Chapter VII: A WAR-BABY AND A SOUP TUREEN 第七章: 戦争孤児とスープ入れ

 “Liege and Namur—and now Brussels!” 「リエージュとナミュール、そして今度はブリュッセル!」
The doctor shook his head. 医者は首を横に振った。
“I don't like it—I don't like it.” 「嫌だよ、嫌だよ」

 “Do not you lose heart, Dr. dear; they were just defended by foreigners,” said Susan superbly. 「気を落とさないでください、お医者様。彼らは外国人に守られていただけです」スーザンは堂々と言った。
“Wait you till the Germans come against the British; there will be a very different story to tell and that you may tie to.” 「ドイツがイギリスと戦うまで待ってごらんなさい。全く違う話になるでしょう。それに賭けてもいい」

 The doctor shook his head again, but a little less gravely; 医者はまた首を横に振ったが、少し深刻さは減っていた。
perhaps they all shared subconsciously in Susan's belief that “the thin grey line” was unbreakable, even by the victorious rush of Germany's ready millions. おそらく彼らは皆、スーザンの信念を無意識に共有していたのだろう。「薄い灰色の線」は、ドイツの何百万という勝利の突進によっても破壊できないという信念だ。
At any rate, when the terrible day came—the first of many terrible days—with the news that the British army was driven back they stared at each other in blank dismay. いずれにせよ、恐ろしい日がやってきた時、多くの恐ろしい日の最初の日、イギリス軍が撃退されたというニュースで、彼らはぼんやりと狼狽して互いに見つめ合った。

 “It—it can't be true,” gasped Nan, taking a brief refuge in temporary incredulity. 「そんな、そんなの本当なはずがない」ナンは息を切らして、一時的な不信感に逃げ込んだ。

 “I felt that there was to be bad news today,” said Susan, “for that cat-creature turned into Mr. Hyde this morning without rhyme or reason for it, and that was no good omen.” 「今日は悪い知らせがあると感じていた」とスーザンは言った。「あの猫の生き物が今朝、韻も理由もなくハイド氏になってしまったから、それは良い前兆ではなかった」

 “'A broken, a beaten, but not a demoralized, army,'” muttered the doctor, from a London dispatch. 「『壊れた、打ち負かされたが、士気は落ちていない軍隊』」医者はロンドンの急報からつぶやいた。
“Can it be England's army of which such a thing is said?” 「そんなことを言われているのがイギリス軍なのだろうか?」

 “It will be a long time now before the war is ended,” said Mrs. Blythe despairingly. 「戦争が終わるまでには長い時間がかかるだろう」とブライス夫人は絶望的に言った。

 Susan's faith, which had for a moment been temporarily submerged, now reappeared triumphantly. スーザンの信仰は一時的に水没していたが、今や勝ち誇って再び現れた。

 “Remember, Mrs. Dr. dear, that the British army is not the British navy. 「奥様、イギリス陸軍はイギリス海軍ではないことを思い出してください。
Never forget that. それを忘れないで。
And the Russians are on their way, too, though Russians are people I do not know much about and consequently will not tie to.” ロシア人も来ているけど、ロシア人についてはあまり知らないから、あまり期待しないよ」

 “The Russians will not be in time to save Paris,” said Walter gloomily. 「ロシア人はパリを救うには間に合わない」とウォルターは陰気に言った。
“Paris is the heart of France—and the road to it is open. 「パリはフランスの心臓部であり、そこへの道は開かれている。
Oh, I wish”—he stopped abruptly and went out. ああ、私は願う」彼は突然立ち止まり、出て行った。

