A kitten,” she said wonderingly.
「子猫」彼女は不思議そうに言った。
“Such a very little kitten.”
「とても小さな子猫」

 “Its eyes aren’t open yet,” Laura told her.
「まだ目が開いていないのよ」ローラは彼女に言った。
“Its baby fur is as blue as tobacco smoke, and its face and its breast and its paws and the very tip of its tail are white.
「赤ちゃん毛はタバコの煙のように青くて、顔と胸と足と尻尾の先は白いの。
Its claws are the tiniest wee white things.”
爪はとっても小さな白いの」

 They all bent over the soft, blind little kitten in Mary’s hand.
みんなメアリーの手の中の柔らかい、目の見えない子猫に身をかがめた。
It opened its pink mouth in a silent mew.
子猫はピンクの口を開けて無言で鳴いた。

 “It’s too small to take from its mother,” Pa said.
「母猫から引き離すには小さすぎる」とパパは言った。
“But I had to take it while I had the chance, before somebody else did.
「でも、誰か他の人に取られる前に、チャンスがあるうちに取らなければならなかった。
Whiting had the cat sent out to them from the East.
ホワイティングは東部から猫を送ってもらった。
She had five kittens, and they sold four of them today for fifty cents apiece.”
子猫は5匹いて、ホワイティングは今日そのうちの4匹を1匹50セントで売ったんだ」

 “You didn’t pay fifty cents for this kitten, Pa?”
「この子猫に50セント払ったんじゃないでしょうね、パパ?」
Laura asked him, wide-eyed.
ローラは目を丸くして尋ねた。

 “Yes, I did,” said Pa.
「払ったよ」とパパは言った。

 Quickly Ma said, “I don’t blame you, Charles.
ママはすぐに「あなたを責めません、チャールズ。
A cat in this house will be well worth it.”
この家に猫がいるのは価値があるでしょう」と言った。

 “Can we raise such a little kitten?”
「こんな小さな子猫を育てられるかしら?」
Mary asked anxiously.
メアリーは心配そうに尋ねた。

 “Oh, yes,” Ma assured them.
「ああ、大丈夫よ」とママは安心させた。
“We will have to feed it often, wash its eyes carefully, and keep it warm.
「頻繁に餌を与えて、目を丁寧に洗って、暖かくしてあげる必要があるよ。
Laura, find a small box and pick out the softest, warmest scraps from the scrap bag.”
ローラ、小さな箱を見つけて、端切れ袋から一番柔らかくて暖かい端切れを選んでちょうだい。」

 Laura made a snug, soft nest for the kitten in a pasteboard box, while Ma warmed some milk.
ローラはボール紙の箱に子猫のための心地よい柔らかい巣を作り、ママは牛乳を温めた。
They all watched while Ma took the kitten in her hand and fed it, a drop of milk at a time, from a teaspoon.
ママが子猫を手に取って、ティースプーンで一度に一滴ずつ牛乳を与えるのをみんなが見守った。
The kitten’s wee paws clutched at the spoon and its pink mouth tried to suck, and drop by drop it sucked in the warm milk, though some ran down its chin.
子猫の小さな前足はスプーンをつかみ、ピンクの口は吸おうとし、一滴ずつ温かいミルクを吸い込んだが、一部は顎を伝って流れ落ちた。
Then they put it in its nest, and under Mary’s warm hand it snuggled down to sleep.
それから、子猫を巣に入れ、メアリーの温かい手の下で子猫はすやすやと眠りについた。

 “It has nine lives like any cat, and it will live all right,” said Ma.
「他の猫と同じように九つの命があるし、大丈夫よ」とママは言った。
“You’ll see.”
「きっとわかるよ」