 After a paralysed day the Ingleside folk found it was possible to “carry on” even in the face of ever-darkening bad news. 麻痺した一日を過ごした後、イングルサイドの人々は、ますます暗くなる悪いニュースに直面しても「続ける」ことが可能であることに気づいた。
Susan worked fiercely in her kitchen, the doctor went out on his round of visits, Nan and Di returned to their Red Cross activities; スーザンは台所で激しく働き、医者は往診に出かけ、ナンとディは赤十字の活動に戻った。
Mrs. Blythe went to Charlottetown to attend a Red Cross Convention; ブライス夫人は赤十字の大会に参加するためにシャーロッタウンに行った。
Rilla after relieving her feelings by a stormy fit of tears in Rainbow Valley and an outburst in her diary, remembered that she had elected to be brave and heroic. リラは、レインボーバレーでの激しい涙と日記の爆発によって自分の気持ちを和らげた後、勇敢で英雄的になることを選んだことを思い出した。
And, she thought, it really was heroic to volunteer to drive about the Glen and Four Winds one day, collecting promised Red Cross supplies with Abner Crawford's old grey horse. そして、彼女は、ある日、グレンやフォーウィンズをドライブして、アブナー・クロフォードの古い灰色の馬で約束された赤十字の物資を集めるボランティアをするのは本当に英雄的だと思った。
One of the Ingleside horses was lame and the doctor needed the other, so there was nothing for it but the Crawford nag, a placid, unhasting, thick-skinned creature with an amiable habit of stopping every few yards to kick a fly off one leg with the foot of the other. イングルサイドの馬の1頭は足が不自由で、医者はもう1頭を必要としていたため、クロフォードの老馬しかなかった。それは穏やかで、急ぐことのない、厚い皮膚の生き物で、数ヤードごとに止まって片方の足でハエを蹴り飛ばすという愛すべき習慣があった。
Rilla felt that this, coupled with the fact that the Germans were only fifty miles from Paris, was hardly to be endured. リラは、ドイツ軍がパリからわずか50マイルしか離れていないという事実と相まって、これは耐え難いことだと感じた。
But she started off gallantly on an errand fraught with amazing results. しかし、彼女は驚くべき結果に満ちた用事に出かけた。

 Late in the afternoon she found herself, with a buggy full of parcels, at the entrance to a grassy, deep-rutted lane leading to the harbour shore, wondering whether it was worth while to call down at the Anderson house. 午後遅く、彼女は小包をいっぱい積んだ馬車で、港の岸に続く草が茂った深い轍のある小道の入り口にいることに気づき、アンダーソンの家を訪ねる価値があるかどうか考えていた。
The Andersons were desperately poor and it was not likely Mrs. Anderson had anything to give. アンダーソン家はひどく貧しく、アンダーソン夫人が何か寄付できる可能性は低かった。
On the other hand, her husband, who was an Englishman by birth and who had been working in Kingsport when the war broke out, had promptly sailed for England to enlist there, without, it may be said, coming home or sending much hard cash to represent him. 一方、生まれはイギリス人で、戦争が勃発したときにキングスポート港で働いていた夫は、イギリスに帰国して入隊するためにすぐに出航したが、帰国することも、代わりに現金を送ることもしなかった。
So possibly Mrs. Anderson might feel hurt if she were overlooked. だから、アンダーソン夫人は見過ごされたら傷つくかもしれない。
Rilla decided to call. リラは訪ねることにした。
There were times afterwards when she wished she hadn't, but in the long run she was very thankful that she did. その後、そうしなければよかったと思う時もあったが、長い目で見れば、そうしたことをとても感謝していた。

 The Anderson house was a small and tumbledown affair, crouching in a grove of battered spruces near the shore as if rather ashamed of itself and anxious to hide. アンダーソンの家は小さく、倒れそうな建物で、岸の近くのボロボロのトウヒの木立の中にうずくまっており、まるで自分を恥じて隠れたがっているようだった。
Rilla tied her grey nag to the rickety fence and went to the door. リラは灰色の馬を壊れそうな柵に縛り付けて、ドアに向かった。
It was open; ドアは開いていた。
and the sight she saw bereft her temporarily of the power of speech or motion. そして、彼女が見た光景は、一時的に彼女から言葉や動きの力を奪った。

 Through the open door of the small bedroom opposite her, Rilla saw Mrs. Anderson lying on the untidy bed; リラは、向かいの小さな寝室の開いたドアから、アンダーソン夫人が乱れたベッドに横たわっているのを見た。
and Mrs. Anderson was dead. そして、アンダーソン夫人は死んでいた。
There was no doubt of that; そのことに疑いはなかった。
neither was there any doubt that the big, frowzy, red-headed, red-faced, over-fat woman sitting near the door-way, smoking a pipe quite comfortably, was very much alive. 玄関の近くに座って、パイプをくゆらせている、大きくて、だらしなく、赤毛で、赤ら顔の、太りすぎの女性が、とても元気であることにも疑いはなかった。
She rocked idly back and forth amid her surroundings of squalid disorder, and paid no attention whatever to the piercing wails proceeding from a cradle in the middle of the room. 彼女は、むさくるしい無秩序の環境の中で、怠惰に前後に揺れ、部屋の真ん中にある揺りかごから聞こえてくる鋭い泣き声には全く注意を払っていなかった。

 Rilla knew the woman by sight and reputation. リラはその女性を見た目と評判で知っていた。
Her name was Mrs. Conover; 彼女の名前はコノバー夫人だった。
she lived down at the fishing village; 彼女は漁村に住んでいた。
she was a great-aunt of Mrs. Anderson; 彼女はアンダーソン夫人の大叔母だった。
and she drank as well as smoked. そして彼女は煙草を吸うだけでなく酒も飲んだ。

 Rilla's first impulse was to turn and flee. リラの最初の衝動は踵を返して逃げ出すことだった。
But that would never do. しかしそれは絶対にできない。
Perhaps this woman, repulsive as she was, needed help—though she certainly did not look as if she were worrying over the lack of it. おそらくこの女性は、彼女がそうであるように不快だが、助けを必要としていた—彼女は確かにその欠如を心配しているかのようには見えなかったが。

 “Come in,” said Mrs. Conover, removing her pipe and staring at Rilla with her little, rat-like eyes. 「入って」コノバー夫人はパイプを外し、ネズミのような小さな目でリラをじっと見つめながら言った。

 “Is—is Mrs. Anderson really dead?” asked Rilla timidly, as she stepped over the sill. 「アンダーソンさんは本当に亡くなったんですか?」敷居をまたぎながらリラは臆病に尋ねた。

 “Dead as a door nail,” responded Mrs. Conover cheerfully. 「ドアの釘のように死んでる」コノバー夫人は陽気に答えた。
“Kicked the bucket half an hour ago. 「30分前に死んだ。
I've sent Jen Conover to 'phone for the undertaker and get some help up from the shore. ジェン・コノバーに葬儀屋に電話して、海岸から手伝いに来てもらうよう頼んだ。
You're the doctor's miss, ain't ye? あなたは医者の娘さんでしょう?
Have a cheer?” 元気ですか?」

 Rilla did not see any chair which was not cluttered with something. リラには何かが散らかっていない椅子は見当たらなかった。
She remained standing. 彼女は立ったままだった。

 “Wasn't it—very sudden?” 「とても突然だったでしょう?」

 “Well, she's been a-pining ever since that worthless Jim lit out for England—which I say it's a pity as he ever left. 「あの役立たずのジムがイギリスへ出発してからずっと彼女は恋い焦がれているのさ。彼が去ったのは残念なことだと私は思う。
It's my belief she was took for death when she heard the news. 彼女はその知らせを聞いた時、死んだと思ったんだ。
That young un there was born a fortnight ago and since then she's just gone down and today she up and died, without a soul expecting it.” あの赤ん坊は二週間前に生まれて、それ以来彼女は衰弱してきて、今日誰も予期しないうちに死んでしまったんだ」

 “Is there anything I can do to—to help?” hesitated Rilla. 「何か私にできることはありますか?」とリラはためらいながら言った。

 “Bless yez, no—unless ye've a knack with kids. I haven't. 「神のご加護を、いや、子供の扱いに慣れていないなら無理だ。私は慣れていない。
That young un there never lets up squalling, day or night. あの赤ん坊は昼夜を問わず泣き止まない。
I've just got that I take no notice of it.” 私はもう気にしないようにしている。」

 Rilla tiptoed gingerly over to the cradle and more gingerly still pulled down the dirty blanket. リラはそっと忍び足でゆりかごに近づき、さらにそっと汚れた毛布を下ろした。
She had no intention of touching the baby—she had no “knack with kids” either. 彼女は赤ん坊に触れるつもりはなかった。彼女も「子供の扱い」は得意ではなかった。
She saw an ugly midget with a red, distorted little face, rolled up in a piece of dingy old flannel. 彼女は赤く歪んだ小さな顔をした醜い小人が薄汚れた古いフランネルにくるまっているのを見た。
She had never seen an uglier baby. 彼女はこんな醜い赤ん坊を見たことがなかった。
Yet a feeling of pity for the desolate, orphaned mite which had “come out of the everywhere” into such a dubious “here”, took sudden possession of her. それでも、こんな怪しげな「ここ」に「どこからともなく」やってきた孤独な孤児の赤ん坊に対する哀れみの感情が突然彼女を襲った。

 “What is going to become of the baby?” she asked. 「赤ん坊はどうなるの?」と彼女は尋ねた。

 “Lord knows,” said Mrs. Conover candidly. 「神のみぞ知る」とコノバー夫人は率直に言った。
“Min worried awful over that before she died. 「ミンは死ぬ前にそのことをとても心配していた。
She kept on a-saying 'Oh, what will become of my pore baby' till it really got on my nerves. 彼女は「ああ、私の赤ん坊はどうなるの」と言い続け、私は本当にイライラした。
I ain't a-going to trouble myself with it, I can tell yez. 私はそれで自分を悩ますつもりはない、と断言できる。
I brung up a boy that my sister left and he skinned out as soon as he got to be some good and won't give me a mite o' help in my old age, ungrateful whelp as he is. 私は妹が残した男の子を育てたが、彼は少し役に立つようになるとすぐに逃げ出し、私の老後に少しも助けてくれない、恩知らずなやつだ。
I told Min it'd have to be sent to an orphan asylum till we'd see if Jim ever came back to look after it. 私はミンに、ジムが世話をするために戻ってくるかどうかわかるまで、孤児院に送らなければならないだろうと言った。
Would yez believe it, she didn't relish the idee. 信じられるだろうか、彼女はその考えを好まなかった。
But that's the long and short of it.” でも、それが事の成り行きだ」

 “But who will look after it until it can be taken to the asylum?” persisted Rilla. 「でも、孤児院に連れて行かれるまで誰が世話をするの?」とリラは食い下がった。
Somehow the baby's fate worried her. どういうわけか、赤ん坊の運命が彼女を心配させた。

 “S'pose I'll have to,” grunted Mrs. Conover. 「私がやらなきゃならんと思う」とコノバー夫人は不平を言った。
She put away her pipe and took an unblushing swig from a black bottle she produced from a shelf near her. 彼女はパイプを片付け、近くの棚から取り出した黒い瓶から恥ずかしげもなく一口飲んだ。
“It's my opinion the kid won't live long. It's sickly. 「私の考えでは、この子は長生きしないと思う。病弱だ。
Min never had no gimp and I guess it hain't either. ミンは元気なかったし、この子もそうだと思う。
Likely it won't trouble any one long and good riddance, sez I.” おそらく誰も長く困らせることはないだろうし、厄介払いになるだろう」

 Rilla drew the blanket down a little farther. リラは毛布をもう少し下げた。

 “Why, the baby isn't dressed!” she exclaimed, in a shocked tone. 「あら、赤ちゃんは服を着ていないよ!」と彼女はショックを受けた口調で叫んだ。

 “Who was to dress him I'd like to know,” demanded Mrs. Conover truculently. 「誰が彼に服を着せるのか知りたいよ」とコノバー夫人は荒々しく尋ねた。
“I hadn't time—took me all the time there was looking after Min. 'Sides, as I told yez, I don't know nithing about kids. 「私には時間がなかったわーミンの世話をするのにいつも時間がかかったのよ。それに、言ったように、私は子供のことは何も知らないの。
Old Mrs. Billy Crawford, she was here when it was born and she washed it and rolled it up in that flannel, and Jen she's tended it a bit since. ビリー・クロフォード老夫人、彼女は赤ちゃんが生まれた時にここにいて、彼女は赤ちゃんを洗って、あのフランネルに巻いて、それ以来ジェンは少し世話をしているの。
The critter is warm enough. あの生き物は十分暖かい。
This weather would melt a brass monkey.” この天気は真鍮の猿も溶かすよ」

 Rilla was silent, looking down at the crying baby. リラは黙って泣いている赤ちゃんを見下ろしていた。
She had never encountered any of the tragedies of life before and this one smote her to the core of her heart. 彼女はこれまで人生の悲劇に遭遇したことがなく、この悲劇は彼女の心の奥底を打ち砕いた。
The thought of the poor mother going down into the valley of the shadow alone, fretting about her baby, with no one near but this abominable old woman, hurt her terribly. 哀れな母親が、この忌まわしい老婆以外に誰もいない中で、赤ちゃんのことを心配しながら、一人で影の谷に降りていくという考えは、彼女をひどく傷つけた。
If she had only come a little sooner! 彼女がもう少し早く来てくれたらよかったのに!
Yet what could she have done—what could she do now? しかし、彼女に何ができただろうか、今何ができるだろうか?
She didn't know, but she must do something. 彼女には分からなかったが、何かしなければならない。
She hated babies—but she simply could not go away and leave that poor little creature with Mrs. Conover—who was applying herself again to her black bottle and would probably be helplessly drunk before anybody came. 彼女は赤ちゃんが嫌いだったが、ただ立ち去って、あの哀れな小さな生き物をコノバー夫人に預けておくことはできなかった。コノバー夫人はまた黒い瓶に手を伸ばし、誰かが来る前にどうしようもなく酔っ払ってしまうだろう。

 “I can't stay,” thought Rilla. 「私はここにいられない」とリラは思った。
“Mr. Crawford said I must be home by supper-time because he wanted the pony this evening himself. 「クロフォードさんは、今夜は自分でポニーを使うから、夕食の時間までには帰らなければならないと言っていた。
Oh, what can I do?” ああ、どうしたらいいんだろう?」

 She made a sudden, desperate, impulsive resolution. 彼女は突然、必死に、衝動的に決意した。

 “I'll take the baby home with me,” she said. 「赤ちゃんを連れて帰る」と彼女は言った。
“Can I?” 「いいかな?」

 “Sure, if yez wants to,” said Mrs. Conover amiably. 「もちろん、そうしたいなら」とコノバー夫人は愛想よく言った。
“I hain't any objection. 「私は異存はない。
Take it and welcome.” 連れて帰って歓迎してあげなさい」

 “I—I can't carry it,” said Rilla. 「私、運べないよ」とリラは言った。
“I have to drive the horse and I'd be afraid I'd drop it. 「馬を運転しなくちゃいけないし、落としそうだから。
Is there a—a basket anywhere that I could put it in?” どこかに、かごか何かありませんか?」

 “Not as I knows on. 「私の知る限りでは。
There ain't much here of anything, I kin tell yez. ここには何もない、と私は言える。
Min was pore and as shiftless as Jim. ミンは貧乏でジムと同じくらい無能だった。
Ef ye opens that drawer over there yez'll find a few baby clo'es. そこの引き出しを開けたら、赤ちゃんの服が少しある。
Best take them along.” 持っていった方がいい」

 Rilla got the clothes—the cheap, sleazy garments the poor mother had made ready as best she could. リラは服を取り出した。貧しい母親が最善を尽くして用意した安っぽい薄っぺらな衣服だった。
But this did not solve the pressing problem of the baby's transportation. しかし、それでは赤ちゃんを運ぶという差し迫った問題は解決しなかった。
Rilla looked helplessly round. リラは困惑してあたりを見回した。
Oh, for mother—or Susan! ああ、母さんかスーザンがいてくれたら!
Her eyes fell on an enormous blue soup tureen at the back of the dresser. 彼女の目は食器棚の奥にある巨大な青いスープ入れに留まった。

 “May I have this to—to lay him in?” she asked. 「これを彼を寝かすのに使ってもいいですか?」と彼女は尋ねた。

 “Well, 'tain't mine but I guess yez kin take it. 「まあ、私のじゃないけど、使ってもいいと思うよ。
Don't smash it if yez can help—Jim might make a fuss about it if he comes back alive—which he sure will, seein' he ain't any good. できれば壊さないでくれよ。ジムが生きて帰ってきたら大騒ぎするかもしれない。彼は役立たずだから、きっと帰ってくるだろう。
He brung that old tureen out from England with him—said it'd always been in the family. 彼はイギリスからあの古いスープ入れを持ってきたんだ。ずっと家族のものだったと言っていた。
Him and Min never used it—never had enough soup to put in it—but Jim thought the world of it. 彼とミンは一度も使ったことがない。入れるスープがなかったんだ。でもジムはそれをとても大事にしていた。
He was mighty perticuler about some things but didn't worry him none that there weren't much in the way o' eatables to put in the dishes.” 彼はいくつかのことには非常にこだわりがあったが、食器に入れる食べ物があまりないことは気にしていなかった。」

 For the first time in her life Rilla Blythe touched a baby—lifted it—rolled it in a blanket, trembling with nervousness lest she drop it or—or—break it. リラ・ブライスは生まれて初めて赤ちゃんに触れ、抱き上げ、落としたり壊したりしないようにと緊張で震えながら毛布にくるんだ。
Then she put it in the soup tureen. それから彼女はそれをスープ入れに入れた。

 “Is there any fear of it smothering?” she asked anxiously. 「窒息の心配はないの?」と彼女は心配そうに尋ねた。

 “Not much odds if it do,” said Mrs. Conover. 「そうでもなければあまり意味がない」とコノバー夫人は言った。

 Horrified Rilla loosened the blanket round the baby's face a little. 恐ろしくてリラは赤ちゃんの顔の周りの毛布を少し緩めた。
The mite had stopped crying and was blinking up at her. 赤ちゃんは泣き止んで彼女を見上げていた。
It had big dark eyes in its ugly little face. 醜い小さな顔に大きな黒い目があった。

 “Better not let the wind blow on it,” admonished Mrs. Conover. 「風に当てない方がいい」とコノバー夫人は忠告した。
“Take its breath if it do.” 「風に当たると息が詰まる」

 Rilla wrapped the tattered little quilt around the soup tureen. リラはボロボロの小さなキルトをスープ入れに巻きつけた。

 “Will you hand this to me after I get into the buggy, please?” 「私が馬車に乗った後でこれを渡してくれますか?」

 “Sure I will,” said Mrs. Conover, getting up with a grunt. 「もちろん」とコノバー夫人はうなり声を上げて立ち上がった。

 And so it was that Rilla Blythe, who had driven to the Anderson house a self-confessed hater of babies, drove away from it carrying one in a soup tureen on her lap! こうして、自ら赤ちゃん嫌いを認めてアンダーソン家に向かったリラ・ブライスは、スープ入れに赤ちゃんを入れて膝に抱え、馬車で家を後にした。

 Rilla thought she would never get to Ingleside. リラはイングルサイドにたどり着けないと思った。
In the soup tureen there was an uncanny silence. スープ入れの中は不気味なほど静かだった。
In one way she was thankful the baby did not cry but she wished it would give an occasional squeak to prove that it was alive. 赤ちゃんが泣かないのはありがたいことだが、生きている証拠に時々キーキー鳴いてくれたらいいのにと思った。
Suppose it were smothered! 窒息していたらどうしよう!
Rilla dared not unwrap it to see, lest the wind, which was now blowing a hurricane, should “take its breath,” whatever dreadful thing that might be. リラは、今やハリケーンのように吹き荒れている風が、どんなに恐ろしいことが起ころうとも「息を奪う」のではないかと、あえて包みを開けて見ようとはしなかった。
She was a thankful girl when at last she reached harbour at Ingleside. やっとイングルサイドの港に着いた時、彼女は感謝の気持ちでいっぱいだった。

 Rilla carried the soup tureen to the kitchen, and set it on the table under Susan's eyes. リラはスープ入れを台所に運び、スーザンの目の前でテーブルに置いた。
Susan looked into the tureen and for once in her life was so completely floored that she had not a word to say. スーザンはスープ入れの中を覗き込み、人生で初めて完全に面食らって言葉を失った。

 “What in the world is this?” asked the doctor, coming in. 「これはいったい何だ?」と医師が尋ねた。

 Rilla poured out her story. リラは自分の話を吐き出した。
“I just had to bring it, father,” she concluded. 「私はただそれを運んで来なければならなかったんです、お父さん」と彼女は結論を述べた。
“I couldn't leave it there.” 「そこに置いておくわけにはいかなかったんです」

 “What are you going to do with it?” 「それをどうするつもりだ?」
asked the doctor coolly. 医者は冷静に尋ねた。

 Rilla hadn't exactly expected this kind of question. リラはこのような質問を全く予期していなかった。

 “We—we can keep it here for awhile—can't we—until something can be arranged?” she stammered confusedly. 「私たちは、私たちはしばらくここに置いておくことができます、何か手配ができるまで」彼女は混乱してどもった。

 Dr. Blythe walked up and down the kitchen for a moment or two while the baby stared at the white walls of the soup tureen and Susan showed signs of returning animation. 赤ん坊がスープ入れの白い壁を見つめ、スーザンが生気を取り戻す兆しを見せる間、ブレイス医師はしばらく台所を行ったり来たりしていた。

 Presently the doctor confronted Rilla. やがて医者はリラと向き合った。

 “A young baby means a great deal of additional work and trouble in a household, Rilla. 「幼い赤ん坊は家庭に多くの余分な仕事と面倒をもたらす、リラ。
Nan and Di are leaving for Redmond next week and neither your mother nor Susan is able to assume so much extra care under present conditions. ナンとディは来週レドモンドに向けて出発するし、君の母もスーザンも現状ではそれほど多くの余分な世話をすることはできない。
If you want to keep that baby here you must attend to it yourself.” もしその赤ん坊をここに置きたいのなら、君が自分で世話をしなければならない。」

 “Me!” Rilla was dismayed into being ungrammatical. 「私が!」リラは文法に反するほど狼狽した。
“Why—father—I—I couldn't!” 「ええと、お父さん、私、私にはできないよ!」

 “Younger girls than you have had to look after babies. 「君よりもっと幼い少女でも赤ん坊の世話をしなければならなかった。
My advice and Susan's is at your disposal. 私とスーザンの助言はいつでも受けられる。
If you cannot, then the baby must go back to Meg Conover. もしできないなら、赤ん坊はメグ・コノバーのところへ返さなければならない。
Its lease of life will be short if it does for it is evident that it is a delicate child and requires particular care. もしそうなら、その命は短いだろう、なぜなら、それは明らかに虚弱な子供で、特別な世話が必要だからだ。
I doubt if it would survive even if sent to an orphans' home. 孤児院に送られたとしても生き残れるかどうかは疑わしい。
But I cannot have your mother and Susan over-taxed.” しかし、私はあなたの母とスーザンに過重な負担をかけることはできない。」

 The doctor walked out of the kitchen, looking very stern and immovable. 医者は非常に厳しく、動じない様子で台所から出て行った。
In his heart he knew quite well that the small inhabitant of the big soup tureen would remain at Ingleside, but he meant to see if Rilla could not be induced to rise to the occasion. 彼は心の中で、大きなスープ入れの小さな住人はイングルサイドに残るだろうとよく知っていたが、彼はリラがその機会に立ち上がるように誘導できないかどうかを見ようとした。

 Rilla sat looking blankly at the baby. リラはぼんやりと赤ん坊を見つめて座っていた。
It was absurd to think she could take care of it. 彼女がそれを世話できると考えるのはばかげていた。
But—that poor little, frail, dead mother who had worried about it—that dreadful old Meg Conover. しかし、そのことを心配していたあのかわいそうな、か弱い、亡くなった母親、あの恐ろしい老メグ・コノバー。

 “Susan, what must be done for a baby?” she asked dolefully. 「スーザン、赤ちゃんのために何をしなければならないの?」と彼女は悲しそうに尋ねた。

 “You must keep it warm and dry and wash it every day, and be sure the water is neither too hot nor too cold, and feed it every two hours. 「暖かくして乾かして毎日洗って、水が熱すぎず冷たすぎないようにして、2時間ごとに食べさせなければならない。
If it has colic, you put hot things on its stomach,” said Susan, rather feebly and flatly for her. 疝痛がある場合は、お腹に熱いものを乗せる」とスーザンは彼女にしては弱々しく平坦に言った。

 The baby began to cry again. 赤ちゃんはまた泣き始めた。

 “It must be hungry—it has to be fed anyhow,” said Rilla desperately. 「お腹が空いているに違いない、とにかく食べさせなければならない」とリラは必死に言った。
“Tell me what to get for it, Susan, and I'll get it.” 「何をあげればいいか教えて、スーザン、そうしたら私があげる」

 Under Susan's directions a ration of milk and water was prepared, and a bottle obtained from the doctor's office. スーザンの指示のもと、牛乳と水の配給が準備され、医師の診察室から哺乳瓶が手配された。
Then Rilla lifted the baby out of the soup tureen and fed it. それからリラは赤ちゃんをスープ入れから抱き上げ、ミルクを与えた。
She brought down the old basket of her own infancy from the attic and laid the now sleeping baby in it. 彼女は屋根裏部屋から自分の幼少期の古いバスケットを降ろし、今は眠っている赤ちゃんをその中に寝かせた。
She put the soup tureen away in the pantry. 彼女はスープ入れを食器棚に片付けた。
Then she sat down to think things over. それから彼女は腰を下ろして考えを巡らせた。

 The result of her thinking things over was that she went to Susan when the baby woke. 彼女が考えた結果、赤ちゃんが起きたらスーザンの所に行くことになった。

 “I'm going to see what I can do, Susan. 「スーザン、私に何ができるか考えてみるよ。
I can't let that poor little thing go back to Mrs. Conover. あのかわいそうな子をコノバー夫人の所に戻すわけにはいかない。
Tell me how to wash and dress it.” 洗い方と着せ方を教えて」

 Under Susan's supervision Rilla bathed the baby. スーザンの監督のもと、リラは赤ちゃんを洗った。
Susan dared not help, other than by suggestion, for the doctor was in the living-room and might pop in at any moment. スーザンは、医者が居間にいていつでも入ってくるかもしれないので、提案以外は手伝おうとしなかった。
Susan had learned by experience that when Dr. Blythe put his foot down and said a thing must be, that thing was. スーザンは、ブレイス医師が足を踏み鳴らして何かがなければならないと言ったら、それはそうなることを経験から学んでいた。
Rilla set her teeth and went ahead. リラは歯を食いしばって進んだ。
In the name of goodness, how many wrinkles and kinks did a baby have? いったい赤ちゃんにはどれだけしわやねじれがあるのだろう?
Why, there wasn't enough of it to take hold of. なぜなら、それをつかむのに十分な量がなかったからだ。
Oh, suppose she let it slip into the water—it was so wobbly! ああ、もし彼女がそれを水に落としたらどうしよう、とても不安定だった!
If it would only stop howling like that! ああ、もしそれがあんなに泣き止んでくれれば!
How could such a tiny morsel make such an enormous noise. あんなに小さなかけらがどうしてあんなに大きな音を立てられるのだろう。
Its shrieks could be heard over Ingleside from cellar to attic. その悲鳴はイングルサイドの地下室から屋根裏まで聞こえた。

 “Am I really hurting it much, Susan, do you suppose?” she asked piteously. 「スーザン、私は本当にこれを傷つけていると思う?」と彼女は哀れっぽく尋ねた。

 “No, dearie. Most new babies hate like poison to be washed. 「いいえ、お嬢さん。ほとんどの赤ちゃんは洗われるのを毒のように嫌う。
You are real knacky for a beginner. あなたは初心者にしては本当に器用だ。
Keep your hand under its back, whatever you do, and keep cool.” 何をするにしても、手を背中の下に置いて、冷静に」

 Keep cool! Rilla was oozing perspiration at every pore. 冷静に! リラはあらゆる毛穴から汗をにじませていた。
When the baby was dried and dressed and temporarily quieted with another bottle she was as limp as a rag. 赤ちゃんを拭いて服を着せ、もう一度哺乳瓶で飲ませて一時的に静かにさせた時、彼女はぼろきれのようにぐったりしていた。

 “What must I do with it tonight, Susan?” 「今夜はこれをどうしたらいいの、スーザン?」

 A baby by day was dreadful enough; 昼間の赤ちゃんでも十分恐ろしい。
a baby by night was unthinkable. 夜の赤ちゃんなんて考えられない。

 “Set the basket on a chair by your bed and keep it covered. 「ベッドのそばの椅子にバスケットを置いて、覆っておきなさい。
You will have to feed it once or twice in the night, so you would better take the oil heater upstairs. 夜に一度か二度授乳しなくてはならないから、石油ストーブを二階に持っていった方がいいよ。
If you cannot manage it call me and I will go, doctor or no doctor.” うまくいかなければ私を呼びなさい。医者がいようがいまいが行くよ」

 “But, Susan, if it cries?” 「でも、スーザン、泣いたら?」

 The baby, however, did not cry. しかし、赤ちゃんは泣かなかった。
It was surprisingly good—perhaps because its poor little stomach was filled with proper food. 驚くほど良い子だった。おそらく、その小さな胃袋が適切な食べ物で満たされたからだろう。
It slept most of the night but Rilla did not. 赤ちゃんは夜のほとんどを眠ったが、リラは眠らなかった。
She was afraid to go to sleep for fear something would happen to the baby. 彼女は赤ちゃんに何かが起こるのではないかと恐れて眠りにつくのを恐れた。
She prepared its three o'clock ration with a grim determination that she would not call Susan. 彼女はスーザンを呼ばないという固い決意で、3時の配給を用意した。
Oh, was she dreaming? ああ、彼女は夢を見ていたのか?
Was it really she, Rilla Blythe, who had got into this absurd predicament? 本当に彼女、リラ・ブライスがこのばかげた苦境に陥ったのか?
She did not care if the Germans were near Paris—she did not care if they were in Paris—if only the baby wouldn't cry or choke or smother or have convulsions. 彼女はドイツ人がパリの近くにいても気にしなかったし、彼らがパリにいても気にしなかった。赤ちゃんが泣いたり、窒息したり、窒息したり、痙攣したりしなければ。
Babies did have convulsions, didn't they? 赤ちゃんは痙攣を起こすものだったか?
Oh, why had she forgotten to ask Susan what she must do if the baby had convulsions? ああ、なぜ彼女は赤ちゃんが痙攣を起こしたらどうしたらいいかスーザンに聞くのを忘れていたのか?
She reflected rather bitterly that father was very considerate of mother's and Susan's health, but what about hers? 彼女は父が母とスーザンの健康にはとても気を遣っているのに、自分の健康はどうなのかと、かなり苦々しく思った。
Did he think she could continue to exist if she never got any sleep? 彼は彼女が眠らなくても存在し続けられると思っているのか?
But she was not going to back down now—not she. しかし、彼女は今さら引き下がるつもりはなかった。彼女は。
She would look after this detestable little animal if it killed her. 彼女はこの忌まわしい小さな動物の世話をするつもりだった。たとえそれが彼女を殺したとしても。
She would get a book on baby hygiene and be beholden to nobody. 彼女は赤ちゃんの衛生に関する本を手に入れて、誰にも頼らないつもりだった。
She would never go to father for advice—she wouldn't bother mother—and she would only condescend to Susan in dire extremity. 彼女は父親に助言を求めることは決してしないだろうし、母親に迷惑をかけることもないだろうし、スーザンには最悪の場合には見下すだけだろう。
They would all see! 彼らは皆見ることになるだろう!

 Thus it came about that Mrs. Blythe, when she returned home two nights later and asked Susan where Rilla was, was electrified by Susan's composed reply. こうして、二日後の夜に帰宅したブライス夫人がスーザンにリラはどこにいるかと尋ねると、スーザンの落ち着いた返事にびっくりした。

 “She's upstairs, Mrs. Dr. dear, putting her baby to bed.” 「彼女は二階で赤ちゃんを寝かしつけています、奥様」